忍者ブログ
玉手箱は、ブログ開始時の名前「夢の玉手箱」に名前を復刻します。今後もドラマや特撮番組等の予告などについて書いてみます。つたない文章ですが、「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。ご来場、ありがとうございます。
[1951] [1950] [1949] [1948] [1947] [1946] [1945] [1944] [1943] [1942] [1941]

以下は、今回から次回への展開を記事にしたものです。

以下は公式HPでの予告内容に加筆したものです。誤報がありましたらご勘弁ください。

鏡 飛彩(かがみ・ひいろ)は、九条貴利矢(くじょう・きりや)が遺したノートPCからバグスターの能力を書き換えるリプログラミングのシステムを発見する。

これで檀 黎斗(だん・くろと)=ゲンムに対抗できる。

花家大我(はなや・たいが)らと幻夢コーポレーションで、小星 作(こぼし・つくる)が作成した、新たなガシャットに、リプログラミングのシステムのインストールを試みるが、バグスターが社内に乱入してくる。

インストールを花家大我(はなや・たいが)に任せ、鏡 飛彩(かがみ・ひいろ)は花家大我(はなや・たいが)から預かったガシャットギアデュアルベータでブレイブレベル50に変身する。

花家大我(はなや・たいが)もスナイプに変身し、インストールが終わったガシャットを使うが、なぜか起動せず変身を解除してしまう。

仮面ライダーエグゼイド@楽天

檀 黎斗(だん・くろと)からチャーリーバグスターレベル30が出現した。

宝生永夢(ほうじょう・えむ)はエグゼイドに変身、チャーリーを撃破し檀 黎斗(だん・くろと)を治療する。

しかし、すべては檀 黎斗(だん・くろと)のワナだった。

衛生省による逮捕を免れるため、自らバグスターウイルスに感染し、宝生永夢(ほうじょう・えむ)の優しさを利用しただけだった。

檀 黎斗(だん・くろと)はゲンムレベルエックスに変身。

エグゼイド・マイティブラザーズXXを圧倒し、ドライバーを腐敗させてしまう。

勝ち誇る檀 黎斗(だん・くろと)は鏡 飛彩(かがみ・ひいろ)と花家大我(はなや・たいが)の前を悠然と通り幻夢コーポレーションへ。

社長室に復帰すると仮面ライダークロニクルの完成へと作業を再開するのだった。

第23話  極限のdead or alive! 2017年3月19日放送

「檀 黎斗(だん・くろと)の陰謀を阻止せよ!」

ついに衛生省からも通達が下る。

究極のゲームと呼ばれる『仮面ライダークロニクル』の完成を目前にした檀 黎斗(だん・くろと)は、自分をゲーム病に侵してまでその目的を果たそうとしていた。

その暴走は、もう何にも止められない領域にまで来ていた。

ただ一つ、監察医・九条貴利矢(くじょう・きりや)が遺したリプログラミングのシステムを搭載したガシャットという希望を残しては……。

しかし、花家大我(はなや・たいが)が使っても変身を解除してしまったガシャット。

使用は本当に可能なのか? 

そんな中、ふたたびゲンムXが街で暴れ始める。

檀 黎斗(だん・くろと)=ゲンムに対抗するには、九条貴利矢(くじょう・きりや)が遺したシステムがデータとして入った新型ガシャットに頼るほかない。

鏡 飛彩(かがみ・ひいろ)はゲンムレベルエックスとの戦いを宝生永夢(ほうじょう・えむ)と花家大我(はなや・たいが)に任せ、新型ガシャットの分析を急ぐ。

バグスターの遺伝子を書き換える力を持つ新型ガシャット。

鏡 飛彩(かがみ・ひいろ)は、マイティブラザーズXXを生み出した宝生永夢(ほうじょう・えむ)なら使えるのでは、と判断する。

ゲンムレベルエックスと戦うエグゼイドに新型ガシャットを託すのだった。

(仮面ライダーエグゼイドについての情報です)

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
最新記事
(07/16)
(07/09)
(07/02)
(06/25)
(06/18)
(06/11)
(06/10)
(06/04)
(06/03)
(05/28)
(05/27)
(05/21)
(05/20)
(05/14)
(05/13)
(04/30)
(04/29)
(04/23)
(04/22)
(04/16)
(04/09)
(04/08)
(04/02)
(03/27)
(03/26)
ブログ内検索
連絡先
リンク
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 夢の玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]