忍者ブログ
玉手箱は、ブログ開始時の名前「夢の玉手箱」に名前を復刻します。今後もドラマや特撮番組等の予告などについて書いてみます。つたない文章ですが、「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。ご来場、ありがとうございます。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

ガンマイザーは、「眼魔の世界を守る存在」と自分たちを説明しており、脅威とみなした対象を戦闘によって排除しようとする。

また、非戦闘時はアデルの姿を模しており、白いスーツを着用している。

そして、ガンマイザーは15体存在し、平常時は石板(モノリス)の常態であるが、脅威を感じたとき、怪人態(戦闘モード)となる。


 

この怪人態は、たとえ倒されても、石板(モノリス)としては復活し、ガンマイザーは不滅の存在とされる。

ガンマイザー15枚の石板は、その中心に「炎のグレートアイ」を作り出し、それがすべてのチカラの根源と言われる。

その不滅の存在であるガンマイザー・ファイヤーとガンマイザー・グラビティは合体し、ガンマイザー・ファイヤーグラビティとなり、ブラックホール弾を放ち、天空寺タケル(てんくうじ・たける)、深海マコト(ふかみ・まこと)、アランを追い詰める。

ブラックホール弾には、いかなる攻撃も通用せず、ガンマイザー・ファイヤーグラビティは無敵かと思われた。

ところが、ムゲン魂となった、天空寺タケル(てんくうじ・たける)のムゲン・ゴースト魂フォームが放った一刀で、ガンマイザー・ファイヤーグラビティは、怪人態が崩壊し、石板となり、ムゲン・ゴースト魂フォームが放った二刀目で、その石板自体が破壊され、ガンマイザー2体は消滅した。

 

不滅であるガンマイザーが始めて消滅したわけです。

なぜ、不滅である存在を倒せたのか?

これは、ムゲン魂のスペック設定のようです。

ムゲン魂は、天空寺タケル(てんくうじ・たける)が本来持っている「無限の可能性」が覚醒した形態であり、さまざまな英雄たちとの対話を経ることで到達した境地で、天空寺タケル(てんくうじ・たける)が仮面ライダーという「英雄」として覚悟を得た結果とのことです。

ムゲン魂の常態での戦闘力は、グレイトフル魂より低いが、天空寺タケル(てんくうじ・たける)の感情や決意で、瞬間的に、著しく戦闘力を向上させることができる、らしいです。

ムゲン魂は、仮面ライダーゴーストとしての最後の形態であり、天空寺タケル(てんくうじ・たける)の心の常態いかんで、上限なく、チカラを向上させることができる、という設定のようです。

 

この上限ないスペックという特性が、不滅であるガンマイザーが倒された、ということのようです。

なんだか、適当といえば適当な理由ですが・・。

こうなると、ムゲン魂では何でもあり、ということになります。

要は、ムゲン魂になる時の天空寺タケル(てんくうじ・たける)の心の状態による、ということのようです。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

 


拍手[2回]

PR

2016年8月6日(土)に全国にて公開される「劇場版 仮面ライダーゴースト(仮)」の前売り特典特別映像の30秒バージョンがYouTubeにて公開さました。

それと、6月発売のプレミア前売り券には、ミニフィギュア「手のひらヒーローシリーズ 戦う!ネジ巻きヒーロー!」がプレゼントして付くそうです。

いろいろ販促しますなぁ・・。

このたび公開された特別映像は、ゴースト版とジュウオウジャー版の2種。

ゴースト版では、天空寺タケル(てんくうじ・たける)の幼なじみ・月村アカリが劇場版の説明をしている横で、タケルは話も聞かず何かに没頭。

月村アカリが声をかけると、天空寺タケル(てんくうじ・たける)は前売り券特典のミニフィギュア「手のひらヒーローシリーズ 戦う!ネジ巻きヒーロー!」を見せ、「不可思議現象! どうだい、カッコいいだろ」と自慢しています。

 

プレゼント付き前売り券は、6月11日(土)より一部を除く全国劇場窓口にて発売されます。

フィギュアは、ともに全国各7万個限定となるため、数に限りがあります。

また7月発売のプレミア前売り券については、追って発表される、そうです。

なんだかハッピーセットみたいですが・・。


拍手[3回]

2016年5月28日(土)、クロコーチ最新巻である、クロコーチ(14) (ニチブンコミックス) コミックが発売されました。

約2ヶ月に一回で、新刊が刊行されています。

桜吹雪会を超える巨大な敵は謎のテロ集団「大人は判ってくれない」とその背後にある「スサノオの桜」。

だいぶ原作が溜まってきましたので、またテレビドラマ化してもらいたいものです。

【あらすじ】

明らかになった清家・父の死の真相 !

残酷な現実を前に、清家と黒河内との共闘の行方は! ?

戦後日本が葬り去った歴史の最暗部が明らかになる。

時を越え、現代に息を吹き返すかつての日本が葬ったはずのダークサイド「スサノオの桜」。

 

鳥尾の“囁き"により、絶体絶命の危機を迎えた黒河内! !

見たこともないハイテク武器を自在に操る精鋭集団に対し 孤立無援、しかも手負いの彼に残された策は! ?

次第にその輪郭を表し始める「スサノオの桜」! !

あらゆる方面から日本を影で操り続ける巨大秘密結社……

そこにはなんと、現政権の重要人物の名前が! ?

彼らは真の愛国者か唾棄すべき売国奴か! ?

平和ボケ国家・ニッポンを脅かす歪んだ策謀の数々に、黒河内は……! ?

