忍者ブログ
玉手箱は、ドラマ、アニメ、特撮番組等の解説、予告や補足情報を書いています。「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

仮面ライダー鎧武(ガイム)である葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は、極(きわみ)ロックシード を使い続ける副作用で、食欲がなくなり、肉体のオーバーロード化が進んでいる。

次回、レデュエによって、オーバーロード化した未来の紘汰の姿を見せられる。

なぜ紘汰はオーバーロード化していくのか?

それは、知恵の実の祝福を受ける唯一人の人類だからのようです。

知恵の実は、理性を残したまま、人を超人(インベス)化できるチカラを持つわけです。

だとすると、たとえオーバーロード化したとしても、肉体が怪人体となっても、葛葉 紘汰(かずらば・こうた)の知性は変わらないわけです。

チカラを得るための副作用で怪人体になるというモチーフはもちろん、仮面ライダーオーズ の火野 映司(ひの えいじ)の恐竜グリード化とダブります。
 
仮面ライダーオーズである、火野 映司(ひの えいじ) は、恐竜系コアメダル5枚が体内に侵入し、真木と同じ恐竜グリードとなる。ヤミーやグリードの感知といった能力の獲得や味覚の喪失といった肉体のグリード化が進行すると共に、ついには、人間としての理性を失った怪人体へと変化してしまう。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)のオーバーロード化火野 映司(ひの えいじ)の恐竜系グリード化

なぜこういう展開となったのか?

次のような理由が指摘されていますが、②の方が真実に近いでしょうか。ややマンネリ化でもありますが・・

①ガイムの脚本がオーズの脚本の影響を受けているから
②敵方のチカラを得て利用するという企画の仮面ライダーの場合、敵方の姿、カタチへと副作用がでるという発想に流れがちだから。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[8回]

PR

人間サイドでの悪と正義の戦いは、悪サイドのパワーアップで、8月は、正義サイドが大ピンチになるそうです。

1)追い込まれる葛葉紘汰(かずらば・こうた)
パワーアップした仮面ライダー龍玄/呉島光実(くれしま・みつざね)に圧倒され、極アームズでさえ追い詰められる。しかし、ヨモツヘグリ・ロックシードを使い続けた結果、呉島光実(くれしま・みつざね)のカラダに異変が起きる。

 

2)追い込まれる駆紋戒斗(くもん・かいと)
パワーアップした仮面ライダーデューク/戦極凌馬(せんごく・りょうま)に圧倒され、ゲネシスドライバー、さらに戦極ドライバーも破壊され、仮面ライダーバロンとしての変身までとけてしまう。駆紋戒斗(くもん・かいと)、絶対絶命。戦極凌馬(せんごく・りょうま)はなぜ、そこまでして駆紋戒斗(くもん・かいと)を追い詰めるのか。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[5回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップ・シューズで格好良く、涼やかに!

【予告】

第42話 そびえる大巨人 8月3日(日)放送予定

青道高校の準決勝対戦相手は大巨人・真木が投手の仙泉学園高校。

老獪なキャラクターの鵜飼監督は、青道突破の糸口は片岡監督の若さにあると記者へ語る。

そして、準決勝が始まる。

鵜飼監督の堅実な采配のもと、長身の真木は、重い直球と、落差あるカーブを繰り出す。

0対0の投手戦が続く。

疲労がたまる丹波。

応援席に、かけつけた若菜たち、そして稲城実業の成宮・原田・吉沢らの姿もあった。

沢村に登板のチャンスはくるのか?


