忍者ブログ
ご来場ありがとうございます。玉手箱は、ドラマ、アニメ、特撮番組等の予告や補足情報を書いています。「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。SF関係は、からくり箱(http://kara.go-th.net/)をご覧ください。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

チェイスが000のナンバーがついた「プロト0(ゼロ)」ロイミュードとしての姿を現した。

これにはベルトさんも驚愕する。

果たしてこの000、「プロト0」ロイミュードが意味することとは何か?

♪ 寒い北風が吹く中でも、蒸れない紳士ブーツで、暖かく、格好良く冬を過ごせます ♪

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

【予告】

第12話 白い仮面ライダーはどこから来たのか 2014年12月28日放送

評判の悪い地上げ屋が襲われ、屋敷の主が殺害され、現場から黄金像が盗まれた。

現場では“どんより”の目撃情報もあることから、泊進ノ介(とまり・しんのすけ)は追田現八郎(おった・げんぱちろう)警部補とともに現場検証に向かう。

泊進ノ介(とまり・しんのすけ)らは捜査に乗り出すが、重加速粒子は検出されない。

そんな泊進ノ介(とまり・しんのすけ)の前に、不審なカメラマン、詩島剛(しじま ごう)が現れた。

そのフリーカメラマンは次々と捜査に有効な証拠写真を見せつけてきた。

急に「どっちが先に犯人にたどりつくか競争しよう!」と勝負を持ちかけられ、動揺する泊進ノ介(とまり・しんのすけ)の前で、驚くべき身体能力を見せつけて去っていく。

詩島剛(しじま ごう)は詩島霧子(しじま・きりこ)巡査の実の弟で、高校卒業後、海外を渡り歩くフリーカメラマンだが、ロイミュードを追って、米国から急きょ、帰国したのだった。

1月4日(日)は放送休業日です。

(仮面ライダードライブについての情報です)

拍手[3回]

PR

12月13日(土)「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」の公開を記念して、映画『MOVIE大戦フルスロットル』の入場者プレゼントとして配布された限定1万枚のDVD「仮面ライダードライブ 第0話」。

その概要は次の通りです。


仮面ライダードライブ タイプスピード

 

~「仮面ライダードライブ 第0話」~

「仮面ライダードライブ」のTVシリーズ第1話の冒頭で描かれた、敵怪人・ロイミュード達の一斉蜂起“グローバルフリーズ”。

舞台はそのわずか12時間前から始まる。

謎の黒き戦士“プロトドライブ”の語られていない戦いとは何か?

♪ 寒い北風が吹く中でも、蒸れない紳士ブーツで、暖かく、格好良く冬を過ごせます ♪

<あらすじ>

ハートを中心として覚醒したロイミュード達が世界各主要都市を同時攻撃した一斉蜂起「グローバルフリーズ」。

その歴史的事件の裏の真実。

ハートが人類への反抗を決め、ロイミュード達がネオシードというテロ組織を結成する。

そして、人類への大規模攻撃がグローバルフリーズだった。

それを止めるべく、ベルトさんはプロトドライブとともにロイミュードたちと戦いを始める。

ロイミュード「お前は誰だ?」

プロトドライブ「これから倒される者に名乗る必要はない」

仮面ライダードライブ誕生以前に起こった、真実が明かされる。

しかし、このDVDでは、プロトドライブが進化態ハートにより重大な損傷を受けるシーンまではカバーされていません。

ただ、プロトドライブの声はチェイスと同じです

プロトドライブはチェイスが変身した仮面ライダーであり、その記憶が、今のチェイスに残っているため、チェイスは仮面ライダーという言葉に強く反応するわけです。

以下の動画は、いずれ削除されるでしょうから、見れなくなってもご勘弁ください。




●正式タイトル:「仮面ライダードライブ シークレット・ミッションtype ZERO 第0話 カウントダウン to グローバルフリーズ

●再生時間:約16分

●サイズ:H125×W125(㎜)の紙ケース入り 


(仮面ライダードライブについての情報です)
 

拍手[4回]

フジテレビ開局55周年記念プロジェクト 信長協奏曲の第11話予告です。

信長協奏曲の最終回です。

夢幻の如く…織田信長として生きた時間」時空を超えた感動の物語ついに完結。涙のラストをお見逃しなく!