クロコーチ オリジナル・サウンドトラック



 


拍手[2回]


月村アカリ(つきむら・あかり)は、新たな不知火を開発した。

理論上は、ガンマイザーを未知の異空間へ飛ばしてしまうはずだ。

深海マコト(ふかみ・まこと)、アラン、御成(おなり)ら残された者たちも力を合わせ、ガンマイザーに反撃を試みる。

反撃は失敗した。

ガンマイザーは異空間からも、復活して戻ってきてしまう。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)への想いを一つにした深海マコト(ふかみ・まこと)たち。

その想いがつながり天空寺タケル(てんくうじ・たける)が蘇った。

なおも攻撃を仕掛けてくるガンマイザーの前でタケルは光り輝くゴーストに変身。

不滅であるはずの、ガンマイザ-・ファイヤー、グラビティともに粉砕する。

「みんなの想いを見つけ、繋ぐ。無限の未来へ」

天空寺タケル(てんくうじ・たける)は新たな誓いを胸に仲間たちの喜びの輪に加わった。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第34話  迷走!夢の世界! 2016年6月5日放送

オレ眼魂が砕けて一度は消えかかった天空寺タケル(てんくうじ・たける)だったが奇跡の復活を遂げ、光の仮面ライダーとなって不滅の存在であるガンマイザーを倒した。

復活した天空寺タケル(てんくうじ・たける)はまだゴーストのままだというユルセン。

そして仙人が天空寺タケル(てんくうじ・たける)の状態を語り出す。

明らかになる新事実。

そんな仙人でも今の天空寺タケル(てんくうじ・たける)の状態は分からないという。

それでも前を向く天空寺タケル(てんくうじ・たける)。

「俺は信じる。無限の可能性を!」

残された時間は少ないが絶対に生き返って見せる。

そんな天空寺タケル(てんくうじ・たける)の元に奇妙な依頼が舞い込む。

片桐教授が“夢の世界”に入ったまま帰ってこなくなった。

月村アカリ(つきむら・あかり)の担当教授の片桐が夢の世界から戻らないという。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)たちは早速、調査に乗り出すが事件の背後にまたしてもイゴールの影があった。

“夢の世界”とは眼魔(ガンマ)の仕業か?

天空寺タケル(てんくうじ・たける)、深海マコト(ふかみ・まこと)らは片桐を探すため眠りにおち “夢の世界”へと入っていく。

一方、ガンマイザーを失ったアデルは天空寺タケル(てんくうじ・たける)が新たに得た力を警戒する。

そして光の仮面ライダーの全貌が明らかになる。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[3回]

4,000体もの実験体アマゾンを一挙に駆除できる最終作戦「トラロック」が、次の雨の日に実行される。

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

【次回予告】

Episode 10 JUNGLE LAW 6月3日配信予定


鷹山 仁(たかやま じん) のアマゾンアルファを圧倒する、前原 淳(まえはら じゅん)が変身した新たなるアマゾン・シグマの脅威。

だが、全アマゾンを無差別に駆除する沢口(さわぐち)野座間製薬・特殊研究開発本部・研究員が主導する最終作戦トラロックの準備も進む。

真木清人博士、もとい、橘 雄悟(たちばな ゆうご)国際営業戦略本部長の野心と水澤令華(みずさわ れいか) アマゾンプロジェクト責任者の思惑が交錯し、ルール無用の混戦の中、水澤 悠(みずさわ はるか)や鷹山 仁(たかやま じん)たちそれぞれの進む道はどうなるのか?

人間とアマゾンとの共存の道は無いのか、苦闘する水澤 悠(みずさわ はるか) ・仮面ライダーアマゾンオメガ。

ぶつかり合う、アマゾンオメガとアマゾン・シグマ。





(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)

 


拍手[2回]

トンボ・アマゾンに変化した駆除班の大滝竜介(おおたき りゅうすけ) によって殺害された、駆除班の前原 淳(まえはら じゅん)の死体に、新型のアマゾン細胞を移植して生み出されたアマゾン体が、鷹山 仁(たかやま じん)のアマゾンズドライバーをコピーして作れらた新型アマゾンズドライバーを用いて変身した姿が、アマゾンシグマだ。

シーズン1での3体目になるアマゾンズになる。





野座間製薬・国際営業戦略本部の新商品として開発された生体兵器であり、タンパク質を経口摂取せずに行動し続けることが可能であるため、進化型アマゾンと呼ばれる。

新型アマゾンズドライバーを量産できれば、アマゾンシグマも量産できる。

アマゾンシグマのスペック

■身長 186.5cm  ■体重 91.9kg

■パンチ力 23.3t  ■キック力 29.1t

■必殺技「バイオレントストライク」

前原 淳(まえはら じゅん)の死体から作られたアマゾンシグマには、前原 淳(まえはら じゅん)の記憶が残っている。

アマゾンシグマとは、死者を再生する技術でもある。

アマゾンシグマは、鷹山 仁(たかやま じん)のアマゾンズアルファをスペックで上回っている。

(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)


拍手[2回]

ノザマペストンサービス駆除班の突撃隊長である、高井 望(たかい のぞみ)役は、モデルの宮原 華音(みやはら かのん、1996年4月8日生 )さんだ。

高井 望(たかい のぞみ)は、亡き父の影響で武芸に優れ、ノザマペストンサービス駆除班の突撃隊長的な役割を任されている。

毒舌家ながら、優しい心の持ち主。

養護施設育ちで、早く稼いで養護施設に貢献するのが夢の、正義感あふれる、たくましい女性として描かれている。

高井 望(たかい のぞみ)をアクション女優、宮原 華音(みやはら かのん)さんが演じている。

アクション女優として注目を集めている宮原 華音(みやはら かのん)さんは、15歳の時に三愛の水着キャンペーンガールでデビュー。

現在、大学2年生。タレント活動、空手、学業と3つをこなす。

    宮原華音

 
宮原 華音(みやはら かのん)さんの夢は、女優が演じる本格アクションだそうです。

仮面ライダーアマゾンズは、それに近い作品でしょうか。

(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)