(ダイヤのエースについての情報です)

拍手[2回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】  

第40話 「オーバーロードへの目覚め」 2014年8月10日放送予定 

ユグドラシルへの地下通路を進む葛葉 紘汰(かずらば・こうた)と戦極凌馬(せんごく・りょうま)。

行く手をふさぐ、オーバーロード・シンムグルン。

デュークに変身する戦極凌馬(せんごく・りょうま)。

鎧武(ガイム)はカチドキアームズから極アームズにチェンジ。

すべてを録画するデュークの目の前で、ついに、オーバーロード・シンムグルンにとどめを刺す。

極アームズの恐ろしいまでのパワーを目の当たりにし、研究者としての喜びを抑えきれない戦極凌馬(せんごく・りょうま)。

そんな戦極凌馬(せんごく・りょうま)を横目に変身を解除した紘汰は、いよいよユグドラシルタワーの中枢へと進んでいく。

「みんな…必ず、助ける!」

戦極凌馬(せんごく・りょうま)とともに葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は、ユグドラシルタワーへの潜入に成功する。

地下牢を発見した二人は、そこで、奇妙な装置につながれ、眠っている人々を発見する。

その中には紘汰の姉・葛葉 晶(かずらば・あきら)もいた。

現れたレデュエに怒りを爆発させた紘汰は鎧武(ガイム)に変身する。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)もデュークに変身し、レデュエに襲いかかる。

 

極アームズにチェンジした鎧武(ガイム)に対してレデュエは奇妙なことを口走る。

「お前はもはやこの世界の住人ではない。むしろ我々の仲間(オーバーロード)だよ」

「なぜ、お前はこの世界の人間達のために戦っている? お前はもはや、この世界の人間ではないのだ」

言葉の意味が呑み込めない鎧武(ガイム)は、レデュエの催眠ガスによって眠らされると自らの運命を暗示する夢を見ることになる。
 
そこで明らかになる真実は、オーバーロード化が進んだ葛葉 紘汰(かずらば・こうた)の姿だった。

知恵の実の祝福を受けた者はオーバーロード化する。

その運命を知らされた瞬間だった。

一方、ヘルヘイムの森では、高司 舞(たかつかさ・まい)は王ロシュオに黄金の果実を見せられていた。

知恵の実=黄金の果実のチカラをもってしても王妃を蘇らせることができない。

そこにDJサガラが現れる。

※次週、8月3日(日)は「林修の今でしょ!講座 文学・スポーツ・ラジオ体操 朝から学ぶ!夏休み特別講座 生放送SP」放送のため、「仮面ライダー鎧武/ガイム」はお休みです。第40話の放送は、8月10日(日)になります。ひぇ~ また間のびしますねぇ~

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[11回]

シリーズ最終章となる『遺譜 浅見光彦最後の事件』(KADOKAWA)の刊行を記念して、内田康夫先生のサイン会を紀伊国屋書店【新宿南店】で開催されます。


【あらすじ】
浅見光彦は本人が知らない間に企画された34歳の誕生日パーティで、ドイツ出身の美人バイオリニストに頼まれともに丹波篠山へ赴く。
光彦の祖母が託した「遺譜」はどこにあるのか?
ドイツと日本、二つの国で次々に見つかる新事実、「遺譜」に記されていた内容とは?
第二次世界大戦当時から現代へと綿々と続く「盟約」を護り続ける者と、それを狙う者。
浅見光彦に迫る危機。

サンテ メディカルガード 目薬

サンテ メディカルガード 目薬



(浅見光彦シリーズについての情報です)
 

拍手[2回]

仮面ライダーW(かめんライダーダブル)は、2009年9月6日から2010年8月29日まで放映されましたが、いまだに、ダブルファンがいます。

個々の配役さんごとにファンがおりますが、子供からお母さん、お父さんまで引き付けた、多彩な配役が人気の秘訣だったのでしょう。

お父さんたちを惹きつけていた生井亜実さんの活動ですが、お子さんを得て、芸能活動は自粛されているようです。

2011年にお子さんを得たようですので、おチビちゃん(男の子)も3歳になっているようです。

お子さんが少し手を離れれば、また芸能活動を再開してほしい女優さんですね。

 

なかなかタブードーパントの復活は難しいところです。

♥ ジャスミン茶で、デスクの上を涼やかに。

(仮面ライダーダブルについての情報です)

