忍者ブログ
玉手箱は、ブログ開始時の名前「夢の玉手箱」に名前を復刻します。今後もドラマや特撮番組等の予告などについて書いてみます。つたない文章ですが、「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。ご来場、ありがとうございます。
[1542] [1541] [1540] [1539] [1538] [1537] [1536] [1535] [1534] [1533] [1532]

仮面ライダー3号については年末から盛んに報道がされていますが、以下は、「映画.com ニュース」さん2015年1月28日付けの記事を引用しつつ、加筆して記事にしています。

歴代ヒーローがスクリーンで共闘する「スーパーヒーロー大戦」シリーズ最新作「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のキャスト発表会見が2015年1月28日、東京・品川プリンスホテルであり、原作者・石ノ森章太郎が40年以上前に構想していた幻のライダー「仮面ライダー3号・黒井響一郎」を及川光博氏が演じることが明かされた。

無類のライダーファンである及川光博氏は3号の愛車であるトライサイクロンを前に、「温かい拍手をありがとう!誰かと思ったら、ミッチーでした!」と笑顔を振りまいた。

 

会見には、映画の主役となる仮面ライダードライブ役の竹内涼真氏も出席した。

オファーを受けた感想を聞かれると、及川光博氏は「きたあー!と思いました。人生まさかの展開!」と大興奮。

「子どものころ、同世代の皆さんライダーごっこしましたよね。夢がかないましたし、竹内君と同じ年ごろに俳優を志して、ヒーローオーディションを受けて落ちたりしていた。ダブルで夢がかなった」とライダー愛を爆発させた。

物語は、仮面ライダー1号と2号が、突如現れた仮面ライダー3号に敗れ、世界はショッカーに支配されてしまうという筋書きだ。

及川光博氏は「冒頭のシーンが衝撃で、1号と2号を倒していいの、ダメでしょうと驚きました」と話し、見どころを「僕の変身シーンです!」と自信満々にアピールした。

仮面ライダー3号については、1971年4月から73年2月まで放送されたシリーズ第1作「仮面ライダー」で仮面ライダー1号、2号の人気が沸騰した当時、その勢いに乗って3号を生み出す話が持ち上がり、石ノ森もその準備を進めていたと言われている。

その証拠に、1972年年10月1日発行の「別冊たのしい幼稚園」10月号に掲載された漫画「3ごうライダー対ブラックしょうぐんのまき」には3号が登場していた。

しかし、より斬新なキャラクターにすべく、3人目のライダーはV3となり、1973年2月にテレビシリーズ第2作「仮面ライダーV3」が放送を開始し、3号の企画は途絶えたと伝えられている。

今回の映画の主役は現在放送中の平成ライダーシリーズ最新作の「仮面ライダードライブ」の主人公でもあるドライブが務めるが、物語はドライブと3号が出会うところからスタートするという。

3号は、ライダーが車に乗るという掟破りの活躍で話題を集めているドライブ同様に、トライサクロインという愛車に乗って登場する。

「なぜ3号が存在するのか」という謎が物語の中で紐解かれていく。

及川光博はライダースーツを着ての撮影もあったそうで、「人生で自慢できることのひとつ。現場のスタッフがライダー愛にあふれていて、楽屋から登場した瞬間、撮影会が始まりました」。

スーツのディテールにも言及し、「ベルトのマークとかも、立花レーシングじゃなくてショッカーのマーク。そういう細かいところに、胸が熱くなる、略して胸アツ」と熱っぽく魅力を語っていた。

最後には、仮面ライダー1号・2号とともに写真撮影を行い、変身ポーズをフルバージョンで披露。「興奮する!」とはしゃいでいた。

「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」は、3月21日から全国公開される。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
連絡先
リンク
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 夢の玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]