 


拍手[2回]

前回は、ノザマペストンサービス駆除班の突撃隊長、高井 望(たかい のぞみ)がいやというほど、殴られる、バイオレンスシーンが長かった第8話でした。

ちょっと、やりすぎ・・かと思えるほど、顔を殴られていました。

サド色の濃い第8話に感じました

次回は、3号ライダーならぬ、3体目の進化体アマゾンが登場します。

 
 
以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

【次回予告】

Episode 9 INTO THE CANNIBAL'S POT 2016年5月27日(金)配信予定

アマゾン実験体たちが集う人喰いレストランに潜入する水澤 悠(みずさわ はるか)と志藤 真(しどう まこと)、マモル=モグラアマゾンら、ノザマペストンサービス駆除班たち。

それを好機と、実験体を一挙に片付けることができる、大量駆除兵器を実戦投入する決断をする、水澤令華(みずさわ れいか)特殊研究開発本部長。

しかし天条隆顕(てんじょう たかあき)野座間製薬会長を抱き込んだ橘 雄悟(たちばな ゆうご)国際営業戦略本部長は別の策謀を始め、新たなに開発したアマゾンドライバを持った進化体アマゾンが登場する。

いよいよ、シーズン1『アマゾンズ』最終章が幕を開ける。

クライマックスに向かうシーズン1。

(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)


拍手[2回]

以下は、アサヒ芸能プラスさんの2016年3月30日記事に加筆したものです。

仮面ライダーアマゾンの主役である水澤 悠(みずさわ はるか)役の藤田 富(ふじた とむ、1992年4月14日生まれ )さんに学歴詐称疑惑がささやかれているそうですが、実態はただの誤解のようです。

仮面ライダーアマゾンオメガ役で、イケメンの医大生モデルで、人気アイドルと浮名を流したことでも知られる藤田 富(ふじた とむ)さんに、学歴詐称疑惑がささやかれている。

「問題とされているのは“医大生モデル”という肩書き。

学歴にうるさい人たちから『藤田は歯大生であって医大生ではない!』と、学歴詐称を指摘されているのです。

彼は東京医科歯科大学の歯学部に在籍中で、その意味では歯大生と呼んだほうが正確なのは明らか。

医学部と歯学部は完全に別の組織で、藤田は大学を卒業しても医師になることはできませんからね」(芸能記者)

たしかに歯学部の学生が“医大生”を僭称するのは問題がある。

しかも藤田の場合、現役で私大の医学部に合格するも浪人の道を選び、最終的に歯学部に進んだといういわゆる「医学部落ち」だ。

 

それゆえ、医大生を名乗るのは本人としても不本意なはずだが。

そんな藤田 富(ふじた とむ)について、前出の芸能記者はこう語る。

「本人は自分のことを“医大生”とは称していないはずで、あくまで周りが勝手にそう呼んでいるだけなのが実情です。本人にしてみれば迷惑な話ですが、わざわざ訂正して回ると高学歴自慢と受け止められかねないため、自重しているのかもしれません」

なんと学歴詐称の被害に遭っているのは当の藤田 富(ふじた とむ)さん本人だということらしい。

世間の目が経歴詐称に厳しくなるなか、藤田 富(ふじた とむ)さんもとんだもらい事故に遭ったものだ。

正式には歯科大生モデル、と言えばいいわけですね。

 


拍手[4回]

10年前、10年後に人間世界に侵攻するガンマイザーに、英雄の力を借りて対抗しようと試みた天空寺龍(てんくうじ・りゅう)たち。

そして、その可能性を息子である天空寺タケル(てんくうじ・たける)に託したことを知る。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

 以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第33話   奇跡!無限の想い!  2016年5月29日放送

父・天空寺龍(てんくうじ・りゅう)の想いを知った天空寺タケル(てんくうじ・たける)は決意を新たにする。

そこへ白いスーツを身に付けたアデル・ファイヤーとアデル・グラヴィティ(重力)が出現する。

アデル・ファイヤー はガンマイザー・ファイヤーに変身する。

復活したガンマイザー・ファイヤーと新たなガンマイザー・グラヴィティ(重力)が立ちはだかる。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)、深海マコト(ふかみ・まこと)、アランは同時変身して戦う。

しかし、ガンマイザーの不滅の力に圧倒され、ディープスペクターが行動不能になり、ゴーストグレイトフル魂もグラヴィティが発生させたブラックホールに吸い込まれてしまう。

圧倒的な力を見せる2体のガンマイザー。

変身を解除した天空寺タケル(てんくうじ・たける)は、ガンマイザーのチカラで、手にしたオレゴースト眼魂(アイコン)さえも砕かれてしまう。

そして、ついに天空寺タケル(てんくうじ・たける)は粒子状となり消えてしまう。

それを、祈りの間で見ていたアデルは、勝利を確信し、高らかに笑う。

しかも、2体のガンマイザーによる攻撃は続く。

その力で自然が燃え尽くされていく。

それを見たネクロムことアランがこの世界の宝物を守るために、自らの命を賭ける。

アランは再び、限界を超え、ネクロムとともに、2体のガンマイザーに単身で挑むのだが。

そこに駆けつける月村アカリ(つきむら・あかり)、シブヤ、ナリタが目にしたのは衝撃の出来事の結果だった。

すべての希望は消え去ったのか。

月村アカリ(つきむら・あかり)、山内御成(やまうち・おなり)の絶叫は、天高くこだまする。

ブラックホールへ四散した英雄アイコンに届く声。

果たして、三度奇跡は起こるのか。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[2回]

祈りの間で、イーディス長官は、アデルに、

「(眼魔の世界で)ほころびが生じています」と問います。

アデルは

「それは、人間界を吸収することで解決できる」と応じていました。

その、ほころびとは何でしょうか?

