忍者ブログ
玉手箱は、ブログ開始時の名前「夢の玉手箱」に名前を復刻します。今後もドラマや特撮番組等の予告などについて書いてみます。つたない文章ですが、「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。ご来場、ありがとうございます。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


天空寺タケル(てんくうじ・たける)は三度、アデルと戦い、タイマン勝負で、アデルを諭そうして戦い、勝利しますが、どうもアデルは根っからの悪のようですから、改心はしないですね。

極悪人には、どう諭しても、心が真っ黒ですから、時間の無駄ですね。

しかも、グレートアイに繋がるには、生身の肉体で、強い意図を持つ者だ、というヒントをアデルに与えてしまいました。

アデル、天空寺タケル(てんくうじ・たける)に敗れましたが、グレートアイへのアクセスの答えを得て、意外と元気に、眼魔の世界に戻っていきました。

仙人の正体は、イーディス長官だった、わけですが、前から、この説も強くあり、一部児童誌でも、そう記述されていました。

しかし、まぁ、科学的に行き詰ったイーディス長官が天空寺龍ら、人間サイドの協力を得て、ガンマイザーの力に阻まれないで、チカラの根源であるグレートアイへのアクセス方法として、英雄の眼塊(アイコン)を開発することに希望を得ていたという10年前のエピソード展開ですが、ガンマイザーを作る出せるほどのイーディス長官にしては、なんとも奇妙な話でもあります。

自我を持ち始めたガンマイザー15体が邪魔になってきたのなら、ガンマイザーを超える眼魔をイーディス長官が作ればいい話のような気がします。

【今回から次回への展開】

数百年前、アドニスと共に人が死なない理想の世界を創ろうと試みたイーディス長官。

その世界の実現に、一度は成功したかに思えた。

しかし、イーディス長官は目の前で人が消える光景を目撃してしまう。

そして、その世界の過ちを修正しようにもイーディス自身が作り上げたガンマイザーの力に阻まれ、その願いは叶わずにいた。

成す術のなくなったイーディス長官は絶望し、自責の念にとらわる。
  
イーディス長官が10年前に出会ったのが天空寺龍でした。

天空寺龍と拳を交えたイーディス長官は、人間である天空寺龍に敗れる。

初めは人間を馬鹿にしていたイーディス長官でしたが、自らの過ちを認め、人間が持つ無限の可能性をもう一度信じて、眼魔の世界と人間の世界を救うために立ち上がる。

そして、イーディス長官は、天空寺龍と共に、ガンマイザーの力に阻まれない、英雄眼塊の研究を始めたのだった。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)は、またも現れたアデルと一騎打ちを。

人間は愚かで不完全というパーフェクト・ガンマイザーの攻撃を受け止め、「人には無限の可能性がある!」と反撃する仮面ライダーゴーストムゲン魂。

ついにパーフェクト・ガンマイザーを倒すと、天空寺タケル(てんくうじ・たける)はアデルに、倒すべきはガンマイザー、と手を差し伸べる。

しかし、アデルはその手を振り払い去ってしまった。

手をはじいたアデル。

アデルは完璧な世界を作っても無駄だと言い放つ。

そして、「自分自身が世界になる」と決意する、

いずれアデルもわかってくれるはず、と期待する天空寺タケル(てんくうじ・たける)らだったが・・。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第43話  接続!天才少年! 2016年8月7日放送

仙人=イーディスとの確執を乗り越えて一丸となった大天空寺の一同は全員で龍の墓参りをする。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)は皆と龍の墓前で必ず生き返ることを誓う。

一方、天空寺タケル(てんくうじ・たける)に敗北を喫したアデルは自らの眼魂を砕き、肉体に戻った。

「私が世界になる」

そして謎の休眠状態に入る。

そんな中、大天空寺に息子の様子がおかしいと依頼者が訪れる。

難解な数式を解いたり奇妙な歌を歌いだすというのだ。

少年の元に駆けつけた天空寺タケル(てんくうじ・たける)とオナリが目にしたのは異様な光景だった。

被害者の少年はデミアβ版の利用者らしい。

デミアの端末は電子コンタクトレンズ。

それを装用することにより使用者は天才になるらしい。

それを聞いた御成(おなり)は危険と知りつつもついデミアを装着してしまう。

眼魔の世界では、ついにアデルが力の根源でグレートアイとつながった。

そんなアデルにイゴールは、デミア・プロジェクトがまもなく稼働すると報告する。

「デミア――それは人類の未来を創るプロジェクト」

イゴールが手掛けていたデミアはリリースまでのカウントダウンが始まる。

一方、深海マコト(ふかみ・まこと)を苦しめるもう一人のマコトに新たな動きが起きる。

深海マコト(ふかみ・まこと)が使うディープ・スペクター眼塊はガンマイザーの力を使った強化眼塊だったが、使用することで副作用が発生するらしい。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

 


拍手[1回]

PR

サイボーグ009の新作「サイボーグ009 CALL OF JUSTICE」がこの秋、公開されます。

2012年の映画『009 RE:CYBORG』から4年を経ての最新作になります。

以下は公式HPの情報に、追加情報を加筆したものです。

しかし、3話連続での劇場公開というのは、見るほうとしてはちょっと、劇場に行くのが大変です。

中だるみが無い、3話だといいんですが。

今度の敵はエスパー集団とのことですが、同じエスパーである001との交戦はどうなるのでしょうか。

【公開予定日】

11月25日(金)前編
12月02日(金)中編
12月09日(金)後編

 


【あらすじ】

人智を遥かに超えた異能を持つ者たち「ブレスド」。

太古より人類の歴史を陰ながら操ってきた彼らが、今再び不穏な胎動を始めた。

彼らの狙いは何なのか。

戦いの暗雲が、世界を覆い始めようとしていた―。

「ブレスド」の存在に勘づいた数少ない人間の一人、ジャーナリストのルーシー・ダベンポートが、アメリカのテキサス州にある家を訪ねた。

彼女を出迎えたのは、009こと島村ジョーをはじめとするゼロゼロナンバーサイボーグたち。

彼らは改造手術により、核兵器ともわたりあえる存在として、冷戦時代から幾度も人類の危機を救ってきた。

しかしその後、国連軍ガーディアンズの創設により、サイボーグ戦士たちは人類を守るという使命を離れ、
ようやく穏やかな生活を送れるようになっていた。

だが、ルーシー・ダベンポートの来訪と「ブレスド」の脅威が、島村ジョーたちを再び新たな戦乱の中へと導く。

人は戦いを忘れることはできないのか。

人類の未来はどこへ向かうのか。


拍手[2回]

第46話までのタイトルが明らかになりました。

リオ・オリンピック放送や甲子園の高校野球による中断も無いようです。

パーフェクト・ガンマイザーのチカラをバックにしたアデルとの戦いは第42話でいったん終わりますが、その後、アデル本人かアデル分身体か分かりませんが、アデルがイゴールに指示したデミア・プロジェクトが発動されます。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

2016年8月28日放送予定 第46話   決闘!剣豪からの言葉

2016年8月21日放送予定 第45話   戦慄!消えゆく世界

2016年8月14日放送予定 第44話   起動!デミアの恐怖
アデルとイゴールの企みを阻止するために、天空寺タケル(てんくうじ・たける)たちは奔走する。

2016年8月07日放送予定 第43話  接続!天才少年!
息子が突然天才になったことを不振に思った母親が天空寺タケル(てんくうじ・たける)たちに調査を依頼する。

2016年7月31日放送予定 第42話    仰天!仙人の真実! 残り14日?
アデルとの戦いに一区切りをつけた天空寺タケル(てんくうじ・たける)たち。一方の、深海マコト(ふかみ・まこと)の分身について、イーディス長官に問いただすが返答はありまいでハッキリしない。

2016年7月24日放送予定 第41話  激動!長官の決断! 残り19日

2016年7月17日放送予定 第40話  勇気!壮絶な決断! 残り20日

2016年7月10日放送予定 第39話  対立!父と娘!     残り20日

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。



拍手[2回]

謎解きが、いろいろと進み、さらに、誰がラスボスになるかの伏線が出始めているような今回および次回の内容です。

見逃せない回が続きます。

アデルの暴走によって、自我を持ち始めたガンマイザー

このままでは、ガイマイザーによって、人間界も破壊される

それを危惧するイーディス長官は眼魔アイコンを手にアデルを止めようとしますが失敗します。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第42話   仰天!仙人の真実!  2016年7月31日放送

どうすれば天空寺タケル(てんくうじ・たける)は命を失わずに済むのか?

