忍者ブログ
玉手箱は、ドラマ、アニメ、特撮番組等の解説、予告や補足情報を書いています。「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

♪ 人とは違う自転車に乗りたい方は個性派自転車を探されるといいです。

♪ 秋の花はコスモスですね~

【予告】

最終話 「変身!そして未来へ」 2014年9月28日放送予定

 駆紋戒斗(くもん・かいと)を倒し黄金の果実を手に入れ、“始まりの男”となった葛葉紘汰(かずらば・こうた)と、“始まりの女”となった高司 舞(たかつかさ・まい)は、人間でない者へと進化し、宇宙へのクラックを開き、ヘルヘイムの植物、インベスを連れ去り、別の惑星へと旅立った。

新たな世界構築のため旅立ったのだ。

地球上からヘルヘイムが消滅して7ヶ月。

兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)との生活を再開させた呉島光実(くれしま・みつざね)だったが、いまだにビートライダーズたちの輪に加わろうとはしていなかった。

呉島光実(くれしま・みつざね)の気持ちは沈んだまま、兄との間はまだぎこちなく、時だけが流れていた。

一方、呉島貴虎(くれしま・たかとら)は、葛葉 晶(かずらば・あきら)を相手にシャルモンで自らの力のなさを吐露する。

自分も弟のことはわかっていなかった、という葛葉 晶(かずらば・あきら)の言葉を聞き、葛葉紘汰(かずらば・こうた)への思いをはせる。





活気を取り戻しつつある沢芽市。

ビートライダーズのダンスに観客も戻ってきていた。

が、そんな平穏な時間を打ち破るようにイナゴの大群が襲い掛かってきた。

「まさか、インベス?」

そこに突然現れる、新たなアーマードライダー。

「滅びるがよい!」と宣言するそのライダーは自らを仮面ライダー邪武(ジャム)を名乗る。

ヘルヘイムが消滅したはずの沢芽市に新たな危機が迫る。

生き残ったザックが仮面ライダーナックルとなり、黒影に変身するペコが対応するが歯が立たない。

城乃内秀保(じょうのうち・ひでやす)、そして呉島光実(くれしま・みつざね)もが、戦極ドライバーを手に、邪武(ジャム)とイナゴ怪人に立ち向かおうとする。

♪ 耳掃除の決定版は耳掃除機ですね。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[7回]

PR

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

♪ リーガル 防水透湿 ゴアテックスサラウンドシステムの靴は未来を先取りしています!


【予告】

第46話 「運命の勝者」 2014年9月21日放送予定

湊耀子(みなと・ようこ)は、ザックの小型爆弾による駆紋戒斗(くもん・かいと)暗殺計画を察知し、駆紋戒斗(くもん・かいと)を守るために、自らが盾になり爆発に巻き込まれる。

湊耀子(みなと・ようこ)は、戒斗の生き方に魅せられ、その生き様を見届ける決意をするが、戒斗をかばい自ら命を落としてしまう。

ヘルヘイムの果実を口にし、皆に別れを告げ、決戦へ向かう葛葉紘汰(かずらば・こうた)。

「戒斗ぉー!」

「ぁー!」

弱さに痛みしか与えず、強くなるしかなかった今の世界を滅ぼそうとする駆紋戒斗(くもん・かいと)。

そうはさせまい、と今の世界を、人々を守ろうとする葛葉紘汰(かずらば・こうた)。

仮面ライダー鎧武 極アームズ、ロード・バロンへと進化した2人は、黄金の果実を高司 舞(たかつかさ・まい)から手に入れるべく、激しくぶつかり合う。

並行世界へ迷い込んだ舞の目の前でも、ぶつかり合う鎧武とバロン。

どうあっても二人は決着をつけなくてはならない運命なのか?

弱者の痛みを知り、戒斗の目指す未来も理解できる高司 舞(たかつかさ・まい)。

今は、見届けることしか出来ない。

最後の戦いの勝者は?

♪ 耳掃除の決定版は耳掃除機ですね。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[7回]

ヘルヘイムの森は新たに侵食している世界のために、新たな「知恵の実」=黄金の果物を一つだけ結実させる、という話になっています。

 

王ロシュオは「始まりの女」=王妃からフェムシンム族用「知恵の実」=黄金の果物を得て、フェムシンム族を森に適応した新たな種族へと進化させた、ということになっています。

♪ リーガル 防水透湿 ゴアテックスサラウンドシステムの靴は未来を先取りしています!