眼魔の世界では、民(たみ)の、人々の肉体が、カプセルの中で保存され、不老不死の状態にあります。

ところが、天空寺タケル(てんくうじ・たける)やアランが目撃したように、その保存されている肉体が、粒子状になり消滅していっています。

すなわち、民、国民が減少しているのです。

争いが無い、完璧な世界。

しかし、保存は不完全であり、民は粒子状となり死んでいきます。

眼魔の世界が確立してから約400年だとして、もっとも古くから保存されていた民は400歳ですが、保存の限界なのか、一部の民が、粒子状となり、死んでいきます。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

ほころび、とは、この眼魔の世界の民の減少のことでしょうか。

眼魔の世界は、大気が赤い粒子で汚染されており、生身の肉体で屋外で活動すれば、汚染された大気の影響を受け、アランやジャベルでさえ、体力を奪われ、弱っていきます。

そのため、眼魔の世界の民は、肉体をカプセルで保存し、眼塊(アイコン)によるアバターで活動するようになったとも考えられます。

ほころびは人間界を吸収すれば解決できる、とは、新たな民を得ることができる、眼魔の世界の人口を回復することができる、という意味なんでしょうか。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[2回]

 『仮面ライダーアマゾンズ』鷹山仁・アマゾンアルファ役の谷口賢志さんがツイッターで、2016年5月15日にクランクアップしたとの報告があったそうです。

『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン1は、7回までが配信されただけで、全13回ですから、あと6回を残しています。

1回が約30分の話ですので、残り6回で、180分ですので、3時間分ですか。

シーズン1の最終話まで収録が終わったということです

アマゾン実験体は4000体もいるので、あと6回で決着がつくとは思えませんので、これはやはりシーズン2に続く、というような終わり方になりそうです。

始まったばかりの気がしますが、もう最終話まで収録が終わりとは、テンポが速いです。

 

(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)




拍手[3回]

夢の玉手箱記事

本日の第31話では、眼魔の世界にある、祈り間にある、根源のチカラ(炎のグレートアイ)を形成する15枚の石版(モノリス)のうち二枚が反応し、二体のアデル体のガンマイザーが出現し、アデルの意図を汲んで、人間界への攻撃を始めました。

また、ディープ・スペクターによって倒されたと思われたガンマイザー・ファイアーも再び、
石版として復活していました。まさに不死です。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

それを見て、アデルも、決して失われないチカラとして、驚嘆している様子でした。

15枚の石版=ガンマイザーは、決して、倒されない、不死、不滅の存在であると暗示されています。

今回、アデルに協力する2体のアデル体のガンマイザーのタイプは、①重力を支配できるタイプと、②時間を操作できるタイプ、の2体のようです。

まだ怪人態は現していません。


 

もし、この2体のガンマイザーの怪人態が出た場合、ネーミングはどうなるのでしょうか?

①はガンマイザー グラビティでしょうか。

②はいいネーミングが出ませんが、ガンマイザー タイム、だと響きが良くないですね。

②は、さっそく、人間界にいる大人を子供にするという、時間の逆行攻撃をしてきました。

大人が子供になり、さらに時間が逆行し続けますので、誕生以前となり、消滅することになります。恐ろしい攻撃です。

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

①も、これが発動されると、あらゆる攻撃をはじき返すことができるわけですから、ゴースト側にとっては、これは難儀なことです。

 ムゲンゴーストアイコン

 
しかし、ガンマイザーというのは、眼魔の世界の守護神ということで、眼魔の世界に侵略した者を排除する存在であるという出だしの話でしたが、今では、アデルの先鋒役を買って出て、人間界への侵攻を積極的に手助けしています。これは守護神というより、破壊神です。

ガンマイザーは、決して、倒されない、不死、不滅の存在であるとすると、いったいどうやって、15体を倒せばいいのでしょうか。

ますます疑問が生じてくる展開です。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[3回]

夢の玉手箱記事

2016年8月6日公開される仮面ライダーゴースト劇場版のあらすじが公開されました。

眼魔の世界の人間界への侵攻の話ではなく、新たな敵であるダークゴースト(変身者はまだ不明)との戦いを描く作品とのことです。

そして、「究極の眼塊(アイコン)」というのをダークゴーストは探します。

ムゲン眼塊が究極かと思っていましたが、まだ別種があるんでしょうか。

それに、夏の8月になっても、天空寺タケル(てんくうじ・たける)の命のタイムリミットの問題は解決していないようです。

テレビでの最終話まで約一ヶ月という、この夏の時期でも、まだ解決していない。

これだと、最終話まで、命のタイムリミットの問題が続きそうです。

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

【あらすじ】

天空寺タケル(てんくうじ・たける)の命のタイムリミットが迫る中、突然現れたダークゴーストが、天空寺タケル(てんくうじ・たける)らから、15個この英雄アイコンを奪い去る。

ダークゴーストの行方を追った天空寺タケル(てんくうじ・たける)たちは英雄たちだけの世界にたどり着く。

究極のアイコンを求めるダークゴーストは、なんと100人の英雄の魂とダーウィンの魂を奪ってしまう。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

ダークゴーストはナポレオン魂に変身する。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)は、ムゲン眼塊(アイコン)で、無限(インフィニティ)魂フォームとなり応戦する。

だが、闇のチカラと、英雄100人という桁違いのチカラを得たダークゴーストは手ごわい。

そして、ダークゴーストが求める、究極の眼塊(アイコン)とは何なのか?