苛立ちを募らせる月村アカリ(つきむら・あかり)は仙人に迫るが、満足な答えが得られない。

そんな仙人についには御成(おなり)らも怒りを爆発させてしまう。

アデルを止めようと決死の覚悟で「眼魔ウルティマ  エボニー」に変身して挑んだイーディス長官だったが、アデルに敵わず危機一髪の所をタケル達に救われて大天空寺に連れられていく。

そこでイーディスが語った眼魔の世界の仕組み、そして成立ちは驚くべきものだった。

眼魔の世界。

それは人が死なないと言う意味で、完璧な世界。

精神と肉体を分離し、肉体をカプセルで永久保存して、人々の精神は眼魂と呼ばれるアバターで行動する。

そのシステムを考案したのはイーディス長官だったが、人が死なない世界を望んだのはアランの父、大帝・アドニスの想いだった。

妻と息子アルゴスを同時に失った悲しみから人が死なない世界を望み、イーディス長官が考案した眼魔システムをグレートアイのチカラで実現した世界だったのだ。

人が死なない世界がアドニスにとっての理想の世界だった。

人が死なない世界が正しかったのか間違っていたのかは別としてアドニスの純粋な想いから出来た世界が眼魔の世界だった。

ただ、その世界は人間の手に寄って実現したのではなく、全知全能の力を持つグレートアイの力によって実現した世界だった。

ところが、カプセルで永久保存している肉体が生命を失い消滅し始め、眼魔の世界にもほころびが生じて、誰の手にも負えない状況に陥っていたのだ。

それは大帝アドニスとグレートアイとのつながりが切れたことによるようだ。

そのため、眼魔の世界で失われていく生命エネルギーを人間界で確保しようと、アデルが動いていたのだった。

デミア・プロジェクトもその延長線上の作戦のようだ。

さらに、グレートアイへむやみに近づく者が出ないように、ガンマイザー15体を作ったのもイーディス長官だったのだ。

再び人間界に現れたアデルに猛然と突っ込んだ深海マコト(ふかみ・まこと)は想いの丈をアデルにぶつける。

しかし、深海マコト(ふかみ・まこと)の想いは届かず、コピーとの戦いで重傷を負ってしまう。

アデルは、パーフェクト・ガンマイザーに変身し、巨大なエネルギー弾で、御成(おなり)ら消し去ろうとするが、アランが死を覚悟して、楯になろうとする。

それを見た天空寺タケル(てんくうじ・たける)はムゲン魂を全開にし、エネルギー弾をなんとか防いだ。

一方、再度、グレートアイと繋がろうとするアデルだが、再びグレートアイに拒絶される。

そして、ガンマイザーから、

 「鍵は天空寺タケル」

と告げられる。

アデルの苛立は天空寺タケル(てんくうじ・たける)へと向かい、天空寺タケル(てんくうじ・たける)を狙い、三度、人間の世界に現れる。

傷ついた深海マコト(ふかみ・まこと)に続き、アランがアデルに立ち向かうが、アランの想いも兄・アデルに届かない。

力の根源とつながるカギは天空寺タケル(てんくうじ・たける)にある。

焦るアデルは天空寺タケル(てんくうじ・たける)に最後の戦いを挑む。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)とアデルが真っ向勝負をする。

激しい戦いの中、お互いの想いをぶつけ合う2人。

ゴーストムゲン魂とパーフェクト・ガンマイザーは激しくぶつかり合うが、天空寺タケル(てんくうじ・たける)はアデルの心の迷いを見抜き、ついにパーフェクト・ガンマイザーを撃破する。

眼塊を損傷したアデルは、ついに父・アドニスの想いの一端にふれる。

「私が間違っていたのか」

天空寺タケル(てんくうじ・たける)とアデルが、お互いの想いをぶつけ合う光景はイーディス長官に、10年前の出来事を思い出させていた。

想いが世界を作る。

その想いの正しさと強さが、グレートアイへのカギだった。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[3回]

中村俊介氏主演の浅見光彦シリーズの新作が今年はまだ放送されていません。

2015年09月04日(金)放送された金曜プレミアム・浅見光彦パート52・神苦楽島【国生み神話と連続殺人】以降、新作は放送されていません。

2014年までは年2~3回のペースで新作が放送されていましたが、2015年は秋9月の放送の一回のみになりました。

金曜プレミアムで扱う浅見光彦シリーズが年一回のペースという方針になったのなら、今年2016年も後半に一回の新作放送が予想されます。

【中村俊介氏主演 浅見光彦シリーズ】

•2016年??月??日(??)放送 第53話 ??????

•2015年09月04日(金)放送 第52話 神苦楽島

•2014年12月05日(金)放送 第51話 中央構造帯

•2014年04月04日(金)放送 第50話 貴賓室の怪人

•2014年01月17日(金)放送 第49話 不等辺三角形

•2013年09月06日(金)放送 第48話 幻香

•2013年05月10日(金)放送 第47話 平城山を越えた女

浅見光彦シリーズには固定ファンがおり、放送すれば一定の視聴率が確保できるドラマということで、長寿な人気ドラマだったかと思いますが、テレビ局側での見方が変わってきたかのかも知れません。

金曜プレミアムでは、西村京太郎サスペンス、山村美紗サスペンス、さらに、人気時代劇である剣客商売と鬼平犯科帳も持つ、フジテレビの看板テレビ番組です。

しかし、変化は世の常、鬼平犯科帳も今年の12月で完結するとのことですので、番組内容の整理、スクラップ、ビルドが行われるようです。

浅見光彦シリーズが打ち切りとはならず、せめて年一回のペースで継続して制作してもらいたいものです。

中村俊介氏主演の浅見光彦シリーズ53となる最新作について、ロケ情報などが入りましたら、また記事化したいと思います。

(浅見光彦シリーズについての情報です)


拍手[2回]

アデルがチカラの根源であるグレートアイとの接続を試みているのを横目で見ているイゴールの動向がかなり怪しいです。

イゴールは眼魔世界の科学者でアデルの配下です。

すべて理論に基づいたものしか認めない科学的な思想の持ち主で、アデルの命令により、ネットワーク関連企業「ディープコネクト」を乗っ取り、社長のスティーブ・ビルズを使って、人間界で恐ろしいデミア・プロジェクトを着々と進めています。

しかし、デミア・プロジェクトがどのようなものなのかは、いまだに示されていません。

 2016年 8 月 てれびくん 増刊

 
イゴールは、どうも虎視眈々と、もっと大きな野望の実現を狙っているようにも見えます。

眼魔の世界で、アデルの配下でありますが、どうもその地位に飽き足らず、大きな野望がありそうです。

アデルが退場した後の、ラスボスには、このイゴールが大化けしそうな予感がします。

そのためには、イゴールがチカラの根源であるグレートアイと接続することが予想されます。

グレートアイにとって、悪も善もないようです。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[2回]

昨日の記事で文章の誤りが多々ありました。すみません。
修正しました。

7月24日の第41話で、眼魔の世界で、イーディス長官が「眼魔ウルティマ  エボニー」に変身します。

「眼魔ウルティマ エボニー」の「エボニー」とは、漆黒という意味だそうですので、色です。

眼魔(ガンマ)世界で、アデルが力の根源・グレートアイと直接つながり、完璧な世界を実現すると宣言しますが、イーディス長官は、そんなアデルを止める決意をします。

アデルがグレートアイと繋がろうとしたその時、イーディス長官は眼魔眼魂(アイコン)を取り出し「眼魔ウルティマ  エボニー」に変身します。

しかし、「眼魔ウルティマ  エボニー」を持ってしても、人間の世界にアデルを飛ばしてグレートアイにつながるのを阻止するのが精一杯です。

人間の世界で、イーディス長官の「眼魔ウルティマ  エボニー」とアデルのパーフェクト・ガンマイザーとの戦いますが、当然、イーディス長官の「眼魔ウルティマ  エボニー」が
ピンチを迎えます。

そもそも眼魔ウルティマとは、眼魔眼魂(アイコン)を使って変身する怪人態の中では最上レベルの存在です。

眼魔ウルティマは重機を一撃で破壊する程のパワーと堅牢な装甲を有しており、特に接近戦において驚異的な強さを発揮し、手の掌から火球やエネルギー波を放つことも可能という眼魔の中では最強形態ではあります。