公式HPの予告情報に少し加筆しています。

信長協奏曲 全巻セット (1-11巻 最新刊)

 【予告】


第11話「友との約束!500年後の未来のために 」 2014年12月22日 21:00~22:09放送

サブローは本物の信長でないことを池田恒興に知られ、織田家から出て行けと突きつけられる。

そんな時、浅井、朝倉軍が合流し、攻めてくるとの報がもたらされた。

いざ開戦と逸る家臣たちだが、サブローは両家との和睦を主張する。

憎しみの連鎖を断ち切りたいと告げるサブローに、家臣たちも納得した。

サブローは、竹中半兵衛を和睦の使者に任命し、浅井と会見の約束を取り付けるよう頼む。

だが、羽柴秀吉が危険だと遮ったため、書状を送ることになった。

軍議後、サブローはこの件が終わったら城を去ると池田恒興と約束する。

池田恒興は、サブローの決意を明智光秀に報告する。

今や家臣たちの信頼はサブローが一身に集めていると語る明智光秀だった。

すると沢彦は、サブローが去った時こそ実権を取り戻さなくてはならないと諭す。

竹中半兵衛は浅井に行くことを強く遮った羽柴秀吉に疑念を抱いていた。

その羽柴秀吉は、浅井に通じていることを伏せたかったのはもちろん、すでに一計を案じている様子。

一方、織田の書状が届いた浅井家は揺れる。

やはり身内を亡くした家臣たちの恨みは根深かった。

それでも会見に応じようとする浅井長政だが、思いがけない事件が起きてしまう。

サブローは帰蝶に全てを打ち明けようとするが、上手く話すことが出来なかった。

そんな中、サブローは同じ思いを持つ友と信じている浅井長政との会見に臨むのだが。

 

拍手[1回]

クリム・スタインベルト博士は、トライドロンやシフトカーの動力源である超駆動機関コア・ドライビアを開発した科学者だった。

増殖型アンドロイドであるロイミュードを開発した友人の科学者に頼まれ、コア・ドライビアをロイミュードに与えるが、その結果ロイミュードに反逆され、友人とともに、命を落としてしまう。

しかし、自らの意識のすべてをベルトにダウンロード、以降“ベルトさん”としてロイミュードを根絶させる戦いを始めたのだった。

超小型でありながら膨大なエネルギーを生み出せるグラビティエンジンを増殖型アンドロイドであるロイミュードに与えてしまったのは、ベルトさんだった。

そして001番ロイミュードこそ、心臓部分であるグラビティエンジンをもとに進化したハートだった。


♪ 寒い北風が吹く中でも、蒸れない紳士ブーツで、暖かく、格好良く冬を過ごせます ♪


以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

【予告】

第11話 暗黒の聖夜を防ぐのはだれか  2014年12月21日放送

ハートがデッドゾーンと呼ばれる自制不可能の危険な力を発動した。

タイプテクニックで太刀打ちする泊進ノ介(とまり・しんのすけ)だが、それは彼自身の命を懸けることを意味していた。

怒りとパワーの熱が頂点に達しようとするハート・ロイミュードの心臓(=グラビティエンジン)をわしづかみにするドライブタイプテクニック。

デッドゾーンと呼ばれる制御不能の暴走状態になったハートの心臓であるエンジンを破壊すること、それがハートを倒す唯一つの方法であると泊進ノ介(とまり・しんのすけ)はヒラメイタからだ。

泊進ノ介(とまり・しんのすけ)は、ベルトさんの制止もきかず、自らを犠牲にしてハートと決着をつけようとする。

そのころ、特状課では、今は亡き作家・美波護郎に化けたボルトと思われるロイミュードの狙いが、クリスマスイブの大停電であると断定する。

美波護郎を探し出さなければ、大停電で街がパニックとなる。

そして、姿を取り戻したボルトは『暗黒の聖夜(イブ)』なる野望を密かに進めていた。

美波護郎がどこで何をしようとしているのか、全く手掛かりがつかめない特状課は焦燥感に包まれる。

“都市型大停電という異常事態がクリスマスイブの夜に起こる。”

そのことだけが判明している危機的状況なのだ。

果たして逆転できるのか?