ムゲン(インフィニティ)魂フォームを手に入れても天空寺タケル(てんくうじ・たける)の命のタイムリミット止まらない。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[4回]

夢の玉手箱記事

シブヤの話、10年前の話、現在のガンマイザーによる人間の子供化現象という話。

三つの話が並行して展開する仮面ライダーゴーストです。

整理して見ないと、混乱して、それぞれがどうかかわるのか分かり難いですね。

シブヤは亡き父・八王子テツヤの男らしさと比較されるのが嫌で母親とうまくいかなくなって家を飛び出していた。

子供になった美穂にまで男らしくないと言われ気にするシブヤ。

小学校時代、不良達とトラブルになったところを八王子テツヤに助けてもらった美穂。

そんな“王子様”のテツヤに恋をした彼女は八王子テツヤと結婚。

そして、八王子シブヤが産まれるのですが、まもなく父・八王子テツヤは帰らぬ人となってしまいます。

母一人でラーメン屋を営みながらシブヤを育てあげるのですが、シブヤと八王子美穂は大ゲンカをしてしまいます。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

父・八王子テツヤのように勇敢になれないシブヤにもっと自信をもって欲しい。

そんな八王子美穂の思いは通じず、八王子シブヤは家を飛び出してしまい、行き着いた先が大天空寺だったのでした。

そして、シブヤのお母さん・八王子美穂はガンマイザーの手によって子供にされてしまいます。

それに対して、父・天空寺 龍(てんくうじ りゅう)の想いを一身に背負いこれまで戦って来た天空寺タケル(てんくうじ・たける)が今回、龍と仙人の隠された想いを知ることになります。

なぜ英雄の眼魂(アイコン)を作ったのか。

なぜブランク眼魂をタケルの18歳の誕生日に送ったのか。

一方、眼魔の世界と人間界をつなぐゲートから侵攻してきた、アランのかつての教育係ジャイロが圧倒的な強さで、3大ライダーたち必殺技を跳ね返してしまいます。

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。


 
【次回予告】

第32話  追憶!秘めた心! 2016年5月22日放送


五十嵐博士の訪問が天空寺タケル(てんくうじ・たける)を記憶の世界へと誘います。

そこで知る10年前の真実。

父・天空寺 龍(てんくうじ りゅう)、五十嵐博士、西園寺主税(さいおんじ ちから)、そして仙人の想いが天空寺タケル(てんくうじ・たける)の心に響く。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)に起きている異変の先にあるものとは何か?

五十嵐博士の記憶の世界に入り、10年前の父・父・天空寺 龍(てんくうじ りゅう)、仙人らの“実験”を間近に見る天空寺タケル(てんくうじ・たける)。

眼魔(ガンマ)とは?

眼魂(アイコン)とは?

10年前、仙人から、眼魔の世界の人間界への侵攻が始まることが告げられ、その背後に、15体のガンマイザーがいることが知らされます。

ガンマイザーに対抗するためには、英雄のチカラを込めた眼塊(アイコン)を集める必要があることが伝えられます。

「タケルには、無限の可能性が…」

そして、父・天空寺 龍(てんくうじ りゅう)が天空寺タケル(てんくうじ・たける)に託した思いとは何か?

一方、シブヤはいなくなった子供になった母・八王子美穂を探してさまよう。

母・八王子美穂に言われた言葉を気にしながら…。

そんな中、子供化現象が進行していることが分かる。

子供化現象が進行、子供たちがさらに小さくなり始めた。

このまま若返ったら大変なことになる。

このままでは子供のまま命を落としてしまう。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)はシブヤと子供になった母・八王子美穂を仲直りさせようと奔走、深海マコト(ふかみ・まこと)、アランは子供化現象を食い止めようとします。

みんなが一致団結して、ガンマイザーが起こした不思議な現象を解決するために走り出します。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[2回]

夢の玉手箱 記事

仮面ライダーゴーストの最終フォームであるムゲン魂の姿が明らかになりました。

2016年8月6日公開される仮面ライダーゴースト劇場版の玩具広告画にその姿が出ています。

顔が黒塗りになり、目がになり、これは今までのゴーストの顔と色が逆です。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

今までのゴーストは目が黒で、顔が赤でした。

また、カラダ全体はクリスタルのような白っぽい半透明のような色合いです。

頭部にあるウィスプホーン(仮面ライダーゴーストの頭部に装着されたアンテナ)がレインボー色になっています。



両肩には、無限を意味するインフィニティ・マーク“”がシンボル化されています。

インフィニティ・マーク“”の色は紫色でしょうか。

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

それと、劇場場では敵役のダークゴーストライダーが、究極の眼塊(アイコン)を探していますが、ムゲン眼魂が究極ではないのでしょうか?

 ムゲンゴーストアイコン

 ムゲン眼魂(アイコン)以外にも、更なる眼塊(アイコン)があるのでしょうか?

夏の映画でのテーマの一つのようです。

しかし、またダーク・ライダーですか・・。

しかも、ムゲン(無限)もまた、実質的には、インフィニティ・スタイル(フォーム)ですので、これまでの過去のライダー作品で使われたネタ、アイデアであり、新鮮味はちょっと無いでしょうか。

財団Xは今回も出てこないようです。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[2回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。


 
【次回予告】

741話  非常事態 さらわれたレベッカ! 5月15日放送予定

藤虎はこれも天命として、ルフィたちを一網打尽にすべく海兵全員に出動を命令した。

海軍の総力をあげルフィとローを捕えようとする藤虎。

だが、すでにそれを食い止めんとドレスローザで共に戦った猛者たちが各地で待機していた。

一方出航準備に向かう麦わらの一味。

東の港へと急ぐ一同だったが、ルフィだけは分かれて王宮へ向かっていた。

ルフィは王宮のレベッカの元へ向かい国中を驚かせる事件を引き起こすのだった。


 



拍手[2回]