しかしガンマイザーと比べれば、やはり見劣りするわけです。

戦闘力でみれば次の不等式が書けるかと思います。

通常の眼魔怪人態 < 眼魔の世界で幹部クラスの力を持つ者だけが変身する眼魔スペリオル < 眼魔の世界で最高幹部クラスの力を持つ者だけが変身する眼魔ウルティマ < イーディス長官のみが変身する眼魔ウルティマ  エボニー <  ガンマイザー

それにしても、ゴースト眼魔(アイコン)系で、次の眼魔(アイコン)①~③を作り出したイーディス長官が、なぜ、自分自身の武器は眼魔眼塊(がんまアイコン)系のウルティマ  エボニー眼塊(アイコン)を使っていたかです。

①ネクロムゴースト眼魂、②ディープスペクターゴースト眼魂、③アイコンドライバーG

アデルがガンマイザーのチカラを手に入れた段階で、もはやウルティマ  エボニー眼塊(アイコン)では太刀打ちできない、とわかっていたはずです。

眼塊(アイコン)には、眼魔(がんま)眼塊(アイコン)系とゴースト眼塊(アイコン)の2系統があります。

ディープスペクターゴースト眼魂を作り出す技術を持っているイーディス長官が、自分の切り札が眼魔(がんま)眼塊(アイコン)系の「ウルティマ  エボニー眼塊(アイコン)」だったのは少々がっかりです。

イーディス長官ほどの知識と技術がある人物であれば、ガンマイザーと同等な眼塊(アイコン)を作り出してもおかしくないはずです。

イーディス長官はアデルに対して、「あなたの知らないことを私は知っている」ともったいぶったことを言っていました。

これはおそらく、ガンマイザーのことと、チカラの根源であるグレートアイのことだと思いますが、そうだとしたら、このガンマイザーとグレートアイに対抗する眼塊(アイコン)をイーディス長官が作っておいたとしてもおかしくないです。

いずれにしても、もったいぶった展開のなかで、イーディス長官にラスボスとして可能性を語り合いたいものです。

しかし、眼魔世界の科学者イゴールがアデルの動きをそれとなく監視しているようですから、意外なラスボスはイゴールの強化態かも知れません。
 
(仮面ライダーゴーストに関する情報です)


拍手[2回]

アデルを止めるために立ち上がった姉・アリアは、決死の覚悟で伝えようとした亡き父の想いはアデルには届かず、アリアはガンマイザーに阻まれ、拘束されてしまいました。

そして、アランの亡き父・大帝アドニスの盟友であり眼魔世界の長官・イーディスが遂に立ち上がります。

自らの理想の世界のためにアデルを止める決意をするのでした。

イーディス長官が目指す理想の世界とはどんな世界なのか。

劇場版 仮面ライダーゴースト100の眼魂とゴースト運命の瞬間 サウンドトラック

 次週・第41話で、イーディス長官と出会うタケルたちは眼魔世界創生の秘密を知ることとなります。

グレートアイとは何か。

眼魔の世界がどのようにできたのか。

大帝アドニスが目指した理想の世界とはどのようなものだったのか?

ついに明らかになる眼魔の世界の謎。

見逃せない第41話と42話になります。

それにしても、イーディス長官の謀反は遅すぎました。大帝アドニスを見殺しにし、アリアも助けず、アデルが究極のチカラを得る直前で、やっとアデルに反旗をひるがえすわけです。遅すぎです。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第41話   激動!長官の決断!  2016年7月24日放送

天空寺タケル(てんくうじ・たける)に残された時間はあと19日。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)の命が尽きる日が近づき、月村アカリ(つきむら・あかり)らは焦りを募らせる。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)は自分がどんどん人間じゃなくなっていくことを不安に感じ、その想いを月村アカリ(つきむら・あかり)に吐露する。

月村アカリ(つきむら・あかり)は天空寺タケル(てんくうじ・たける)が生き返るために頑張ると励ますが、自分の無力さを実感し焦りが募る。

「あなたは何がしたいの? 私はタケルを救いたい」

そして仙人を呼び出すが、仙人の対応に激怒する月村アカリ(つきむら・あかり)。

そんな月村アカリ(つきむら・あかり)にベートーベン眼魂が入りさらに怒りを煽り大混乱に陥る大天空寺。

皆が天空寺タケル(てんくうじ・たける)のために何ができるか真剣に考えだそうとするが・・・。

一方の深海マコト(ふかみ・まこと)も自らのコピーと戦うたびに体力を失っていき、次第に焦りを募らせていく。

その頃、眼魔(ガンマ)世界では、アデルが力の根源・グレートアイと直接つながり、完璧な世界を実現すると宣言するが、イーディス長官は、そんなアデルを止める決意をする。

アデルがグレートアイと繋がろうとしたその時、イーディスは眼魂を取り出し「眼魔ウルティマ  エボニー」に変身する。

しかし、「眼魔ウルティマ  エボニー」を持ってしても、人間の世界にアデルを飛ばしてグレートアイにつながるのを阻止するのが精一杯だった。

始まるイーディス長官の「眼魔ウルティマ  エボニー」とアデルのパーフェクト・ガンマイザーとの戦い。

イーディス長官の「眼魔ウルティマ  エボニー」のピンチに天空寺タケル(てんくうじ・たける)たちが駆けつける。

遂に出会うイーディス長官と天空寺タケル(てんくうじ・たける)たち。

そして眼魔の世界の秘密が明らかになる。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

 


拍手[3回]

仮面ライダーエグゼイドについての画像がリークされ、公式発表を前に、情報が出始めています。

頭部を見て、一瞬、アキバ・レンジャーかと思いました。

 

名前のエグゼイドから救急もの、レスキューもの、警視庁系のものが予想さていましたが、まったく異なり、テレビゲームがモチーフでした。

エグゼイドのデザインはまさに格闘ゲームのファイターという感じで、逆立った髪の毛のような頭で、複眼はゴーグルで、 ゴーグルには瞳のようなものが描かれています。

スーツの下地はピンクに緑っぽい幾何学的なラインが数本垂直に通っています。

ストーリーは現代で、ゲームの世界を侵食する侵略者と戦う というもののようです。



以下の情報には誤報も含まれますのでご容赦ください。

2016年、世界は侵食を開始した怪人=「バグスター」により、 未知のコンピューターゲームウィルスに侵され始めていた。

感染者を救うため、バグスターとの闘いを決意した天才ゲーマー 永夢(エム)は 変身ベルト「ゲーマドライバー」と伝説のゲームソフト「ガシャット」で「仮面ライダーエグゼイド」に変身する。

変身ベルト「ゲーマドライバー」の左側の空きスロットルに、ゲームソフトが入っている「ガシャット」1枚を挿して、起動する。

レベル1はゲーム世界で、レベル2で、現実世界でライダーとして実態化するそうです。

梅雨のじめじめした湿気のある季節でも快適に過ごすツールとして、エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

空きスロットルは2つあるので、最大、2枚の「ガシャット」を挿して、レベル3の強化フォームになれる。

さらに、2枚を抜いて、ドラゴ・ナイトハンターガシャット1枚に挿し代えることで、レベル4の最強フォームになれる。

エグゼイド以外に、様々なゲームジャンルのライダー達(ブレイブ、スナイブ、レーサー、ゲンム)4体も登場する 。

エグゼイドを含めて5体のライダーによるゲームがスタートする。

数々なゲームをマスターし、バグスターを根絶せよ!

バグスターという名前も、プログラムのバグから生まれた自律した意思を持つ存在というところでしょうか。

★ 蒸し暑い季節となり、通気口を持つビジネスシューズを履いている方が目立ってきました。ただ、同じ通気性靴であっても、後ろから見たときの歩き姿が格好いい通気底の靴を持ちたいものです。それがドイツ製通気底を持つエアモーション靴です。中国製の合成皮の通気靴が多い中で、人とは違う、ちょっと贅沢な通気靴に惹かれます。

 
(仮面ライダーエグゼイドについての情報です)


拍手[3回]

アドニスは、眼魔世界を築いた大帝で、アルゴス、アリア、アデル、アラン、の父親です。

不完全な人間による争いが絶えない世界を嫌い、怒りも憎しみも、誰も死ぬことのない世界を構築しました。

その理想の(多分、平和的な)拡大を狙っていましたが、アデルによって倒され大帝の座を奪われました。

アデルは、大帝である父アドニスを倒し、弟のアランに罪を着せると、自らが新たな大帝となることを宣言し、ガンマイザーの力をも手に入れ、自らもパーフェクト・ガンマイザーに変身し、
眼魔世界だけでなく、人間界をも征服するという野望を抱いています。それは父・アドニスが抱いた理想社会の拡大ではなく、暴力による支配、征服欲です。

アドニスは、理想社会としての眼魔世界を築くことには成功しましたが、子育てには失敗したのでしょうか?