ところが、王ロシュオは、その後、人類用の結実した「知恵の実」も確保してしまい、それを死んだ王妃に捧げ彼女を蘇らせようとします。

つまり、王ロシュオは、次の2つの「知恵の実」=黄金の果物を保持していたわけです。

① フェムシンム族用「知恵の実」=黄金の果物
② 人類用「知恵の実」=黄金の果物

このうち②の人類用について、王ロシュオは、高司 舞(たかつかさ・まい)に与え、彼女を「始まりの女」にします。




王ロシュオの手元には、①フェムシンム族用「知恵の実」だけが残っているわけです。

かねてから、「知恵の実」=黄金の果物を狙っていたオーバーロード・レデュエは、王ロシュオの隙を狙って、王の背後から襲い、ロシュオに致命的なダメージを与え、王の体から「知恵の実」=黄金の果物を抜き取ります。

しかし、レデュエが手にとった黄金の果物は、たちまちのうちに、腐り果ててしまいます。

レデュエは、怒り心頭で、ロシュオに、黄金の果物はどこだ、と問いただしながらも、剣でロシュオにとどめをさしてしまいます。

以上の展開があったわけですが、ここで疑問なのが、フェムシンム族用「知恵の実」=黄金の果物がなぜ、あっけなく腐り果ててしまったのか? という点です。

♪ 美味しくて、健康によいお茶を自分のボトルに入れて愛飲したいものです。

「知恵の実」は定められた特定の者しか適合しないのでしょうか。

始まりの女を通してでしか、「知恵の実」は相手に渡すことができないのでしょうか。

もしそうなら、レデュエのように無理に奪取しても、「知恵の実」はレデュエに適合せず、腐り果ててしまったのでしょうか。

 


あるいは、「知恵の実」は保持する者の命と連動していて、王ロシュオの命が終わろうとしたため、「知恵の実」もまたその使命を終え、腐り果てたわけでしょうか。

知略家で、考え深いレデュエであれば、そこまで予想しそうな気もしますが、どうも疑問が残るロシュオの最後でした。

♪ 耳掃除の決定版は耳掃除機ですね。

また、死んだはずの王妃が一時的に実体化して、王ロシュオを弔(とむら)うのですが、これは、レデュエが、人類の生命エネルギーを王妃の石棺(せっかん)に送り続けた結果、王妃が一瞬ながら復活できたんでしょうか。この点も疑問ではあります。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[6回]

次回は、実質的な最終話である、駆紋戒斗(くもん・かいと)と葛葉 紘汰(かずらば・こうた)との決着編です。

チカラを求める気持ちと、友を想うザックの友情。

無欲に人類を救う道を求める葛葉 紘汰(かずらば・こうた)。

駆紋戒斗(くもん・かいと)を最後まで見届ける湊耀子(みなと・ようこ)は「終わりの女」となるのか?

