忍者ブログ
玉手箱は、ドラマ、アニメ、特撮番組等の解説、予告や補足情報を書いています。「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

太古の時代、高度な文明を誇っていた「フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)」はヘルヘイムの森とのクラックが開き、森に飲み込まれたしまった。

♪ 夏本番、熱中症対策のミネラルウォーターの確保を。

「フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)」の民(たみ)の一部は、知恵の実を得た王ロシュオにより、ヘルヘイムの森の環境下で生存ができる肉体に改造され、知性を維持したまま、怪人(かいじん)・オーバーロードとなった。



それ以外の民(たみ)は、森の実を食べ続け、インベスとなり果て、知性もなく、森の中をさまようだけだった。

「フェムシンム」以前の世界でも、どうような文明の滅亡があった。

♪ 手帳を変えて、毎日に変化と発見を

ラピスもまた、かつてヘルヘイムにいた人間だった。

ヘルヘイムの森という過酷な世界の中で、生き残り、知恵の実のチカラを得た人間の一人であったが、戦いを好まず、平穏な森を望んでいた。

しかし、ヘルヘイムの森の奥には、戦いを煽り、ヘルヘイムの活性化と侵食を進めたい意志をもつ存在がいた。

♥ 耳掃除で、スッキリ、気分のリセット

ラピスは古代人の中でヘルヘイムの森に適合化した人間であったが、インベス化はせず、怪人(かいじん)とはならず、人間体のままオーバーロードとなった存在であった。

恐らく、DJサガラもまた、怪人(かいじん)とはならなかった、人間体のままのオーバーロードであろう。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[6回]

PR

 クールビズ本番の季節、蒸れないウィングチップで涼やかに!

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、オーバーロードの侵略により沢芽市から一人逃亡していたが、突如沢芽市に舞い戻り、紘汰らに接近する。

根っからの研究者だが、権力欲もあり、自らの損得のみで行動する野心家である。

紘汰らとともに、ユグドラシル・コーポレーションに乗り込み、激しい戦いを繰り広げる。

激戦の中、仮面ライダーデュークは、オーバーロードのシンムグルンに圧倒され、撤退してしまう。

 

その激しい戦いの中から、オーバーロードに関するデータを集め、解析し、その分析結果から、ついに戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、自らのゲネシスドライバーのパワーアップ化に成功する。

再度、ユグドラシル・コーポレーションに現れた戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、知恵の実に近づくほどのチカラをゲネシスドライバーから解放し、仮面ライダーデュークは、オーバーロードを圧倒する

そのまま、ロシュオのもとをめざす戦極凌馬(せんごく・りょうま)の狙いは、知恵の実の奪取なのか。

科学のチカラで、知恵の実を獲得しようとする戦極凌馬(せんごく・りょうま)に、ロシュオはどう返答するのか?

♥ モダンなシティサイクルで街を滑走しましょう。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♥ 涼やかなジャスミン茶で快適に

拍手[8回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】  

第39話 「決死のタワー突入作戦!」 2014年7月27日放送予定

誰もいなくなった沢芽市の街で食料を集める高司 舞(たかつかさ・まい)とペコの前に、呉島光実(くれしま・みつざね)が現れた。

冷ややかな笑顔で「一緒に来てください」という呉島光実(くれしま・みつざね)に、目を覚ましてと訴える高司 舞(たかつかさ・まい)。

ペコがそんな光実を止めようとすると、亀のオーバーロードのシンムグルンが襲いかかった。

このままではペコが危ない。舞は仕方なく呉島光実(くれしま・みつざね)と一緒に行くと約束する。

傷だらけのペコから連絡を受けた葛葉 紘汰(かずらば・こうた)と戒斗は現場に急行する。

舞が連れ去られたことを知ると、葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は戒斗が止めるのも聞かずに走り出していく。

鎧武(ガイム)極アームズの攻撃も通じず、斬月・真の想像を超えた力に撤退を余儀なくされる鎧武(ガイム)とバロン。

斬月・真の前から逃れ、変身を解除した葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は「なぜ止めた?」と戒斗を非難するが、駆紋戒斗(くもん・かいと)は迷いを捨てた呉島光実(くれしま・みつざね)の強さを自覚しろと言い放つ。