アデルは我欲だけでガンマイザーのチカラを手に入れ、さらにチカラの根源であるグレートアイに迫ろうとしています。

我欲のためなら、父も殺害し、忠言した姉のアリアさえ手を下してしまう下衆(ゲス)なヤツです。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

これは、父・アドニスの教育が失敗したからでしょうか?

さらに、劇場版では、死んだはずの長兄のアルゴスが登場しますが、これがまた、アデルを超える我欲の塊で、究極のチカラを得るために、なんと英雄眼塊(アイコン)を100個集めて、人間界すべての人をゴースト(幽霊)にしてしまおうとするロクでもないヤツです。

父・アドニスの理想への想いを継承したのはアリアとアランだけです。

ところば、アリアまでもがアデルに始末されるようですので、残りはアランだけです。


【アドニスの子供たち】

① アルゴス 
ダークゴーストに変身する長兄です。
100個の眼塊をそろえた後、究極の姿、エクストリーマーになるらしい?

② アリア
ダークネクロムピンクに変身します。
アデルとアランの実の姉で、やさしい心の持ち主であり、父の理想への想いを継承している長女です。

③ アデル
パーフェクト・ガンマイザーに変身します。大帝である父アドニスを倒し、アランに罪を着せると、自らが新たな大帝となります。眼魔世界だけでなく、人間界をも征服するという野望を抱きます。

④ アラン
ネクロムに変身します。人間界が美しい世界であることに気付き、天空寺タケル(てんくうじ・たける)らとともに眼魔世界の侵略から人間界を守るを選びます。

父・アドニスの子供たちへの教育は失敗したのでしょうか?

①アルゴス、と③アデルの行動を見ると、これは親の教育の失敗と見れますが、②アリアと④アランの行動を見ると、父の想いはしっかり伝わっているように見えます。

母親を早期に亡くしているアドニス一家ですので、父親が子供たち4人の教育のすべてに関わったのでしょうが、二勝二敗と言いますか、2人の子供の教育には失敗した、と言えそうです。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[3回]

参議院選挙の投票に行ってきて、更新が遅れました。

39話で、アリアが散り、残念でした。

イーディス長官はアリアの窮地を助けず、見殺しにしたような演出でした。

男気が無いですなぁ・・。

非情ですなぁ・・。

次週は、カプセルから目覚めた、生身のアリアを、アデルが処刑しようとするようですが、これまた、兄弟愛の欠片も無い、無常な展開で、見るのがつらいですなぁ・・。

 

そのアリアの破片から生まれたガンマイザー・マグネティック・ブレードですが、人間界に行き、夏目真由の体にとりつき、ガンマイザー・マグネティック・ブレードには夏目真一郎の心が取り込まれると言う、とても複雑な状況が描かれましたが、複雑すぎて、真意を読み取るのが難しいです。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第40話  勇気!悲壮な決断!  2016年7月17日放送

眼魔世界だけでなく、人間界をも征服するという野望を抱く、アデルを止めようと変身して戦ったアリアは新たなガンマイザーの攻撃で眼魂が砕けてしまった。

アリアが決死の覚悟で伝えようとした亡き父の想いはアデルには届かなかった

そして、砕けてしまった、アリアの眼塊(アイコン)を取り込んで、新たな、ガンマイザー・マグネティック・ブレードが出現する。

一方、ガンマイザー・マグネティック・ブレードによって刑事の父・夏目真一郎と心が入れ替わってしまった娘・夏目真由。

父親・夏目真一郎の体に入ってしまった夏目真由は、父(自分の体)を探しながら自分の知らない父・夏目真一郎の一面を知る。

仕事一筋で真面目だと思っていた父・夏目真一郎が警察の内部情報を情報屋の黒川に、指名手配犯の手島に、漏らしている疑惑があることを知り、自分が悪事を暴く決意をする。

「反発出来る父親が生きているだけでも幸せとわかる時が来る」

父・天空寺 龍を尊敬している天空寺タケル(てんくうじ・たける)は、夏目真一郎には何か事情があるはず、と夏目真由を諭し、夏目 真一郎を信じることを説くが夏目真由は天空寺タケル(てんくうじ・たける)には分からないと突っぱねられる。

さらに、夏目真由の体にガンマイザー・マグネティック・ブレードがとりついていることが判明し、ガンマイザー・マグネティック・ブレードには夏目真一郎の心が取り込まれていることという複雑な状況が、判明する。

また、失踪した父・深海大悟に対する不信感を持っている深海マコト(ふかみ・まこと)は複雑な想いで天空寺タケル(てんくうじ・たける)と夏目真由のやりとりを見つめる。

そして、アランは、尊敬する亡き父・アドニスに想いを馳せる。

夏目真一郎は汚職に手を染めているのか? 

夏目真由と夏目真一郎の体は元に戻るのか?

夏目真一郎の親友の刑事・篠崎良介の前に再びガンマイザー・マグネティック・ブレードが現れた時、全ての謎が明らかになる。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[4回]

2016年8月6日公開予定の 「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」の詳しいあらすじが公開されました。

以下は、公式HPでのあらすじに、玉手箱が情報を加筆したものです。

実際の映像内容と異なる点があってもご容赦ください。

劇場版「仮面ライダーゴースト100の眼魂とゴースト運命の瞬間」

【あらすじ】by 玉手箱

天空寺タケル(てんくうじ・たける)は、月村アカリ(つきむら・あかり)と御成(おなり)を守るために眼魔に立ち向かい命を落としてしまうが、仙人の不思議な力により仮面ライダーになる力を授けられゴーストとして生き返った。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

本当に生き返るためには99日以内に15個の眼魂(アイコン)を集めなければならない。

ただ、すでに15個の眼魂(アイコン)が揃ったのだが、ガンマイザーの干渉で、グレートアイへのアクセスが妨害され、今だに、天空寺タケル(てんくうじ・たける)は生き返ることができず、消滅する日が近づいていた。

       ゴースト ムゲン魂

そして、深海カノンが15個の眼魂(アイコン)が呼び出したグレートアイのチカラで人間の姿に戻ってから、初めての誕生日を迎えた夜、突然、事件は起こった。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)たちの前に、ダークネクロムR(レッド)、ダークネクロムB(ブルー)、ダークネクロムY(イエロー)の3人のダークネクロムを率いたダークゴーストが現れたのだ。



戦いの中、天空寺タケル(てんくうじ・たける)、深海マコト(ふかみ・まこと)、アラン、そして月村アカリ(つきむら・あかり)、御成(おなり)、深海カノンは、七色の光の向こうへ。

彼らがたどり着いたのは、歴史上の偉人たちの魂が実体化して暮らしている、不思議な村だった。

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

ダークゴーストは、この村の英雄の魂を使い、100の眼塊を集めて「究極の眼塊」を完成させようと企んでいた。

それが完成すれば、すべての世界の人間をゴーストにすることができるのだ。

ダークゴーストの正体は、アランとアデルの兄で、すでに死んだはずの長兄のアルゴスだった。

 

アルゴスはタケルと同じようにゴーストとして存在していたのだ。

眼魔の世界で、玉座に座ったアルゴスは、100個の眼塊(アイコン)が揃えば、グレートアイに匹敵する究極のチカラを得ると言う。

しかし、兄・アルゴスの計画に意義を唱えるアラン。

 

一方で、深海マコト(ふかみ・まこと)は長い間、行方が分からなかった父・深海大悟(ふかみ だいご)と再会を果たしていた。

だが、捕らわれた深海カノンを助けたい深海マコト(ふかみ・まこと)は、不可解な行動をとる大悟と激しく衝突し、やがて深海マコト(ふかみ・まこと)と大悟は父子対決へなってしまう。

一方、完成へと向かう「究極の眼塊」。

それは眼塊(アイコン)でありながら眼塊を必要としないエクストリーマードライバーのようだ。

ついに現れるエクストリーマー

ゴーストやスペクター、ネクロムの攻撃を寄せ付けないエクストリーマー。

 