仮面ライダーアマゾンズ シーズン1の配信が始まり、概ね、好評を得ているようです。

仮面ライダーアマゾンズを詳しく解説しているサイトが無いので、断片的ですが、玉手箱でも記事化していきたいと思います。

舞台は2016年の今です。

野座間製薬(のざませいやく)は、日本最大級の製薬会社で、人工生命体アマゾンを、積年にわたって研究開発していた。

2年前の爆発事故により約4,000体のアマゾン実験体が流出してしまいます。

野座間製薬(のざませいやく)は、その不祥事を隠蔽しつつ、ビジネス面でのアマゾン細胞の可能性に社運をかけています。

仮面ライダーアマゾンズでは、水澤 悠(みずさわ はるか)、鷹山 仁(たかやま じん)、養殖と野生、二人の対照的な仮面ライダーアマゾンを中心に、様々な登場人物の思惑が交差し、謎が謎を呼ぶ展開が進みます。

水澤 悠(みずさわ はるか)は仮面ライダーアマゾンオメガ、鷹山 仁(たかやま じん)は仮面ライダーアマゾンアルファに変身しますが、変身ベルトであるアマゾンズドライバーの開発者は不明です。

仮面ライダーアマゾンズは、そのビジュアルと他の仮面ライダー作品とは一線を画すワイルドな格闘シーンに、バイオレンス・シーンから、反響が高いようです。

Amazonプライム・ビデオにおける日本初のオリジナル作品として毎週金曜日に配信されています。

 


 仮面ライダーアマゾンズの変身ベルトであるアマゾンズドライバーが登場します。

Amazonプライム・ビデオで配信される新作「仮面ライダーアマゾンズ」に登場する2人の仮面ライダー、アマゾンオメガ、アマゾンアルファになりきれる変身ベルトです。

コアパーツを上下回転させ、グリップを回すことで、発光し、2人それぞれの変身音が鳴ります。

さらにグリップを回すことで、それぞれの必殺技が発動されます。

5月13日(金)に第7話が配信されます。

(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)


拍手[3回]

10年前、父・天空寺龍とともにモノリスと眼魔の研究をしていた五十嵐博士たちの前に、仙人が現れ、眼魔の世界の侵攻が始まることが告げられ、その背後に、15体のガンマイザーがいることが知らされたそうです。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

そして、その15体のガンマイザーに対抗するためには、英雄のチカラを込めた眼塊(アイコン)を15個集める必要があることが伝えられたと言います。

眼魔の世界にある15枚のモノリス(石版)、15体のガンマイザーに対抗するために、15人の英雄の魂が入った眼塊(アイコン)が必要だという話です。

この15という数字は、聖なる数字でもあるようです。

キリスト経では、天界を守る、神の使いとして、15大天使が存在します。

1ミカエル 2ガブリエル 3ウリエル 4ラファエル 5チャミュエル 6ザドキエル 7アリエル 8ラギュエル 9ラジエル 10アズラエル 11メタトロン 12サンダルフォン 13ジョフィエル 14ハニエル 15ジェレミエル  だそうです。

聖なる数字である15、存在するモノリスが眼魔の世界を形作っており、各モノリス自体が、守護神ガンマイザーを召還できる、ということになっています。

また、聖なる数である15人の英雄眼塊(アイコン)が集まれば、どんな願いでも叶うグレートアイが出現する、ということになっています。

15という数は多すぎる気はしますが、聖なる数という意味で使われたのでしょう。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[2回]


「私は守りたい。この世界の宝物を…。そして、いつか私の眼魔の世界も美しい世界に変える…」

ネクロムの活動限界も突破して、今度は自らの心が求める理想を目指して立ちあがるアラン。

そんなアランに天空寺タケル(てんくうじ・たける)と深海マコト(ふかみ・まこと)も合流する。

3人は同時に変身、ゴースト、スペクター、ネクロムとなって眼魔らに立ち向かう。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

ガンマイザー・ファイアーに苦戦する3人だったが、最後は力を合わせて撃破する。

そして、進むべき道を見つけたアランは、フミの思い出を胸に笑顔でたこ焼きを頬張るのだった。

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。


 
【次回予告】

第31話  奇妙!ガンマイザーの力! 2016年5月15日放送

フミ婆の想いを胸に新たなそして大きな一歩を踏み出したアランは天空寺タケル(てんくうじ・たける)と深海マコト(ふかみ・まこと)に改めて協力を願う。

「心と力を合わせよう」

快諾する天空寺タケル(てんくうじ・たける)と深海マコト(ふかみ・まこと)。

やっと皆の目的が一つになり力を合わせることを誓う3人。

アランはけじめとして、以前から作らせていた眼魔(ガンマ)の世界と人間界をつなぐ、いくつかのゲートの破壊を提案する。

♪ 水も選ぶ時代です。良質なミネラルウォーターでカラダをいたわりたいものです。

少し前から自分の意志とは関係なく人の記憶が流れ込むことを不審がる天空寺タケル(てんくうじ・たける)だが、意味も理由も分からないまま、アランのためにゲート破壊に向かうのだった。

一方、眼魔の世界ではイーディス長官がアデルに問う。

 「あなたは何を望むのか?」

アデルは不敵に笑い、新たに手に入れた力を使う。

その影響で大人が子供になる現象が起きシブヤの母親も子供になってしまう。

ゲートのある町で、大人たちが子供になってしまうという不可思議現象が発生したのだ。

なんとシブヤの母も少女になってしまう。

♪ クラークスの蒸れない靴はゴアテックス製のクラークス・デリーです。

そして子供で溢れる大天空寺に昔なじみの顔が訪れる。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)らが大混乱に陥る中、モノリスを研究していた五十嵐博士が現れたのだ。

人の記憶が断片的に見えるようになり困惑する天空寺タケル(てんくうじ・たける)の前に、父・天空寺龍とともに10年前にモノリスと眼魔の研究をしていたあの五十嵐博士が再び現れたのだ。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)は五十嵐の過去の記憶を体感、ついにモノリスの謎が明らかになる。
 