魔進チェイサーは、デッドゾーンと呼ばれる制御不能の暴走状態になったハート・ロイミュードの初期化のため、組み合う、ドライブタイプテクニックとハートの前に現れる。

デッドゾーン化したハートの心臓部分が放つ熱エネルギー波にタイプテクニックとハート自身も吹き飛ばされる。

損傷したハート・ロイミュードの前に現れる女の子の姿をした、ロイミュード・メディックが現れる。

魔進チェイサーはロイミュードの処刑=初期化を担当するとすれば、メディックはロイミュードの復活を図る役割を担っていた。

(仮面ライダードライブについての情報です)

拍手[6回]

以下は、シネマトゥデイさん2014年12月13日の記事に加筆したものです。

2014年9月に放送を終了した特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武 / ガイム」が、Vシネマとして2015年4月にDVDリリースされることがわかった。

♪ 寒い北風が吹く中でも、蒸れない紳士ブーツで、暖かく、格好良く冬を過ごせます ♪

主人公の仮面ライダー鎧武と激闘を繰り広げた、仮面ライダーバロンと仮面ライダー斬月を主役とした2つの物語が収録される。

「仮面ライダー鎧武」は、「平成仮面ライダー」のシリーズ15作目となる作品で、錠前(ロックシード)を使って変身する、フルーツと戦国武将がモチーフの「アーマードライダー」たちの戦いを描いた作品だった。

Vシネマでは、このテレビシリーズの20話相当が舞台となり、バロンこと駆紋戒斗と斬月こと呉島貴虎、それぞれの知られざる真実が描かれる。

劇中には、鎧武こと葛葉紘汰をはじめとする主要キャストも登場し、新フォームだけでなく、新たなライダーも登場するという。

劇場版に匹敵する内容となる。

初回生産限定版には、Vシネマオリジナルとなる「DX禁断のリンゴロックシード」が付属する。

Vシネマ「鎧武外伝仮面ライダー斬月 / 仮面ライダーバロン」は、2015年4月22日発売で、DVD:7,000円+税、ブルーレイ:8,000円+税(初回生産限定品) / (通常版)DVD:4,500円+税、ブルーレイ:5,500円+税(通常版)


(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[4回]

ヘルヘイムの森の侵攻に対する見方が異なる、呉島貴虎(くれしま・たかとら)と駆紋戒斗(くもん・かいと)、二人はなぜ異なる見方をしたのか?

その分岐点となるガイム第20話から振り返る必要がありそうです。

第20話 「世界のおわり はじまる侵略」 2014年3月2日放送済み

呉島貴虎(くれしま・たかとら)に連れられ、ヘルヘイムの森を行く葛葉紘汰(かずらば・こうた)。

何も説明してくれない呉島貴虎(くれしま・たかとら)に業を煮やした紘汰は、いなくなった角居裕也(すみい・ゆうや)について聞いてみるが、貴虎が応えようとしたその時、インベスが襲いかかってくる。