そして、天空寺タケル(てんくうじ・たける)の消滅の時間が近づいていた。

全人類ゴースト化計画を阻止する方法は、たった一つしかない。

幾多の試練を乗り越えてきた天空寺タケル(てんくうじ・たける)は、今、究極の選択を迫られる。

「さよなら、オレ!」

ゴーストムゲン魂への変身する天空寺タケル(てんくうじ・たける)。

   ムゲンゴーストアイコン

だが、ムゲン魂をもってしてもエクストリーマーを圧倒することができない。

そして、ついに、天空寺タケル(てんくうじ・たける)が消滅する、運命の瞬間が訪れる。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)by 玉手箱


拍手[3回]

2016年7月10日放送の第39話「対立!父と娘!」でアリアは散ります。

アリアは、眼魔世界に住む、アデルとアランの実の姉で、幼いころに人間界からやってきた深海マコト(ふかみ・まこと)と深海カノンの面倒をみてきたやさしい心の持ち主です。

アデルが大帝である、実の父アドニスを倒し、弟のアランに罪を着せ、自らが新たな大帝となったことに反発し、さらにアデルが生身の父アドニスを葬ったことに怒りを覚えたが、死の間際の父アドニスから一本気のアデルの後見役を頼まれ、父の死というショックを受けながらも、弟アデルの行動をアリアは見守っていました。

ところが、アデルが、ガンマイザーの力を手に入れ、自らもパーフェクト・ガンマイザーに変身し、 眼魔世界だけでなく、人間界をも征服するという野望を抱いていることを確認し、その野望を阻止することを決意します。

アリアはアデルの変わっていく姿を見て亡き父の想いを伝えます。

父アドニスは、不完全な人間による争いが絶えない世界を嫌い、怒りも憎しみも、誰も死ぬことのない、理想の世界の構築を目指していたのです。

しかし、アデルがしていることは、ただ単に、暴力による世界の支配欲でしかない。

「あなたはもはやアデルではない」

父の想いがアデルの心に届かないと分かったとき、アデルの暴走を止めようと、アリアはダークネクロムピンクに変身し、アデルに挑むが、ガンマイザーの反撃に合い、変身は解除してしまい、アリアは眼塊(アイコン)の状態となり、粉々に散ってしまいます。

戦力的に、ガンマイザー11体の力を手に入れ、自らもパーフェクト・ガンマイザーに変身できるアデルの方が圧倒的であるのであって、アリアの行動は、無謀でした。

なぜアリアは、敵う見込みも無い、無謀な行動に出たのでしょうか?

それは、自らの命をも差出し、弟・アデルの目を覚まさせようとしたのでしょう。

しかし、アデルには、この行動も無駄でした。

兄弟への慈愛も失い、アデルはただチカラの根源へと近づこうとします。

この姉と弟の葛藤を見ていたイーディス長官は、アリアに代わって、アデルがチカラの根源につながることを阻止することを決意するのでした。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[3回]

深海マコト(ふかみ・まこと)のコピーが眼魔の世界にいました。

そのコピーをアデルが呼び、人間界へ送りました。

深海マコト(ふかみ・まこと)と戦わせるためにです。

深海マコト(ふかみ・まこと)は自分のコピーと戦いますが、倒しても、倒しても、コピーは再び現れます。

コピーの方は眼魔世界の軍服を着ており、スペクター・アイコンも持っています。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

コピーもまたゴーストドライバーとスペクターゴースト眼魂(アイコン)を用いてスペクターに
変身し戦います。さらに必殺技「オメガドライブ スペクター」(スペクターのキック必殺技)
も放てます。

なぜコピーが存在し、その事実をアデルが知っているのでしょうか?

なんの説明もないので、視聴者(子供たちを含む)には疑問です。

仮説としては、深海マコト(ふかみ・まこと)がディープスペクターゴースト眼魂(アイコン)を多用した副作用で、心の中の暗部がコピーとなり実体化した、と想像はできます。

イーディス長官がディープスペクターゴースト眼魂(アイコン)を深海マコト(ふかみ・まこと)が持つことを認めたとき、魂の深遠を見る勇気があるか? と、やや警告めいたことを言っていましたので、ディープスペクターゴースト眼魂(アイコン)を使用することを副作用を知っての忠告だったように感じます。

しかし、アデルはなぜ、それを知っているのか?

疑問です。

また、だとすると、イーディース長官と瓜二つの仙人もまた、コピーなんでしょうか。

眼魔世界の誕生から関わっていたイーディス長官。

イーディス長官の魂から、心の中から、仙人が実体化したんでしょうか。

心の中には、善と悪の両面がある、ということを言いたいんでしょうか。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[3回]

数字の誤りのご指摘があり訂正します。

チカラの根源であるグレートアイ
を守護する、不滅のはずの15体のガンマイザーですが、ゴースト・ムゲン魂により4体(①ガンマイザー・ファイヤー、②ガンマイザー・リキッド、③ガンマイザー・ウィンド、④ガンマイザー・グラビティ)が倒され、その4体が消滅しました。

残るガンマイザーは残り11体ですが、その11体をアデルが吸収したため、パーフェクト・ガンマイザーとなりました。

パーフェクト・ガンマイザーはアデル自身のチカラに、11体のガンマイザーのチカラを重ねたものですから、これはちょっとてんこ盛りで、ゴースト・ムゲン魂と言えども苦戦するのではないかと想像できます。

それでも、アデルの目的は、チカラの根源であるグレートアイにアクセスすることでした。

これは11体のガンマイザーたちからの提案でした。

チカラの根源であるグレートアイにアクセスするために、我々ガンマイザーと一体化しよう、という提案でした。

不滅であるガンマイザーは戦いで損傷しても、グレートアイのチカラで修復されていました。

ところが、ゴースト・ムゲン魂の攻撃を受けたガンマイザーは爆発し、その元の姿である石板(モノリス)もこっぱ微塵に爆裂し、消滅してしまったのです。

ここまで爆裂してしまったガンマイザーは、さすがのグレートアイでも修復できないわけです。

しかしながら、仙人によると、グレートアイとは万物を作ることができる力の根源ということになっています。

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。

万物を作れるので、爆裂したガンマイザーを復元できないのでしょうか。

カノンが生き返ったとき、英雄眼魂(アイコン)を15個揃えることでグレートアイが発生し、人工的な声で「叶えたい願いを1つだけ言え」という声を発し、本当にカノンを生き返らせました。

死者=ゴーストさえ、人間として生き返させることができるグレートアイ。

そのグレートアイがガンマイザーを再生できないのは合点がいきません。

むしろ、グレートアイの意思で、ゴースト・ムゲン魂に倒されたガンマイザーは再生しない、のではないかと思います。

万物を作ることができる力の根源であるグレートアイ。

アデルは12体を吸収し、パーフェクト・ガンマイザーとなり、このグレートアイを直接コンタクトしようとしています。

そのアデルの野望を知ったイーディス長官は、そうはさせん、と野望を阻止しようと動きます。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[4回]

山内 御成(やまうち おなり)は、戦いに敗れ生きる意味を見失っているジャベルにやさしく言葉をかける。

生きる意味は生涯をかけて見つけるものですぞ。

おにぎりを口にしながら、ジャベルはそんな御成の言葉をかみしめる。

アデルに代わってジャイロが天空寺タケル(てんくうじ・たける)の前に立ちはだかった。

ムゲン魂に変身しろとタケルに襲いかかるジャイロ。

一方的にやられ傷つきながらも天空寺タケル(てんくうじ・たける)はゴーストに変身。

英雄眼魂で15人の英雄魂にチェンジし、ジャイロを粉砕する。

 

再び英雄たちと心をつないだ天空寺タケル(てんくうじ・たける)。

仙人はそんな天空寺タケル(てんくうじ・たける)を「あいつらしい」と微笑ましく守っていた。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第39話   対立!父と娘!   2016年7月10日放送