五十嵐博士によると、10年前、博士たちの前に、仙人が現れ、眼魔の世界の侵攻が始まることが告げられ、その背後に、15体のガンマイザーがいることが知らされたと言う。

ガンマイザーに対抗するためには、英雄のチカラを込めた眼塊(アイコン)を集める必要があることが伝えられたと言う。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[3回]

アデルは、アランの兄で、大帝である父アドニスを倒し、アランに罪を着せると、自らが新たな大帝に、勝手に就任しました。

♪ クラークスの蒸れない靴はゴアテックス製のクラークス・デリーです。

また、祈り間で、眼魔の世界での根源のチカラである、15枚のモノリス=ガンマイザーに選ばれ、根源のチカラを利用できるようになりました。

アデルの目的は、完璧な世界を人間界にも広めることにあります。

この目的だけに動いています。

この目的を阻む者は、非情な手段で排除しています。

この目的実現に躊躇した、実の父親さえ、無用な存在であるとして、殺害してしまいます。

そして、弟であるアランも、排除しようとしています。

こんな卑劣な兄は、なかなかいないです。

子供番組として、道徳的には、望ましくないストーリーです。

大帝である父アドニスもアデルのことを「純粋過ぎる」と言っていましたので、純粋に完璧な世界の拡張だけを信じて行動していると言えそうです。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

そのアデルのことを、姉であるアリアに、アドニスは託していました。

しかし、父・アドニスでさえ、てこずったアデルを、姉であるアリアがうまく導けるとは思えません。

根源のチカラを使えるアデルは、さらにエスカレートしていく展開が予想されます。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[3回]

仙人(せんにん)は、一度死んだ、天空寺タケル(てんくうじ・たける)を生き返らせた謎の“おっちゃん”ということになっています。

一度死んだ天空寺タケル(てんくうじ・たける)の魂を、天空寺龍(てんくうじ・りゅう)が天空寺タケル(てんくうじ・たける)に送った眼塊(アイコン)に封印し、オレ・ゴースト眼塊を作り出し、天空寺タケル(てんくうじ・たける)にゴースト・ドライバーを与え、眼魔と戦えるチカラも授けました。

♪ クラークスの蒸れない靴はゴアテックス製のクラークス・デリーです。

そして、眼魂(アイコン)を持っている天空寺タケル(てんくうじ・たける)が眼魔と“戦う運命”であることを教えました。

また、天空寺タケル(てんくうじ・たける)が、タケル自身の魂が入ったオレ・ゴースト眼塊で、仮で生きている状態は99日間だけであることを伝え、英雄アイコンを15個集め、グレートアイを出現させ、真の生き返りを実現しないければ、完全に消滅してしまうことも伝えました。

この仙人は、眼魔の世界のイーディス長官と、うり二つですが、同一人物ではないようです。

その理由は、①眼魔マイザーをイーディス長官は脅威とは感じず、根源のチカラとして、眼魔の世界を構築した約400年前から利用していたのに対し、仙人(せんにん)は眼魔マイザーを脅威と感じていました。②イーディス長官は、アデルによる眼魔の世界の人間界への侵攻を容認しているのに対して、仙人(せんにん)は5月放送回で明らかになるように、10年前から、人間界での、対眼魔のための実験に協力をしていた点、が考えられます。

 

その実験とは、10年前の2005年、物理学者・五十嵐健次郎(いがらし・けんじろう)、天空寺龍(てんくうじ・りゅう)、西園寺主税(さいおんじ・ちから)による、大天空寺の地下の実験室にあるモノリスを使った実験です。

この実験でも、仙人(せんにん)は実体化して、天空寺龍(てんくうじ・りゅう)に協力し、ヒントを与えていたようです。

姿はそっくりだが、別人格であるらしい、仙人(せんにん)とイーディス長官。

どちらも、不老のようですので、その実態は眼塊(アイコン)である可能性が高いですが、別人格でありながら、その科学知識は同等のようですので、イーディス長官が、不要と感じ、みずから分離した「こころ」を眼塊(アイコン)が実態化させたのが仙人(せんにん)なんでしょうか。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[3回]

深海マコト(ふかみ マコト)はなぜスペクターと呼ばれていたのか?

それは、眼魔の世界での、深海マコト(ふかみ マコト)の数奇な道のりの結果のようです。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)と月村アカリ(つきむら・あかり)の兄貴分のような幼馴染で、幼少の頃から、大天空寺へ遊びに来ていました。

仮面ライダースペクター

そして、10年前の2005年、物理学者・五十嵐健次郎(いがらし・けんじろう)、天空寺龍(てんくうじ・りゅう)、西園寺主税(さいおんじ・ちから)による実験が原因で、

大天空寺の地下の実験室にあるモノリスに出来たゲートに妹・深海カノン共々吸い込まれ、眼魔の世界に飛ばされてしまいます。

眼魔の世界に飛んだ幼い深海マコト(ふかみ マコト)と深海カノンはアランの実の姉であるアリアが保護し、養育されました。

やがて深海マコト(ふかみ マコト)は青年となり、アランの兄であるアデルにより、戦士として登用され、深海マコト(ふかみ マコト)の肉体はカプセルに保管され、イーディス長官より、スペクター眼塊(アイコン)が授けられ、以後は「スペクター」と呼ばれるようになったようです。

 

この時、イーディス長官は、ある密命を深海マコト(ふかみ マコト)に与えているようです。

時を同じくして、妹の深海カノンは、その魂を眼魂(アイコン)に封じ込められてしまい、その肉体は不明となります。

これは、スペクターが裏切らないように、妹を人質にとったのでしょう。

深海マコト(ふかみ マコト)には、妹・深海カノンの肉体を復活させるためには、英雄ゴーストアイコンを15個を集める必要がある、と知らされます。

イーディス長官の密命は、恐らく、人間界で英雄ゴーストアイコンを集め、それをある目的のために使うことだと思いますが、スペクターは、そのある目的よりも妹を救いたい想いに突き動かされます。