呉島光実(くれしま・みつざね)は、何も恐れていない。

後戻りできない決定的な壁を乗り越えた。

戒斗の言葉に葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は言い返すことも出来ず。




光実に舞を連れ去られ、いてもたってもいられない葛葉 紘汰(かずらば・こうた)。

紘汰は、ユグドラシルタワーへ突入し、舞、さらわれた人々の奪還を決意する。

それには戦極凌馬の力を借りなければならない。

ユグドラシルタワーに忍び込むルートを戦極凌馬(せんごく・りょうま)に案内させる、と立ち上がる。

無謀な策だが、高司 舞(たかつかさ・まい)を救うにはそれしか手がない。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)に同調する駆紋戒斗(くもん・かいと)に引きずられるように、ビートライダーズたちは紘汰と行動をともにする。

そのころユグドラシルタワーでは、呉島光実(くれしま・みつざね)が戸惑う舞を前に「ただ僕の隣にいてくれるだけでいい」と言う。

そんな光実を必死で説得する高司 舞(たかつかさ・まい)だが、呉島光実(くれしま・みつざね)は「いずれ分かってもらえる日がくる」と聞く耳を持たない。

が、その光実は相変わらず兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)の幻影と戦っていた。

「お前(光実)は俺の負の影だ」

「いずれ、言うことを聞かないあの女も邪魔になる」

一方、戦極凌馬(せんごく・りょうま)を連れ、行動を開始した紘汰らビートライダーズたち。

ブラーボ、グリドン、マリカ、ナックル、バロン。

そして鎧武にデューク。アーマードライダーが勢揃いする。

車に乗り込み、沢芽市の外にあるという秘密の入り口を目指す彼らだったが、彼らの行く手にインベスの群れが立ちはだかる。

はたして葛葉 紘汰(かずらば・こうた)らは無事ユグドラシルタワーにたどり着けるのか?


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♪ はやりの側面刈上げも自宅でできます。

♪ セレクトショップ街

拍手[7回]

フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)の文明は、ヘルヘイムの森の侵食のため、滅んだのではなく、フェムシンムのために咲いた、ただ一つの「知恵の果実」を争奪し合う争奪戦でフェムシンム人口が減少し、文明を維持できなくなった。

フェムシンムの「知恵の果実」を選びとり、それをロシュオに与えたのは王妃であった。

ロシュオは「知恵の果実」を取り込み、ヘルヘイムの森を支配できる能力を得る。

ロシュオは生き残ったフェムシンムを、知性を残したままインベス化したオーバーロードへと改造し、インベスの森で、森の果物を食して生きていけるようにしていく。

オーバーロードした一部のフェムシンムとロシュオによりヘルヘイムの森は平穏で退屈な時間が経過する。

そしてヘルヘイムの森は、人類の世界、沢芽市と接触を始め、森は再び活性化し始める。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

人類社会への侵食を始めたヘルヘイムの森では、人類のための「知恵の果実」が一つだけ結実する。

しかし、その人類のための「知恵の果実」はロシュオによりもぎ取られてしまう。

ロシュオは、人類のための「知恵の果実」を、生命活動を停止している王妃を蘇らせるために使用しようと狙ったのだ。

人類のための「知恵の果実」をつかみ取るための争奪戦が沢芽市で始まる。




正しい心をもった者が人類のための「知恵の果実」を得て、そのチカラを取り込めば、ヘルヘイムの森の脅威は無くなる。

唯一つの、人類のための「知恵の果実」をめぐって、フェムシンムと人類との戦いが続く。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[5回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップ・シューズで格好良く、涼やかに!