拍手[6回]

ユグドラシルタワーにつながる地下通路に通り、ついにタワー内に突入した葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちは、姉・葛葉 晶(かずらば・あきら)らが捕らわれている地下牢を発見する。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)によると、人間の生命エネルギーを集めていると言う。

♪ 用途に合ったクレジットカードを得て、カードの利点を使った便利な生活を。

しかし、そこに高司 舞(たかつかさ・まい)はいなかった。

そこに、インベスを引き連れたオーバーロードのシンムグルンが現れる。

葛葉紘汰(かずらば・こうた)はガイムとなり応戦するが圧倒される

♪ 男の白髪染めには、シャンプー式が人気です。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は仮面ライダーデュークとなり、チューニングしたチカラで、オーバーロードと戦う。

♥ 健康を培うアロエベラジュース。注文はネットから。

ガイムは、さらわれた高司 舞(たかつかさ・まい)を探して、ユグドラシルタワー内部を進む。




そのころ、高司 舞(たかつかさ・まい)は、ヘルヘイムの森で、王ロシュオと語り合っていた。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♥ 涼やかなジャスミン茶で快適に

拍手[5回]

太古の時代、高度な文明を誇っていた「フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)」はヘルヘイムの森とのクラックが開き、森に飲み込まれたしまった。

♪ 夏本番、熱中症対策のミネラルウォーターの確保を。

「フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)」の民(たみ)の一部は、知恵の実を得た王ロシュオにより、ヘルヘイムの森の環境下で生存ができる肉体に改造され、知性を維持したまま、怪人(かいじん)・オーバーロードとなった。



それ以外の民(たみ)は、森の実を食べ続け、インベスとなり果て、知性もなく、森の中をさまようだけだった。

「フェムシンム」以前の世界でも、どうような文明の滅亡があった。

♪ 手帳を変えて、毎日に変化と発見を

ラピスもまた、かつてヘルヘイムにいた人間だった。

ヘルヘイムの森という過酷な世界の中で、生き残り、知恵の実のチカラを得た人間の一人であったが、戦いを好まず、平穏な森を望んでいた。

しかし、ヘルヘイムの森の奥には、戦いを煽り、ヘルヘイムの活性化と侵食を進めたい意志をもつ存在がいた。

♥ 耳掃除で、スッキリ、気分のリセット

ラピスは古代人の中でヘルヘイムの森に適合化した人間であったが、インベス化はせず、怪人(かいじん)とはならず、人間体のままオーバーロードとなった存在であった。

恐らく、DJサガラもまた、怪人(かいじん)とはならなかった、人間体のままのオーバーロードであろう。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[6回]

 クールビズ本番の季節、蒸れないウィングチップで涼やかに!

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、オーバーロードの侵略により沢芽市から一人逃亡していたが、突如沢芽市に舞い戻り、紘汰らに接近する。

根っからの研究者だが、権力欲もあり、自らの損得のみで行動する野心家である。

紘汰らとともに、ユグドラシル・コーポレーションに乗り込み、激しい戦いを繰り広げる。

激戦の中、仮面ライダーデュークは、オーバーロードのシンムグルンに圧倒され、撤退してしまう。

 

その激しい戦いの中から、オーバーロードに関するデータを集め、解析し、その分析結果から、ついに戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、自らのゲネシスドライバーのパワーアップ化に成功する。

再度、ユグドラシル・コーポレーションに現れた戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、知恵の実に近づくほどのチカラをゲネシスドライバーから解放し、仮面ライダーデュークは、オーバーロードを圧倒する

そのまま、ロシュオのもとをめざす戦極凌馬(せんごく・りょうま)の狙いは、知恵の実の奪取なのか。

科学のチカラで、知恵の実を獲得しようとする戦極凌馬(せんごく・りょうま)に、ロシュオはどう返答するのか?