タケルの成長を見守り役目を終えたと告げる英雄達をもう一度奮い立たせて、一緒に戦うことを改めて誓ったタケルと15英雄たち。

それに対してアデルはガンマイザーを吸収し、さらに力の根源を手に入れようとしていた。

アリアはアデルの変わっていく姿を見て亡き父の想いを伝える。

「あなたはもはやアデルではない」

その想いが届かないと分かったとき、アデルの暴走を止めようと、アリアはダークネクロムピンクに変身し、アデルに挑む。

しかし、ガンマイザーに倒され、アリアは眼魂(アイコン)となり砕けてしまう。

その破片を取り込み新たなガンマイザーが生まれる。

 一方、天空寺タケル(てんくうじ・たける)達は大天空寺の境内で喧嘩をしている親子と出会う。

警官である父・夏目真一郎はいつも仕事優先で家族を顧みないという娘・夏目真由の言葉に、深海マコト(ふかみ・まこと)が苦い過去を思い出す。

その親子と別れた後に聞こえる悲鳴。

駆けつけるとそこには親子だけではなく新たなガンマイザーがいた。

それは、アリアの一部を取り込んだガンマイザーだった。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)がガンマイザーを退けた後にさらに悲鳴が聞こえる。

 「何これ?!真由がパパになってる!」

ガンマイザーの能力で親子の心と体が入れ替わってしまったのだ。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)達と父親の姿の娘・夏目真由は父親の心が入った自分の体を探しにいく。

そして娘・夏目真由は自分が知らない父・夏目真一郎の秘密を知ることになる。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[4回]


2016年11月16日発売のVシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーハート』のあらすじが公表されました。

以下は公式HPでのあらすじに加筆したものです。

【仮面ライダーハートあらずじ】

チェイスの消滅から数年が経た、ある日。

人々がロイミュードの脅威を忘れつつあったころ、 消滅したはずの、あのロイミュードの指導者ハート(ハート・ロイミュード)がよみがえる。

しかもハート(ハート・ロイミュード)の体内には、ブレン(ブレン・ロイミュード)とメディック(ロイミュード009)のコアまでがあった。

時を同じくして、ロイミュードに酷似した怪物が市民を襲撃するという事件が発生する。

 「今さら未練がましく徘徊して人間に害を及ぼすロイミュードの姿を見たくない」

そう感じたハート(ハート・ロイミュード)は、自ら志願して、追田現八郎(おった・げんぱちろう)警部の捜査に協力する。

やがて、襲撃された市民たちがみな、かつてロイミュードにコピーされた者であることが判明し、メディックがコピーした羽鳥美鈴も、謎の怪物に襲撃される。

まるでロイミュードたちの集合体のような姿をした怪物の、胸のナンバーはなんと「5886」だ。



ハート(ハート・ロイミュード)はこのナンバーと姿から、怪物の正体と、その恐るべき目的を見抜く。

しかし、ロイミュードとして、かつてのようなの力を取り戻せていないハート(ハート・ロイミュード)は、ロイミュード5886に、苦戦を強いられる。

仮面ライダーハート /シフトハートロン)(初回生産限定)

そんなハート(ハート・ロイミュード)の前に、泊進ノ介(とまり・しんのすけ)が現れ、未知のシフトカーである「シフトハートロン」と封印したはずのドライブドライバーを渡す。

それは、泊進ノ介(とまり・しんのすけ)のハートへの友情の証として、もたらされたものだった。

(仮面ライダードライブについての情報です)


拍手[3回]

アマゾンズでは、主役のアマゾン以上に存在感があった、ノザマペストンサービス駆除班。

アマゾン駆除を親会社・野座間製薬から請け負う民間軍事会社です。

プロの傭兵として活動する彼らの行動原理は、ただ報酬の高さのみですが、ドラマがありました。

シーズン1の全13話の中で駆除班は最初の7人から4人に減り、戦力が大きく減りました。

シーズン2ではどうなるのでしょうか?

メンバーの補充はあるのでしょうか?

水澤悠(みずさわ はるか)とマモルも駆除班から離脱した現状では、戦力が低いままです。

おそらく、シーズン2では、ユニークな、新たなメンバーが1~2人程度、加わると予想します。

【シーズン1 駆除班最初のメンバー】

①志藤 真(しどう まこと)
駆除班リーダー。警視庁特殊部隊出身のプロ。
無愛想で口も悪いが、本来は仲間思いの優しい男。別れた息子の治療費を稼ぐため、仕事に徹する。

②マモル
モグラアマゾン。駆除班チームとハンバーガーをこよなく愛する、純粋な心の持ち主。駆除班のマスコット的な役割だが、戦闘時には最前線に立つ。

③大滝竜介(おおたき りゅうすけ)→トンボアマゾンへ覚醒→アマゾンオメガに倒される。
分析・戦術担当。戦闘中もタブレットを肌身離さない。冷静沈着だが、プロに徹する駆除班にあって、誰よりも熱い男。

④高井 望(たかい のぞむ)
亡き父の影響で武芸に優れ、駆除班の突撃隊長的な役割を任されている。

⑤三崎一也 (みさき かずや)→マモルに襲われ、左腕喪失
口から先に生まれてきたような元サギ師。

⑥福田耕太(ふくだ こうた)
後方支援が任務。寡黙。機械や動物、ひとり本を読むのが好き。警視庁特殊部隊出身で、警察時代から志藤の部下だった。

⑦前原 淳(まえはら じゅん)→トンボアマゾンになった③大滝により殺害される。→その死体に新型のアマゾン細胞を移植されアマゾンシグマとなるが、アマゾンオメガに倒される。
駆除班きっての頭脳派。移動中もチェスに興じる。ハッキングによる情報収集も手練。大滝竜介(おおたき りゅうすけ)を兄のように慕っている。


【シーズン2 駆除班のメンバー】

①志藤 真(しどう まこと)
駆除班リーダー。警視庁特殊部隊出身のプロ。

④高井 望(たかい のぞむ)
亡き父の影響で武芸に優れ、駆除班の突撃隊長的な役割を任されている。

⑤三崎一也(みさき かずや)→マモルに襲われ、左腕喪失
口から先に生まれてきたような元サギ師。

⑥福田耕太(ふくだ こうた)
後方支援が任務。寡黙。機械や動物、ひとり本を読むのが好き。警視庁特殊部隊出身で、警察時代から志藤 真(しどう まこと)の部下だった。

(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)


拍手[5回]

以下は毎日新聞さん2016年6月30日付け朝刊記事に加筆したものです。

日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2016」の授賞式が2016年6月7日(火)、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で行われ、2015年度に最も消費者に支持され、売り場に貢献した玩具に贈られる前年度ヒット・セールス賞に「仮面ライダーゴースト」の「変身ベルト DXゴーストドライバー」(バンダイ)が選ばれたそうです。

★ヒット・セールス賞

仮面ライダーゴースト 変身ベルト DXゴーストドライバー(バンダイ)

  DXゴーストドライバー

 「仮面ライダー」シリーズの変身ベルトは2011〜2013年度に3年連続で同賞を受賞していたが、2014年度は「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」(バンダイ)が受賞しており、2年ぶりに返り咲いたそうです。

DX妖怪ウォッチ タイプ零式

 「日本おもちゃ大賞」は、玩具産業の活性化などを目的に2008年に創設され、今年で9回目です。

また、授賞式では、①子供の知育・教育に貢献したエデュケーショナル・トイ部門、②男児向けのボーイズ・トイ部門、③女児向けのガールズ・トイ部門、④世代や性別を問わず楽しめるコミュニケーション・トイ部門、⑤素材、技術的に優れたイノベイティブ・トイ部門、⑥大人も楽しめるハイターゲット・トイ部門、⑦障害を持つ子どもへの配慮を評価する共遊玩具部門の7部門の大賞が発表されたそうです。

選考対象となったのは、東京ビッグサイト(東京都江東区)で2016年6月9日〜12日に開かれた東京おもちゃショーの出展商品で、発売中か10月末までに発売を予定している玩具だそうです。

42社から310点の応募があったそうです。

DXゴーストドライバー(バンダイ) はヒット・セールス賞ですから、児童から、特撮マニアの大人まで、幅広く買われた、ということでしょう。

(仮面ライダーゴーストについての情報です) 


拍手[4回]

8月初旬、眼魔の世界で、イーディス長官の変身した「眼魔ウルティマ  エボニー」登場するそうです。

なんと、「眼魔ウルティマ エボニー」は、10年前、天空寺龍(てんくうじ・りゅう)と戦ったそうですが、ムサシ・ゴーストの助けがあり、天空寺龍(てんくうじ・りゅう)は、「眼魔ウルティマ エボニー」を退けたそうです。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

しかし、天空寺龍(てんくうじ・りゅう)は、眼魔の人間界への侵攻を食い止めるべく研究を続けていましたが、西園寺の裏切りにあい、命を落としてしまいます。

「眼魔ウルティマ エボニー」の「エボニー」とは、漆黒という意味だそうですので、色です。

この「エボニー」=漆黒の反対が「アイボリー」=象牙色だそうです。



そうすると、イーディス長官のコピーである仙人が「眼魔ウルティマ アイボリー」になるんでしょうか?