【予告】

第40話 ウイニングショット 7月20日(日)放送予定

準々決勝戦、『青道高校』対『薬師高校』は最終回である9回裏の攻撃を迎える。

3点差で『青道高校』がリードしているが、『薬師高校』上位打線との戦いとなる。

8回から登板したエース・『丹波光一郎』はだまだ万全な状態ではないために、制球が定まらず、逆玉も多いが、球自体に力があり、彼の代名詞であるカーブの精度は完璧に近く、キレがある。

9回裏、『薬師高校』は怪物『轟雷市』に打順がまわる。

敬遠する策もあるが、『丹波光一郎』は、ストライクを先行して、カーブ、直球で押す。

ファイルが続き、カウントはフルカウントとなり、バッテリィーが選んだのは、『フォーク』ボールだった。


(ダイヤのエースについての情報です) 

拍手[2回]

和月伸宏による大人気コミック「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」を、佐藤健主演で実写映画化し大ヒットを記録した『るろうに剣心』の続編が公開されます。

続編となる『るろうに剣心 京都大火編』(8月1日公開)と『るろうに剣心 伝説の最期編』(9月13日公開予定)は、2部作連続公開という前作を大きく上回る壮大なスケールで描かれているそうです。

予告 『るろうに剣心 京都大火編』

剣心の後継者であるにもかかわらず最大の敵となる宿敵・志々雄真実の日本制圧の野望を阻止すべく、再び人斬りになる覚悟を持って因縁の地・京都へと向かう剣心やヒロイン・薫たちの活躍を描く。


 

主人公・緋村剣心は佐藤健が続投し、さらに最狂の敵となる宿敵・志々雄真実役を藤原竜也、四乃森蒼紫役を伊勢谷友介、瀬田宗次郎役を神木隆之介らが演じ、新キャラクターたちが物語を盛り上げる

和月伸宏先生による大人気コミック「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」を、佐藤健主演で実写映画化し大ヒットを記録した『るろうに剣心』。


 

続編となる『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』(9月13日公開予定)は、2部作連続公開という前作を大きく上回る壮大なスケールで描かれる。

拍手[4回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】   

第38話 「プロフェッサーの帰還」 2014年7月20日放送予定

「僕は兄さんを乗り越えた!」

兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)を倒し、レデュエの前で強気に出る呉島光実(くれしま・みつざね)だったが、その目の前に貴虎の幻影が現れる。

「お前はけっして、私からは逃れられない…」

幻影と言い争いを始める呉島光実(くれしま・みつざね)に、レデュエもただ首を傾げるばかりだ。

光実と貴虎の戦いを止めるため、埠頭に駆けつける紘汰だったが、そこには、壊れた戦極ドライバーが残されていた。

兄弟対決を止めることができず、傷心のままガレージに戻り、悲しみに沈む紘汰と高司 舞(たかつかさ・まい)らの前に、沢芽市から逃亡したはずの戦極凌馬(せんごく・りょうま)が現れた。

怒りも露に立ち向かう紘汰らだったが、戦極凌馬(せんごく・りょうま)は彼らにある提案があるという。

凌馬は、ユグドラシルタワーへ向かう隠し通路がある、と突入を持ちかけてきたのだ。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)を信用するべきか。

凌馬の提案に紘汰らは混乱する。

その話に乗るか、反対派と賛成派に分かれる紘汰たちだった。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

 ホーキンスの進化した蒸れないトラッド紳士靴はエアライトスーパーです。

拍手[6回]

秋からの新ライダーは仮面ライダードライブですが、そのスペックについて、まだ確信的情報はありません。

今までの情報を列挙するとつぎのようなもののようです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

制作意図:クルマ好きの幼児にライダーへの関心を高めてもらうという意図が、自動車というモチーフを使った仮面ライダードライブを企画した経緯らしい。

(1)変身アイテムはキー(key)らしい

(2)ドライブドライバーに専用キー(ミニカーキー)挿して仮面ライダードライブへと変身する。

(3)ミニカーキーの種類は、①バイク、②スポーツカー、③ブルドーザーでスタートする。

(4)ミニカーキーは、様々な「働く車」のタイプでさらに登場する。


(仮面ライダードライブについての情報です)

拍手[5回]

以下は、TVガイドブックでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】   2014年7月20日放送予定