葛葉紘汰(かずらば・こうた)と呉島貴虎(くれしま・たかとら)は鎧武(ガイム)と斬月・真に変身する。

一方、ユグドラシル研究所で捕まってしまった駆紋戒斗(くもん・かいと)は、戦極凌馬(せんごく・りょうま)らから奇妙な歓迎を受けていた。

「君は正義ではなく、弱さを裁くのが目的だそうだね。ならば我々は敵同士ではない」

戦極凌馬(せんごく・りょうま)の謎めいた言葉から駆紋戒斗(くもん・かいと)はその真意を探ろうとする。

♪ 寒い北風が吹く中でも、蒸れない紳士ブーツで、暖かく、格好良く冬を過ごせます ♪

呉島貴虎(くれしま・たかとら)は葛葉紘汰(かずらば・こうた)に、凌馬は駆紋戒斗(くもん・かいと)にヘルヘイムとユグドラシルに関して説明を始める。

そもそもユグドラシルは突如現れたヘルヘイムの謎を解明するために結成された組織だった。

調査の結果、ヘルヘイムにつながるクラックの出現頻度がもっとも高かったのが日本の沢芽市だった。

そこでユグドラシルは沢芽市に本拠を構えることになったという。

かつて駆紋戒斗(くもん・かいと)が子供のころに遊んでいた鎮守の森の巨木も、実はクラックから入り込んだヘルヘイムの種が単体で樹齢を重ねたものだった。

そのためにユグドラシルは神社を潰したのか。

駆紋戒斗(くもん・かいと)は怒りを露にする。

しかし、戦極凌馬(せんごく・りょうま)はそんな駆紋戒斗(くもん・かいと)を軽くあしらうかのように、君にはユグドラシルの真意を理解してもらいたい、と説明を続ける。

葛葉紘汰(かずらば・こうた)はヘルヘイムの森で呉島貴虎(くれしま・たかとら)から植物に侵食された広大な都市の遺跡を見せられる。

かつてはここにも文明があったのだが、人々(フェムシンムという民)はヘルヘイムの果実を食べてインベスへと変貌してしまったのだ。

文明も突如現れた森によって覆い尽くされてしまったという。

今の沢芽市のようにクラックがあちこちに開き、ヘルヘイムの種が紛れ込む。

その圧倒的な繁殖力が、土壌を汚染し、他の草木をすべて枯らしてしまう力で一つの文明(フェムシンム)を滅ぼしてしまった。

近い将来、沢芽市も同じような運命をたどるというわけだ。

なぜだ、なぜこんなことに…。

動揺する紘汰に呉島貴虎(くれしま・たかとら)は、理由などない、と冷たく言い放つ。

植物が種を散らして生存範囲を広げるのは当然のこと

それこそが呉島貴虎(くれしま・たかとら)の言う「理由のない悪意」だった。

沢芽市に出現するクラックの頻度は現時点で爆発的に増大している。

呉島貴虎(くれしま・たかとら)によると、あと10年で沢芽市はおろか、全世界がこの森で見た遺跡のように森で覆われてしまうという。たった10年でだ。

そのころ沢芽市ではクラックから出現するインベスをザックが変身した仮面ライダーナックルが撃破する。

呉島光実(くれしま・みつざね)も龍玄に変身し、ユグドラシルの研究員が見守る中、インベスと戦っていた。

仕事を終えた呉島光実(くれしま・みつざね)は、その後、何事もなかったかのようにチーム鎧武(ガイム)に合流する。

ダンスの練習をする高司 舞(たかつかさ・まい)らを見つめながら、真実をすべて隠し、みんなの笑顔を守り通せばいい、と改めて確信する。

しかし、葛葉紘汰(かずらば・こうた)は世界が危機に瀕していることを隠すユグドラシルのやり方に反発していた。

しかし、呉島貴虎(くれしま・たかとら)はすべてが明らかになれば、人々は自分の身を守るために暴徒と化すと警告する。

♥ クレジットカードにまつわる最新ニュースをブログで速報!

同様の話を聞かされた駆紋戒斗(くもん・かいと)は、そうかもな、と納得する。

しかし、葛葉紘汰(かずらば・こうた)だけはどうしても納得できなかった。

そんな危険が差し迫っているからこそ、人間たちは一つになって協力し合うのではないのか。

なぜ誰も信じられないなどと言うのか。

「侵略の恐怖に立ち向かう役目は、立ち向かう力を備えた者たちだけが担えばいい」

呉島貴虎(くれしま・たかとら)の言葉に言い返せない紘汰。

そこへ再びインベスが現れた。

呉島貴虎(くれしま・たかとら)は斬月・真に変身、紘汰も鎧武(ガイム)に変身するのだが、このインベスも元は人間と思うと手加減してしまう。

斬月・真はそんな鎧武(ガイム)を叱咤しつつ、インベスを撃破する。

すべての説明を終えた戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、改めて世界の平和を守るために、と駆紋戒斗(くもん・かいと)に協力を要請する。

しかし、駆紋戒斗(くもん・かいと)の言い分は違っていた。

侵略は絶好のチャンス、力ある者と弱い者がきっぱりと別れる、ヘルヘイムと戦って生き延びた者だけが未来をつかめばいいのだ。

ヘルヘイムによる侵略、世界崩壊などものとも思わない駆紋戒斗(くもん・かいと)の言葉に、戦極凌馬(せんごく・りょうま)、シド、湊耀子(みなと・ようこ)はそろって高らかに笑う。