そして、ロード・バロンとの戦いの後に、更なる脅威が迫る。

黄金の果実は、奇跡を起こせるのか。

♥ ヒルトンの格好いいメッシュなカジュアル靴で散歩が待ち遠しくなります。

【予告】

第45話 『運命の二人 最終バトル!』 2014年9月14日放送予定

「俺は黄金の果実を手に入れ、世界を創り変える。誰にも邪魔はさせない」

駆紋戒斗(くもん・かいと)は湊耀子(みなと・ようこ)、ザックを引き連れ、クラックを開くと大量のインベスを解放する。

インベスを引き連れ、沢芽市の外へと打って出ようとする。

驚異的な速さで傷を治しつつある葛葉紘汰(かずらば・こうた)は、駆紋戒斗(くもん・かいと)を止めるべく、ガイムに変身する。




ただ、ロード・バロンの強烈な一撃に吹き飛ばされた葛葉紘汰(かずらば・こうた)。

葛葉紘汰(かずらば・こうた)は、傷の痛みに苦しみながら鎧武(ガイム)極アームズへと変身、駆紋戒斗(くもん・かいと)の決意を聞き「俺が止める」と、再び立ち向かう。

互角な戦いを展開する両者だったが、完治していない傷に苦しむ鎧武(ガイム)。

それでも必死で戦っていると、突然ザックが仮面ライダーナックルに変身する。

駆紋戒斗(くもん・かいと)を加勢すると飛び込んできたのだ。

ザックまで…。

しかし、ザックは鎧武(ガイム)に接近戦を挑むと、「今は退け」と助言する。

仮面ライダーナックルの必殺の一撃で、鎧武(ガイム)を遠くまで弾き飛ばす。

変身を解除した葛葉紘汰(かずらば・こうた)は、助言に従い逃走する。

そして、ロード・バロンとの戦いを回避することに成功する。

「ザック…どうするつもりなんだ?」

なんとか安全な場所へとやってくると倒れ込む葛葉紘汰(かずらば・こうた)。

「戒斗のアレは、何なんだ!」

鎧武(ガイム)のガレージでは、葛葉 紘汰(かずらば・こうた)を中心に城乃内秀保(じょうのうち・ひでやす)、凰蓮・ピエール・アルフォンゾらが、ロード・バロンに変身する力を身に付けた駆紋戒斗(くもん・かいと)に脅威を感じていた。

まるでオーバーロードのような力を身につけ、さらには世界を滅ぼす、と宣言するとは。

凰蓮・ピエール・アルフォンゾ、城乃内秀保(じょうのうち・ひでやす)は、ロード・バロンらによって、ベルトと錠前が壊されてしまいまい、変身能力を失っている。

そのころ、駆紋戒斗(くもん・かいと)は、奇妙な夢の中で高司 舞(たかつかさ・まい)と再会していた。

高司 舞(たかつかさ・まい)の前で改めて古いもの、弱いものは消え、強くて新しいものだけが生き残る、と言い放つ駆紋戒斗(くもん・かいと)。

戦いに最強の男として生き残り、高司 舞(たかつかさ・まい)を、黄金の果実を手に入れると宣言する。

翌日、二人の決着をつけよう、と葛葉紘汰(かずらば・こうた)に向かって宣言する駆紋戒斗(くもん・かいと)。

世界を滅ぼし、黄金の果実を手に入れるのだ。

駆紋戒斗(くもん・かいと)の決意は揺るぐことはない。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は、ザックの行動が気になっていた。




駆紋戒斗(くもん・かいと)と共闘するザック(仮面ライダーナックル)が、ペコに凰蓮・ピエール・アルフォンゾへの手紙を託した。

その手紙を読んだ凰蓮・ピエール・アルフォンゾはあるものの制作にとりかかる。

ザックは一人、作戦を立て、凰蓮・ピエール・アルフォンゾに連絡をとったのだ。

一方、呉島光実(くれしま・みつざね)は変身能力を失い、事態の進行をただ傍観するだけだった。

そして、駆紋戒斗(くもん・かいと)は、ザック、湊耀子(みなと・ようこ)とともに、全人類と戦うためのインベス軍団を結成し始めた。

駆紋戒斗(くもん・かいと)を止めようと、一人向かう葛葉 紘汰(かずらば・こうた)。

涙なくしては見られない、未来をかけての、二人の最終決戦・決着がつく。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[8回]

戦極凌馬(せんごく・りょうま)はなぜ転落死したのか?

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、 ヘルヘイムの果実を“安全な形で取り扱う”ことを目的にロックシード、戦極ドライバーを開発。量産型ドライバー、さらには高性能のゲネシスドライバー開発に成功し、自らは仮面ライダーデュークに変身するチカラを得た。



戦極凌馬(せんごく・りょうま)は黄金の果実を採り出すため、高司 舞(たかつかさ・まい)を犠牲にして、その体から取りだしてしまう。

高司 舞(たかつかさ・まい)の肉体は死んでしまったが、黄金の果実自体が高司 舞(たかつかさ・まい)の精神体と一体化し、「始まりの女」へと進化してしまう。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、黄金の果実を手に入れようと策を弄するが結局失敗してしまい、冷静さを失ってしまう。

仮面ライダーデュークと駆紋戒斗(くもん・かいと)との戦い。

駆紋戒斗(くもん・かいと)はヘルヘイムの毒が回っている自らの体を逆手にとり、ついにヘルヘイムの果実を口にしてしまう。

そんな暴走に驚く凌馬と耀子の前で、全身を襲う激痛に耐える駆紋戒斗(くもん・かいと)。

次の瞬間、戒斗はオーバーロード、ロード・バロンへと変身していた。

化け物?いや、駆紋戒斗(くもん・かいと)はロード・バロンとなっても、自らの意思を失ってはいなかった。

冷静に凌馬に向かっていくと、圧倒的な力でデュークを翻弄。

強烈な一撃で戦極凌馬(せんごく・りょうま)をビルの外壁に叩き付ける。




ヘルヘイムの果実のチカラをドライバーという技術を使わずに直接にものにした駆紋戒斗(くもん・かいと)の進化に正気を失い、戦極凌馬(せんごく・りょうま)は致命的なダメージを負ってしまう。

かろうじて立ち上がった戦極凌馬(せんごく・りょうま)は「いずれ貴様は破滅する…」というセリフを残し、ビルの屋上から足を踏み外し、転落してしまう。


♥ トッキュウジャーについては「からくり箱」へ

戦極凌馬(せんごく・りょうま)はなぜ転落死したのか?

