忍者ブログ
玉手箱は、ブログ開始時の名前「夢の玉手箱」に名前を復刻します。今後もドラマや特撮番組等の予告などについて書いてみます。つたない文章ですが、「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。ご来場、ありがとうございます。
[106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96]

仮面ライダーダブルの左 翔太郎が、テレ朝木曜ドラマで、警視庁の若き天才プロファイラー・御子柴 衛役で、レギュラー出演することが分かりました。
 
なんだか、刑事ドラマですけど、フリィップみたいな役どころですね。

船越英一郎主演の新ドラマ「ホンボシ~心理特捜事件簿」が、2011年1月20日からテレビ朝日で放送開始、番組サイトには予告動画が公開されている。

船越英一郎が新たに主演を務めるのは、元心理学者の捜査官・桐島孝作。これまでのドラマでは熱い男を演じてきた船越が、本作ではシニカルな異端児をクールに熱演する。

ドラマの舞台は、京都府警本部内に新設された「特別捜査支援班」。心理学、刑事捜査、鑑識、犯罪プロファイリングという異なった分野から選抜されたメンバーが4つの視点から多角的に事件を分析し捜査にあたる。各分野のプロたちのリアルな捜査がドラマの見どころだ。

各分野のプロを演じるのは、支援班のリーダーで刑事捜査のプロ・真田英俊に高嶋政宏、鑑識のプロ・友枝凛子に大塚寧々、若き天才プロファイラー・御子柴衛に桐山漣が扮する。桐山は、「仮面ライダーW」で人気を博したイケメン俳優。揃って個性的な面々がドラマを盛りたてる。

彼らの捜査の基本は、心証・人証・物証・データの4つ。この4つをがっちり組み合わせて、意外な真犯人=ホンボシを見抜いていく。

数多くいる容疑者の仲からアッと驚く展開の中で真犯人が現れる場面が一番の見どころだ。

また、ホンボシではないが、誰しも秘密を抱えているというコンセプトで、関係者の秘密が次々と紐解かれていくのも見逃せない見どころとなりそうだ。

「ホンボシ~心理特捜事件簿」は、1月20日よりテレビ朝日にて、毎週木曜日夜8時から放送開始。番組予告動画は、番組サイトで視聴できる。

 
  

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
ブログ内検索
連絡先
リンク
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 夢の玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]