「これからは共に野望の道を歩もうじゃないか」

満面の笑顔で駆紋戒斗(くもん・かいと)を仲間に引き入れようとする戦極凌馬(せんごく・りょうま)だった。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[2回]

放送に対して、更新が追い付きませんが、遅ればせながら、タイプテクニックの部分を記事化し更新します。

仮面ライダードライブ タイプテクニックは、泊進ノ介(とまり・しんのすけ)がドライブドライバーとシフトブレス、シフトテクニックのシフトカーを用いて変身した姿ですが、他のタイプと異なるその特徴は次の2点です。

【特徴】
1)頭部や本体に、アナライザー、分析装置、熱源や動体反応、電波などを捉える各種センサーを搭載していること。
2)チタン合金製の装甲を持つ。

そのため、他のタイプとは異なり、次の能力を持っています。

【能力】
①広範囲かつ超高精度の索敵が可能。
必ず命中する精密攻撃を繰り出せる。→ A)
③戦闘中でも精密作業を高速で行える。

【スペック】
■身長:203cm
■体重:110kg
■パンチ力:7.2t
■キック力:11.2t
■ジャンプ力:ひと跳び26.1m
■走力:100mを7.4秒
■必殺技:
A)「パーフェクショット 」…ドア銃系必殺技
B)「テクニドロップ」…キック系必殺技(フルスロットル)




タイプテクニックは全身にセンサーを搭載しているため、ボディ保護のため、高価なチタニウム合金の装甲で守っているのでしょう。

必ず命中する精密攻撃というのは弾丸を無駄にしない効率的な機能ですし、ドア銃に向いているタイプな気がします。

拍手[2回]

更新が遅れましたが、念のため更新しておきます。

2014年12月3日(水)夕方、新宿バルト9にて、「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」(12月13日より全国公開)の完成披露イベント&舞台挨拶が行われ、仮面ライダー鎧武役の佐野岳、仮面ライダードライブ役の竹内涼真をはじめ、キャスト12名と柴崎貴行監督が登壇したそうです。

400席ほどのシアターにお客さんがぎっしりで、女性が圧倒的に多かったそうです

そんな仮面ライダーファンに女性が多いんでしょうか・・?

今回、仮面ライダールパン役として出演する、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二(36)氏は“仮面ライダーを盗みにきた”怪盗アルティメット・ルパンという役どころ。

白のスーツに黒のマントをたなびかせて登場し、「ここからはわたくしが主役の座を奪いたいと思います」と宣言したそうですが会場の反応はあまりなかったそうです。

会場では、新キャラクター・仮面ライダーマッハとして同作に出演する稲葉友(21)も登場したそうです。

12月28日放送の『仮面ライダードライブ』から登場することが発表されると、緊張した面持ちで「すでに面白い『ドライブ』をもっと面白くすべく、盛り上げていきたい」と意気込んでいたそうです。


(仮面ライダードライブについての情報です)

拍手[5回]

フジテレビ開局55周年記念プロジェクト 信長協奏曲の第10話予告です。

公式HPの予告情報に少し加筆しています。

ついに偽物の信長であることがバレたサブロー。そのとき帰蝶は…。
ニセモノの信長vsホンモノの信長! 衝撃のクライマックス!

信長協奏曲 全巻セット (1-11巻 最新刊)