スペクターは、人間界に行く際に、何らかの手段で、妹の魂が入った眼魂(アイコン)を奪取し、眼魔の世界を脱します。


(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[2回]

第29話の後半で、イーディス長官が、祈り間で、アデルに語った話によると、眼魔の世界は、アドニスとイーディスに二人によって、数百年前に作られたと言うことです。

数百年という表現は、感覚的に500年未満と解釈できますので、眼魔の世界というのは、推定で約400年の歴史というところでしょうか。

蒸れない AIR MOTION / エアモーション靴は、ドイツで国際特許を取得した【AIR COOL SYSTEM】を搭載し、透湿防水の両方を実現した、本革の新しいビジネスシューズです。

また、イーディス長官によれば、かつて、祈り間の、根源的チカラは、アドニスにチカラを与えていたので、この眼魔の世界を作り出すことができた、ようです。

ところが、眼魔の世界が完成し、完璧な世界が始まると、祈り間の根源的チカラは活動しなくなり、
アドニスは、ただ祈りを日々ささげるだけとなったようです。

完璧な世界とは、怒りも憎しみも争いも無い、誰も死ぬことのない世界、であり、人民は、すべて肉体を生命維持カプセルに預け、自らは眼塊(アイコン)によるアバターとなり活動する世界と いうことらしいです。

アバターは病気も加齢もせず、飲食も不要であり、永遠に、知的な活動が可能というはずでした。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

アドニスは、この完璧な世界の、その理想の拡大を狙っていたわけですが、祈り間の根源的なチカラの支援を失っていたため、理想世界の拡大の実行力を欠いてしまったわけです。

祈り間の根源的なチカラの支援を失ってしまったので、アドニスは、理想の拡大の調査だけを進めていたらしいです。

具体的には、人間の世界へ眼魔の世界とをつなぐゲートを作り、配下の幹部眼魔を人間世界に送り込み、調査だけを進めていたようです。

息子のアランも、約60年前に、このゲートを通り、人間世界に行き、その空が青いことを体験しています。

やがて、アドニスの心に迷いが生じます。

怒りも憎しみも無い世界とは、同時に、心を抑制した世界であり、それが本当に人間にとって幸せなのか?

そして、この眼魔の世界からゲートを通って、人間の世界へ侵攻し、完璧な世界を広めていくことが正しいことなのか?

迷いが出たアドニスに苛立ちを覚えた息子アデルを父・アドニスを討ち、葬ります。

人間世界への侵攻を狙うアデルに祈り間の根源的チカラが味方につきます。

それを見たイーディス長官は、根源的チカラがアデルを選んだことをアデルに伝えます。

心の大切さに気づいた父・アドニスは、根源的チカラから見限られ、非情に徹し、勢力拡大を狙うアデルに根源的チカラはついたわけです。

父・アドニスと同様に、心の大切を気づいたアランは、人間の世界を守るため、眼魔の世界と人間界をつなぐゲートを破壊しようとします

そして、兄・アデルとの戦いを決意します。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

♪ 水も選ぶ時代です。良質なミネラルウォーターでカラダをいたわりたいものです。


拍手[3回]

『仮面ライダーオーズ/OOO』(かめんライダーオーズ)は、2010年9月5日から2011年8月28日まで1年間放送された800年前の錬金術技術による仮面ライダーでした。

アマゾン・プライム会員なら、無料で視聴することができます。

見たいときに、いつでも見れるのは、きわめて便利です。

オーズは、 人工生命であるコアメダルを使ったオーズとグリードたちとの戦いを描くものでした。

テレビでのオーズ最終話は、2011年12月公開のMOVIE大戦2012とうまく連動した内容でした。
  
800年前に作られたコアメダルの多くは失われましたが、40年後の未来で、新たなコアメダルが鴻上 光生(こうがみ こうせい)により作りだされるという、その後の展開が映画では示されました。

仮面ライダーオーズ フィギュア一覧

それを知りながら、改めて、この最終話を見ると、鴻上の存在が大きく見えます。結局、この初代オーズの末裔である鴻上は、欲望による、さらなる人類の進化を目指していた、ということが語られています。

アマゾン・プライムでの視聴はここから
       ↓ 
 

第48話 明日のメダルとパンツと掴む腕

鴻上 光生(こうがみ こうせい)から初代オーズのタカ、トラ、バッタのコアメダルを託され、最後の戦いにのぞむ火野映司。

映司は、膨大なセルメダルを吸収し、オーズ完全態の状態で、ドクター真木の野望を砕こうとします。 
 
しかし、戦いの中で、無にの仲間であるアンクを失います。

グリードでありながら、最後は、ヒトとしての感情を持って散るアンク。

人工生命であるグリードは、有限である命を得て、満足して消えていきました。
 
このアンクは、40年後の世界で復活し、仮面ライダーアクアとともに、未来の世界で、人類の新たな敵と戦います。

アンクを復活させたのは、鴻上 光生(こうがみ こうせい)が、新たに作り出されたコアメダルでした。

白石知世子役の甲斐まり恵さんが程よい色気を出しての演技もありました。

 

 (仮面ライダーオーズについての情報です)

♪ ビタミンウォーターで、今年も元気よく初夏を迎えたいですね。



拍手[1回]

最新記事
(05/30)
(05/29)
(05/29)
(05/29)
(05/28)
(05/28)
(05/27)
(05/26)
(05/23)
(05/22)
(05/21)
(05/16)
(05/15)
(05/15)
(05/15)
(05/14)
(05/14)
(05/12)
(05/09)
(05/08)
(05/07)
(05/05)
(05/03)
(05/02)
(05/01)
ブログ内検索
連絡先
リンク
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 夢の玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]