忍者ブログ
玉手箱は、ブログ開始時の名前「夢の玉手箱」に名前を復刻します。今後もドラマや特撮番組等の予告などについて書いてみます。つたない文章ですが、「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。ご来場、ありがとうございます。
[1016] [1015] [1014] [1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006]
株式会社バンダイナムコホールディングスの2013年3月期決算短信が2012年11月2日に公開されました。

キャラクター商品での、仮面ライダーシリーズの売り上げですが、仮面ライダーの放送期間(9月~8月)と、会計年度(4月~3月)とのズレがあるため、ピタッとはまりませんが、半期ベースでみて、オーズ+フォーゼ で283億円売り上げています。ダブルからキャラクター商品の売り上げは堅調のようですね。

♪ 仮面ライダーウィザード 楽天一覧へGO!!

ガイアメモリー、コアメダル、アストロスイッチ、そして、ウィザードリング、子供たちへの売り込みは順調のようです。まいりました。

売上(億円)

         2010.3  2011.3    2012.3             2013.3
         通期    通期  上半期 通期  上半期 通見込
仮面ライダー 175     230    133    283   112     240
                 ディケイド    ダブル  オーズ    オーズ+フォーゼ     


バンダイナムコホールディングスさん自身がどう考えいるかは、次の説明から読み取れます。以下、決算短信から引用します。

[トイホビー事業]

トイホビー事業につきましては、国内において「仮面ライダーフォーゼ」や「スマイルプリキュア!」などの定番キャラクター商材の販売が、玩具を軸としたカテゴリー連動の展開により好調に推移しました。また、「ドラゴンボールヒーローズ」などのデジタルカード、「バトルスピリッツ」などのトレーディングカードを中心に、カードゲームが順調に推移しました。なお、全てのカテゴリーで国内圧倒的No.1を目指すなか、小学生男児へ向けて「ダンボール戦機」の展開を強化するとともに、新キャラクター投入へ向けて広告宣伝費等の先行コストを計上しました。


一方、海外においては、欧米における収支改善を目指すなか、「Power Rangers(パワーレンジャー)」シリーズの商材の販売が順調に推移しました。また、アジア地域においては、日本と連動した展開により、キャラクター玩具に加えて、プラモデルや大人向けのコレクション性の高い玩具が人気となりました。

この結果、トイホビー事業における売上高は39,950百万円(前年同期比2.0%増)、セグメント利益は3,953百万円(前年同期比21.5%減)となりました。

今後の経済情勢は、国内における個人消費の低迷や欧米の景気低迷に加え、円高の影響もあることから、厳しい状況が継続すると予測されます。また、当社グループを取り巻くエンターテインメント業界の事業環境もこの影響を受け、不透明な状況が続くものと想定されます。

このような状況下、当社グループは当期よりスタートした3ヵ年の中期計画で掲げた戦略を着実に実行し、中長期的な成長につなげてまいります。

トイホビー事業につきましては、国内においては、「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズ、「プリキュア」シリーズなどの定番キャラクターによる、玩具を軸としたカテゴリー連動の展開を強化してまいります。

また、国内圧倒的No.1のポジションを目指すなか、カードゲーム、小学生向けのプラモデル、大人向けのコレクション性の高い玩具、乳幼児向け玩具など、ターゲット拡大へ向けた新たな商品・サービスを投入してまいります。

海外においては、欧米一体のブランドマネジメントの強化により、主要コンテンツの「Power Rangers(パワーレンジャー)」シリーズの商材を中心に収益性の改善をはかります。また、アジアにおいては、日本で人気のプラモデルや大人向けのコレクション性の高い玩具などを中心に、日本と連動した展開による成長を目指してまいります。





それにしても、コアメダルとアストロスイッチで、283億円を、幼児・児童層から稼ぐとは。

バンダイナムコホールディングス、恐るべし。 管理人の小遣いも、もっていかれました。


(仮面ライダーに関する情報です)

拍手[14回]

PR
ブログ内検索
連絡先
リンク
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 夢の玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]