♥ モダンなシティサイクルで街を滑走しましょう。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♥ 涼やかなジャスミン茶で快適に

拍手[9回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】  

第39話 「決死のタワー突入作戦!」 2014年7月27日放送予定

誰もいなくなった沢芽市の街で食料を集める高司 舞(たかつかさ・まい)とペコの前に、呉島光実(くれしま・みつざね)が現れた。

冷ややかな笑顔で「一緒に来てください」という呉島光実(くれしま・みつざね)に、目を覚ましてと訴える高司 舞(たかつかさ・まい)。

ペコがそんな光実を止めようとすると、亀のオーバーロードのシンムグルンが襲いかかった。

このままではペコが危ない。舞は仕方なく呉島光実(くれしま・みつざね)と一緒に行くと約束する。

傷だらけのペコから連絡を受けた葛葉 紘汰(かずらば・こうた)と戒斗は現場に急行する。

舞が連れ去られたことを知ると、葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は戒斗が止めるのも聞かずに走り出していく。

鎧武(ガイム)極アームズの攻撃も通じず、斬月・真の想像を超えた力に撤退を余儀なくされる鎧武(ガイム)とバロン。

斬月・真の前から逃れ、変身を解除した葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は「なぜ止めた?」と戒斗を非難するが、駆紋戒斗(くもん・かいと)は迷いを捨てた呉島光実(くれしま・みつざね)の強さを自覚しろと言い放つ。

呉島光実(くれしま・みつざね)は、何も恐れていない。

後戻りできない決定的な壁を乗り越えた。

戒斗の言葉に葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は言い返すことも出来ず。




光実に舞を連れ去られ、いてもたってもいられない葛葉 紘汰(かずらば・こうた)。

紘汰は、ユグドラシルタワーへ突入し、舞、さらわれた人々の奪還を決意する。

それには戦極凌馬の力を借りなければならない。

ユグドラシルタワーに忍び込むルートを戦極凌馬(せんごく・りょうま)に案内させる、と立ち上がる。

無謀な策だが、高司 舞(たかつかさ・まい)を救うにはそれしか手がない。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)に同調する駆紋戒斗(くもん・かいと)に引きずられるように、ビートライダーズたちは紘汰と行動をともにする。

そのころユグドラシルタワーでは、呉島光実(くれしま・みつざね)が戸惑う舞を前に「ただ僕の隣にいてくれるだけでいい」と言う。

そんな光実を必死で説得する高司 舞(たかつかさ・まい)だが、呉島光実(くれしま・みつざね)は「いずれ分かってもらえる日がくる」と聞く耳を持たない。

が、その光実は相変わらず兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)の幻影と戦っていた。

「お前(光実)は俺の負の影だ」

「いずれ、言うことを聞かないあの女も邪魔になる」

一方、戦極凌馬(せんごく・りょうま)を連れ、行動を開始した紘汰らビートライダーズたち。

ブラーボ、グリドン、マリカ、ナックル、バロン。

そして鎧武にデューク。アーマードライダーが勢揃いする。

車に乗り込み、沢芽市の外にあるという秘密の入り口を目指す彼らだったが、彼らの行く手にインベスの群れが立ちはだかる。

はたして葛葉 紘汰(かずらば・こうた)らは無事ユグドラシルタワーにたどり着けるのか?


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♪ はやりの側面刈上げも自宅でできます。

♪ セレクトショップ街

拍手[7回]

ガイム・アイテム
お天気
オークション
ニンジャ情報
ブログ内検索
金融情報
ご注意
無断で、「玉手箱」の記事内容をコピーして、ご自分の記事として使用することは、剽窃(ひょうせつ)・盗用にあたり、著作権を侵害する犯罪です。「玉手箱」の記事を引用される場合は、引用されることと、URL(http://tama.ni-3.net/)を明示ください。玉手箱管理人
家庭用品そろうセシール
     セシール
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
仮面ライダーガイム
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]帽子 保険