いずれにしても、イーディス長官は10年前に人間界に行き、仙人と協力していた天空寺龍(てんくうじ・りゅう)と戦ったわけですから、イーディス長官は人間の敵ということになります。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[3回]

アランが変身する「仮面ライダーネクロム」が、6月26日放送のゴースト37話よりアランが変身する「仮面ライダーネクロム」がパワーアップしたことになっています。

どういう風にパワーアップしたかと言いますと、次の二点です。

①まず新たに使用する武器「ガンガンキャッチャー」が突然出てきます。

なんの【謂れ】いわれも分からず、突然、この武器が出てきます。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

ゴースト、スペクターとパワーアップが続き、素手での戦いだけを繰り返しているネクロムにとって、「ついに武器が出た!」と、アランのファンの中では待望されたアイテムではあるようですが。

 仮面ライダーネクロム

しかし、どっから、この武器は出てきたんでしょうか?

不思議です。

②次にネクロム自体が新たな技を身に着けて強くなりました。

しかし、その技というのが、三蔵法師が作り出した精神世界で、猿、豚、河童から特訓を受け、その技を習得したのです。

妖怪としての、猿、豚、河童です。

 

眼魔世界でアランの教育係を担当していたジャイロから、アランは武術訓練を受けていたはずです。

ジャイロから受けた武術よりも、猿、豚、河童から習った技の方が上なんでしょうか? 不思議です。

①と②を身につけ、アランが変身する「仮面ライダーネクロム」はパワーアップした、ということですが、ムゲンやディープ・スペクターへのパワーアップと比べると、随分と、控えめな強化に感じざろう得ません。

この程度のパワーアップでは、ガンマイザーからまた「脅威ゼロ」と皮肉ぽく、言われそうです。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[4回]

アランは三蔵法師が作り出した精神世界で、猿、豚、河童から特訓を受け、その技を習得した。

一方、深海マコト(ふかみ・まこと)は自らのコピーと激しい戦いを続け、体力を消耗していた。

ガンマイザーウィンドが現れ、天空寺タケル(てんくうじ・たける)はゴーストムゲン魂に変身し、苦戦しながらもガンマイザーウィンドの弱点を発見すると、「人間の可能性は無限だ!」とシンネンインパクトを撃ち込み撃破し、ガンマイザーウィンドを粉砕する。

すべてが解決したかに見えたが、コピーとの戦いに倒れた深海マコト(ふかみ・まこと)だけは意識を失ったままだ。

一方、ゴーストムゲン魂にガンマイザーを次々と倒され、焦りを感じたアデルは「力の根源を手に入れるため」、残されたガンマイザーたちと一つになる決意をする。

そのアデルの決意に呼応するかのようにガンマイザーの石板が不気味に輝きを放ちはじめる。

仮面ライダーゴースト フィギュア一覧

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。

 【次回予告】

第38話  復活!英雄の魂! 2016年7月3日放送予定
 
ゴースト、スペクター、そしてアランにも敗れ、意気消沈するジャベルは、御成(おなり)のもとをたずねる。

眼魔の世界では、ムゲン魂にガンマイザーが4度目の敗北を喫したアデルはガンマイザーと一つになり、「力の根源」を手に入れようと決意する。

同じころ大天空寺ではムゲンの力について話し合っていた。

予想を超えるスピードで進化するガンマイザーに英雄の力で対抗できなくなりムゲンの力が頼りだという仙人。

その言葉に納得がいかない天空寺タケル(てんくうじ・たける)。

「英雄だってまだ負けたわけじゃない」

そんな時、アデルがガンマイザーと一つになり新たな力を手にして天空寺タケル(てんくうじ・たける)の前に現れる。

天空寺タケル(てんくうじ・たける)はムゲンの力を使わずに英雄の力で立ち向かう決意をする。

英雄眼魂(アイコン)の力を信じ、天空寺タケル(てんくうじ・たける)はゴーストグレイトフル魂に変身する。

しかし、ガンマイザーの攻撃に英雄ゴーストたちは倒されていく。

やむなく天空寺タケル(てんくうじ・たける)はゴーストムゲン魂に変身する。

すると、アデルはガンマイザーを吸収、一体化して攻撃をしかけてくるが、決着はつかない。

そして、アデル自ら天空寺タケル(てんくうじ・たける)と戦ったことを知ったジャイロは、自らの存在意義をかけてムゲンを倒すことをアデルに誓うのだった。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)

エアーローテーションのビジネスシューズは先進の蒸れない靴です。


拍手[3回]

2016年6月24日配信のシーズン1最終話で明らかにされた事実。

水澤 悠(みずさわ はるか)は、アマゾンプロジェクトのトップ責任者で、特殊研究開発本部長である、水澤令華(みずさわ れいか)の遺伝子を組み込んだ第三のアマゾンだった。

水澤 悠(みずさわ はるか)は、人間とアマゾンの両方の特性を持つ人工生命体だったのだ。

それゆえ、人間もアマゾンも守りたい、二つの気持ちに揺れ動くのだった

 蒸し暑い季節到来でも、足元はサラサラで心地よくいたいものです。

一方、鷹山 仁(たかやま じん)は野座間製薬の研究員であったが、自らが生み出したアマゾン細胞の危険に責任を感じ、すべてのアマゾンを狩るため、自らのカラダに生体細胞移植でアマゾン細胞を 導入し、肉体を強化し、アマゾンアルファとなった。


 

鷹山 仁(たかやま じん)はアマゾン駆除作戦《トラロック》により、肉体に損傷を受けたが、生き延び、同じ生き残ったアマゾンたち数百体を殲滅するために、狩りを続けていた。

しかも、鷹山 仁(たかやま じん)はエネルギー源としてのたんぱく質補給として、なんと倒したアマゾンの肉を食べるまでになっていた。ここの描写は不気味でした。

アマゾンを食う男となった鷹山 仁(たかやま じん)。

一方、怪人態へと覚醒していないアマゾンは狩るべきではないと考える水澤 悠(みずさわ はるか)アマゾンオメガと、すべてのアマゾンは人間の敵であり狩るべきと考える鷹山 仁(たかやま じん)アマゾンアルファとは激しく対立する。

組み合うアマゾンアルファとアマゾンオメガだが、双方が深手を負い、勝敗は引き分ける。



駆除作戦《トラロック》を生き延びたアマゾンたち数百体は、トラロックが効かない、より進化したアマゾン体たちのようだ。

人間を襲い食する特性は消えない。

果たして、アマゾンと人間との共生などが可能なのか?

すべてのアマゾンは殲滅されるべきものなのか?

アマゾンズ 主題歌「Armour Zone(Full Version)」


母・水澤令華(みずさわ れいか)が開発させた水澤 悠(みずさわ はるか)用のゴールドのアマゾンズレジスターは、なぜ、海岸の波打ち際に放置されていたのか?

アマゾンズレジスターは、アマゾンの本能を制御するために開発された腕輪であり、2年ぶんの抑制剤が内蔵され、定期的に投与してアマゾン細胞の怪人態への覚醒を抑えるものだ。

水澤 悠(みずさわ はるか)は自らの覚醒を抑制できるのか?

疑問を残し、物語は、シーズン2(2017年春配信)へと続く。

(仮面ライダーアマゾンズについての情報です)


拍手[3回]


天空寺タケル(てんくうじ・たける)の消滅するまでの「残り日数」の減り方が不規則になっています。

時系列で整理すると以下の通りです。

第35話から第36話にかけては一挙に11日も減って、残り25日までになっています。

それまでの、第35話までの減り方は、ゆっくりでした。

8月6日(土)公開の劇場版仮面ライダーゴーストで、残り日数がゼロとなり、天空寺タケル(てんくうじ・たける)は消滅するそうですので、この8月7日(日)放送回までに、残り日数がゼロになる筋書きのようです。

 ムゲンゴーストアイコン

 
そうすると、第37話~第42話までの残り7話で、残り25日からゼロにする必要があります。

25日÷7話=約3.5日としますと、大体、後1話で、3日~4日ぐらいずつ、残り日数を減る展開が予想されます。

そして、残り日数ゼロとなり天空寺タケル(てんくうじ・たける)が消滅した後の第43話以降はどうなるのでしょうか?