 【予告】

第10話 「ニセモノは追放せよ!殿のために死んでいった者たちへ…」 2014年12月15日放送

延暦寺の僧兵が織田家打倒に向けて挙兵。

信長は明智光秀と羽柴秀吉に延暦寺に和睦交渉をしてくるように依頼する。

しかし、延暦寺は和睦を拒んだため、羽柴秀吉の先導により子飼いの蜂須賀小六らを使い、明智光秀の前で、延暦寺に放火し、攻め滅ぼしてしまう。

これを知ったサブローは、明智光秀に対して怒り、そして悩む。

戦国時代において、天下を取るためには、非情にならなければならない現実を目の当たりにしたのだ。

延暦寺の一件で、サブローはもう信長を続けられないと明智光秀に話す。

家臣たちにどう説明すればよいのかと訴えるサブローに、明智光秀は代わりに自分が申し開きをすると言う。

しかし、サブローは明智光秀にこれ以上余計なマネはしないで欲しいと遮り、説明は自分が行うと決意した。

家臣たちを前にしたサブローは、延暦寺攻めが間違っていたと頭を下げる。

だが、家臣たちは織田家を守るためには仕方なかったことという見解で一致していた。

それでもサブローは、二度と同じ行為はしないと誓い、家臣たちにも念を押す。

サブローが大広間を後にすると、明智光秀も出て行った。

その時、池田恒興は明智光秀が忘れた扇子に気づく。

拾い上げて開いた扇子の柄は、池田恒興を驚かせた。

羽柴秀吉に疑いを抱く竹中半兵衛は、重矩に木下藤吉郎の素性を調べるよう命令する。

藤吉郎は、秀吉が改名する前に名乗っていた名前。

一方、羽柴秀吉は子飼いの蜂須賀小六に、面白いものを見せてやると不気味な予告をしていた。

帰蝶は、ゆきの将来を憂い、サブローに相談。

サブローは前田利家に、ゆきとデートするよう薦める。

だが、サブローは他人の心配をしている場合ではなかった。

信頼していた池田恒興が、明智光秀が本当の信長ではないかと気づいたのだ。

池田恒興は、明智光秀、信長の教育係・沢彦と密談。

ついに池田恒興は真実を知る

しかし、浅井家、朝倉家との決戦のときは近づいていた。

拍手[3回]

既にご存じのように、仮面ライダーマッハについて詳細情報が明らかになりましたね。

更新が遅れて申し訳ないですが、以下、マイコミニュースさんの記事に大幅に加筆と修正をしたもので更新します。

【仮面ライダーマッハ登場】

俳優・稲葉友(いなば・ゆう)(21)氏が、『仮面ライダードライブ』のヒロイン・詩島霧子(しじま・きりこ)の弟・詩島剛(しじま ごう)で、仮面ライダーマッハ役を務めることが、2014年12月3日(水)夕がたにあった、「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」(12月13日より全国公開)の完成披露イベント&舞台挨拶で、明らかになった。

稲葉友(いなば・ゆう)は「仮面ライダーマッハは強い! そして詩島剛が作品にいいスパイスを! この作品をより面白くするのに必要な男がやってきます!」と使命感をのぞかせた。

12月28日(日)放送の第12話「白い仮面ライダーはどこから来たのか」から登場する詩島剛(しじま ごう)。

稲葉友(いなば・ゆう)に、職業についてたずねると「詩島剛(しじま ごう)は、フリーのカメラマン」といい「カメラを持って海外で旅をしてたんですけど、事情があって急きょ日本に戻ってきたんです」と語った。

♪ 蒸れないメッシュ本革シューズで室内も快適です。

「詩島剛(しじま ごう)は、遅れてきたヒーローという感じです、泊進ノ介(とまり・しんのすけ)に情報提供をいろいろしたり、事件のヒントや鍵を提供します」。

そんなマッハを稲葉友(いなば・ゆう)は「強いです。本当に!」と断言し、「歴代最強の2号ライダーと言っても過言ではないという説が現場で持ち上がっているくらい」とアピール。

「まぁ、そこにはいろんな弊害や問題点はあるんですけど」と前置きしつつも「マッハは強い! そして詩島剛(しじま ごう)が作品にいいスパイスを! いい飛び道具的な要素を加えて、いい意味で引っ掻き回すし、盛り上げるし、この作品をより面白くするのに必要な男がやってきます!」と力強く宣言した。

仮面ライダーマッハこと詩島剛(しじま ごう)は、詩島霧子(しじま・きりこ)巡査の実の弟で、姉とは正反対の陽気な性格で、高校卒業後、海外を渡り歩くフリーカメラマンだが、米国から急きょ、帰国したという設定だ。

(仮面ライダードライブについての情報です)

拍手[6回]

お天気
オークション
ニンジャ情報
ブログ内検索
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]医療事務 保育士