オーバーロードにユグドラシル本部を乗っ取られ、一人脱出ロケットで沢芽市から逃亡していた戦極凌馬(せんごく・りょうま)が、葛葉紘汰(かずらば・こうた)の前に現れる。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)はユグドラシルタワーへ侵入できる隠し通路の存在を明かし、ユグドラシルタワーに残した、あるデータを回収したいので協力して欲しいと要請してくる。

ユグドラシルタワーに捕らわれている、姉・葛葉晶(かずらば・あきら)を含む人々を救出したい葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちであったが、信用できない戦極凌馬(せんごく・りょうま)の作戦にのるかどうかで意見が分かれる。

そのころ、兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)を殺害した呉島光実(くれしま・みつざね)は、兄の幻影に苦しんでいた。

オーバーロード・レデュエは高司 舞(たかつかさ・まい)を見て何かに気づき、高司 舞(たかつかさ・まい)を利用しようと考え始めた。

それを察した呉島光実(くれしま・みつざね)は、まいを守るため、まいを誘拐しユグドラシルタワーに匿おうとする。

高司 舞(たかつかさ・まい)を誘拐され、舞の奪還のため、葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちは戦極凌馬(せんごく・りょうま)とともに、ユグドラシルタワーへ突入する。

ユグドラシルタワー内での激しい戦いが始まる。

オーバーロード・レデュエは強力なオーバーロード・グリンシャを放ち、葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちは苦戦する。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)も仮面ライダーデュークとなりオーバーロードと戦うが、そのチカラに圧倒される。

オーバーロード・グリンシャは、オーバーロードの1人で、ロシュオを守る直属の部下であるが、ロシュオの命令を受けてレデュエと作戦を共にしていた。

オーバーロード・レデュエによりキズ付いた駆紋戒斗(くもん・かいと)は、ある決意を持って、仮面ライダーバロンとなり、壮絶な戦いを始める。

呉島貴虎(くれしま・たかとら)は本当に死んだのか。

何かを隠している湊耀子(みなと・ようこ)は、仮面ライダーマリカとなり、駆紋戒斗(くもん・かいと)の支援に回る。




呉島光実(くれしま・みつざね)は斬月・真となり、再び、鎧武・葛葉紘汰(かずらば・こうた)を亡き者にしようとする。

闇ミッチと紘汰とはどう決着するのか。

そして、戦いは、フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)と人類との戦いへと拡大する。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

 ホーキンスの進化した蒸れないトラッド紳士靴はエアライトスーパーです。

拍手[6回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップ・シューズで格好良く、涼やかに!

【予告】

第39話 7月13日放送予定

8回、一打出れば同点という危機的場面を迎え、青道(せいどう)は、丹波 光一郎が登板する! 

エースの帰還で、ベスト4進出を懸けた青道(せいどう)対薬師戦いはクライマックスを迎える。

2回を任せれた丹波 光一郎は、得意のカーブ、速球、そしてスピリットをコーナーに投げ分け、強力打線の薬師を抑える。

ついに、青道(せいどう)は、地区予選大会ベスト4進出! そして神宮(じんぐう)へ進む。

夢の舞台まであと二勝だ!

次なる相手は、歴戦の名将率いる仙泉(せんせん)学園

データに基づき堅実な采配(さいはい)を振るう監督と、打倒青道(せいどう)に並々ならぬ執念を見せる“大巨人”真木(まき)。

この厚い壁を乗り越え、決勝へと進めるか!?

(ダイヤのエースについての情報です) 

拍手[1回]

ガイム・アイテム
お天気
オークション
ニンジャ情報
ブログ内検索
金融情報
ご注意
無断で、「玉手箱」の記事内容をコピーして、ご自分の記事として使用することは、剽窃(ひょうせつ)・盗用にあたり、著作権を侵害する犯罪です。「玉手箱」の記事を引用される場合は、引用されることと、URL(http://tama.ni-3.net/)を明示ください。玉手箱管理人
家庭用品そろうセシール
     セシール
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
仮面ライダーガイム
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]携帯 就職