残り日数の減り具合 時系列と予想

2016年8月07日放送予定 第43話 残りゼロ→天空寺タケル 消滅?

2016年7月31日放送予定 第42話 残り14日?

2016年7月24日放送予定 第41話 残り19日

2016年7月17日放送予定 第40話 勇気!壮絶な決断! 残り20日

2016年7月10日放送予定 第39話  対立!父と娘!       残り20日

2016年7月03日放送予定 第38話  復活!英雄の魂!    残り21日

2016年6月26日放送予定 第37話「修得!それぞれの道!」 残り24日
天空寺タケル(てんくうじ・たける)はホナミを立ち直らせるため、ハーピーフォーのメンバーに再び一緒に頑張るよう声をかける。一方、眼魔(ガンマ)世界では、ガマイザーたちから、アデルが恐ろしい決断を迫られていた。


2016年6月19日放送済み 第36話「猛烈!アイドル宣言!」 残り25日
ホナミがイゴールの命令を受けた飛行機眼魔パーフェクトに狙われた。天空寺タケル(てんくうじ・たける)はゴーストムゲン魂に変身、飛行機眼魔パーフェクトを粉砕するが、ホナミはたて続けに降りかかる困難に気持ちが切れてしまう。一方、月村アカリ(つきむら・あかり)はオーディションに合格、アイドルデビューが決定する。


2016年6月12日放送済み 第35話「真価!楽しさの力!」 残り36日
現実世界ではディープスペクター、ネクロムがガンマイザー・ファイヤー、リキッドらを相手に大苦戦する。ディープスペクター、ネクロムは変身を解除してしまうが、間一髪天空寺タケル(てんくうじ・たける)が現れると、再びゴーストムゲン魂に変身し、ガンマイザー・ファイヤー、リキッドを粉砕する。


2016年6月5日放送済み 第34話「迷走!夢の世界!」 残り36日
眼魔の攻撃を受けたグレイトフル魂は変身を解除してしまう。その拍子に転がり出たグリム眼魂をイゴールに奪われ、アカリとユウイチを人質にとられてしまう。そして新たなガンマイザー・リキッド(水)が出現する。天空寺タケル(てんくうじ・たける)はついにムゲン眼魂でゴーストムゲン魂に変身する。


2016年5月29日放送済み 第33話「奇跡!無限の想い!」 残り39日
反撃は失敗したものの、天空寺タケル(てんくうじ・たける)への想いを一つにした深海マコト(ふかみ・まこと)たち。その想いがつながり天空寺タケル(てんくうじ・たける)が蘇った。
なおも攻撃を仕掛けてくるガンマイザーの前で天空寺タケル(てんくうじ・たける)は光り輝くゴーストに変身する。ファイヤー、グラビティともに粉砕する。「みんなの想いを見つけ、繋ぐ。無限の未来へ」。天空寺タケル(てんくうじ・たける)は新たな誓いを胸に仲間たちの喜びの輪に加わった。


2016年5月22日放送済み 第32話「追憶!秘めた心!」 残り40日
子供たちもゴーストとツタンカーメンゴーストによって救われ、シブヤの母も元の美穂の姿にもどった。仲直りしたシブヤ母子を見つめながら、天空寺タケル(てんくうじ・たける)は父・龍の「無限の可能性」という言葉を噛みしめ、戦いへの決意を新たにしていた。


2016年5月15日放送済み 第31話「奇妙!ガンマイザーの力!」 残り54日
大天空寺に天空寺タケル(てんくうじ・たける)の父・龍らとモノリスを研究していた五十嵐博士がやってきた。10年前の研究のすべてを話すという五十嵐だったが、その瞬間、天空寺タケル(てんくうじ・たける)は10年前の地下研究室へワープする。そして、その天空寺タケル(てんくうじ・たける)の目の前に死んだはずの父・天空寺龍が現れる。


2016年5月8日放送済み  第30話「永遠!心の叫び!」 あと57日
ガンマイザー・ファイアーに苦戦する3人だったが、最後は力を合わせて撃破する。ユキは正気に戻った父のゴーストと再会、思いを伝えることに成功する。そして、進むべき道を見つけたアランは、フミの思い出を胸に笑顔でたこ焼きを頬張るのだった。

(仮面ライダーゴーストについての情報です)


拍手[3回]

特撮テレビドラマ「仮面ライダードライブ」に登場したチェイスを演じた上遠野 太洸(かとおの たいこう、1992年10月27日 生まれ )氏が、始めての時代劇となる新「伝七捕物帳」に出演することが分かりました。

伝七を補佐する「かんざしの文治」役でのレギュラー出演です。

今度は、熱い人情を演じる必要があります。

 

以下は、Smartザテレビジョンさんの芸能ニュース2016年6月16日付け記事に加筆したものです。

NHK BSプレミアムで2016年7月15日(金)からスタートするBS時代劇「伝七捕物帳」(毎週金曜夜8:00-8:45)の試写会が行われ、主演の中村梅雀の他、出演する田中美佐子、徳重 聡、上遠野 太洸、原田夏希、松平健の各氏が出席した。

「伝七捕物帳」は、陣出達朗による時代小説が原作で、ことし2016年1月に亡くなった梅雀の父・梅之助が'70年代に演じた同タイトルのドラマの主人公・黒門町の伝七を演じ、梅雀が受け継ぎ演じることとなる。

 伝七は粋で優しい岡っ引き。鋭い推理と得意の十手さばきで悪を懲らしめるが、一方で情に厚く、事件に関わった者たちの幸せを願い仲間たちと奮闘する。

 梅雀は「父が160本撮ったものはもちろん見ていました。いつかはやるだろうなと思って待っていましたけれども、(昨年)決まった時には喜びまして、父に報告しましたところ、父も大変喜んでくれました。出来上がったものを見て、父の面影も少し出てしまうんだなと思いつつ、梅雀なりの伝七になって、伝七という男の人生をにおわせる作品になっていくのではないかなと思っています」とあいさつ。

「今後を期待していただいて、長いシリーズとして続けていきたいと思っております」と意気込んだ。

また、伝七の恋女房・お俊を演じる田中美佐子は、「台本を見た時に、まず驚いたのは年齢です。30代と書いてありました。できるのかなと不安で、出来上がったものを見てもやっぱり長屋のおばちゃんにしか見えませんでしたけれども、精いっぱい頑張らせていただきました」と率直な思いを語り、会場を笑わせたそうです。

 伝七の下っ引きを演じるのは、徳重 聡と上遠野太洸の各氏。

共に時代劇には新鮮な気持ちで挑んだと言い、「がってんの勘太」役の徳重が「僕は“がってんの”というより、“すっとぼけの”勘太。時代劇はほぼ初めてで、ましてや下っ引きなんていうのは全くの初めてで、すっとぼけた芝居もやったことがなかったので、初めてだらけの作品でした」と話したそうです。

また、「かんざしの文治」役の上遠野太洸氏も、「ちょっとした手の動きだったり、置き場だったり、(江戸時代ならではの)言葉の伝え方とかそういうところを、監督や梅雀さんにアドバイスをもらいながら徐々に体に染み込ませていきました」と撮影を振り返ったそうです。

伝七が通う食事処の看板娘・小春役の原田夏希と、北町奉行の遠山左衛門尉役の松平健は、作品を貫く「人情」について言及。2人は共に、伝七のおせっかいなほどの思いやりが見どころだとアピールした。

また、撮影中の印象的なエピソードについて聞かれると、梅雀は「とにかくめでたいことが多かった。徳重くんはお子さんが生まれて、夏希ちゃんは結婚されて」と話し、同ドラマの締めのせりふ「めでてぇなぁ」に掛けて、出演者みんなで喜んだことを明かしたそうです。

BS時代劇「伝七捕物帳」
2016年7月15日(金)スタート,毎週金曜夜8:00-8:45, NHK BSプレミアムで放送予定


拍手[3回]

最新記事
(07/31)
(07/27)
(07/24)
(07/24)
(07/23)
(07/22)
(07/19)
(07/17)
(07/16)
(07/14)
(07/10)
(07/09)
(07/07)
(07/06)
(07/04)
(07/03)
(07/02)
(06/30)
(06/30)
(06/29)
(06/28)
(06/26)
(06/25)
(06/21)
(06/19)
ブログ内検索
連絡先
リンク
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 夢の玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]