あれほど、計算高く行動する戦極凌馬(せんごく・りょうま)がなぜ、ビルからの落下という、ミスで終わってしまったのか?

その理由は、

脳しんとうを起こしてしまい、周囲の状況が分からなくなって、ビルから落ちるという事故となった。
②ロード・バロンに殺されるより、自死を選択した。
③ダメージがひどく、時間の問題で死ぬことを自覚し、ビルから身を投げた。

などが考えられますが、再度、ゲネシスドライバーを装着すれば、生命エネルギーがドライバーから供給されますから、少し体力は回復できたはずです。

先を読む戦極凌馬(せんごく・りょうま)なら、落ちていたゲネシスドライバーをひろい、再度、装着し、仮面ライダーデュークとなり、「決着はいずれ・・」とか、ハアハアになりながらも、その場を離脱しそうですが。

管理人は、先を読めなかった戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、①の状態ではなかったのかと見ています。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[8回]

強い意志があったから駆紋戒斗(くもん・かいと)は人間の意思を失わず、インベスを通りこして、一挙に、オーバーロードへと進化したんでしょうか。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は大きなダメージを追いながら、ふらふらと、自分からビルの屋上から落ちてしまいました。

しかし、龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズは、なぜオーバーロード・レデュエの武器を持っていたんでしょうか。

変身能力を失い、高司 舞(たかつかさ・まい)を失った呉島光実(くれしま・みつざね)は絶望し、気力を失います。

♥ ヒルトンの格好いいメッシュなカジュアル靴で散歩が待ち遠しくなります。

【予告】

第44話 「二人の目指す未来は」 2014年9月7日放送予定

黄金の果実の力で、すべての悲しい運命を変えようと試みる高司 舞(たかつかさ・まい)は、時空の狭間を縫うように過去へと戻って行く。

ビャッコインベスと戦う鎧武(ガイム)、ヘルヘイムの森で戦うバロン、さらに龍玄に変身したばかりの光実の前で、自らの言葉を口にしようとするが、思うように話すことが出来ない。

伝えたい言葉が歪んでしまう、これが運命なのか?

いかに無力であるかを思い知らされた舞は、何も出来ずに時空を漂流する。

駆紋戒斗(くもん・かいと)は強大な力を得るため、自らヘルヘイムの森の果実を口にし、ロード・バロンに変身する力を身に付ける。

戒斗はロード・バロンとなっても、自らの意思を失ってはいなかった。

「俺は何者にも屈しない……俺を滅ぼす運命にさえ!」

戦極凌馬(せんごく・りょうま)が残したゲネシスドライバーとレモンエナジーロックシードを拾い上げた湊耀子(みなと・ようこ)は、戒斗を恐れるように見つめてたたずむ。

駆紋戒斗(くもん・かいと)の生き方に魅せられ、その生き様を見届ける決意をしていた自分だったが。

黄金の果実の力を受け入れ、葛葉紘汰(かずらば・こうた)らの過酷な運命を変えようとした高司 舞(たかつかさ・まい)だったが、結局は何も出来ずに時空を漂流するだけだった。

そんな高司 舞(たかつかさ・まい)は、アーマードライダーたちが戦う世界へとたどり着く。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)を倒した駆紋戒斗(くもん・かいと)は、サガラから舞が“始まりの女”となり、並行世界に迷い込んだことを聞かされる。

そんな高司 舞(たかつかさ・まい)を取り戻すには、黄金の果実を受け取る人間なればいいと言う。

「ついに世界そのものに挑む時がきたようだ」

サガラの説明を聞いた駆紋戒斗(くもん・かいと)は決意を新たにする。



駆紋戒斗(くもん・かいと)は、インベスを呼び出し、この世界を新しく作り変えることを宣言する。

そんな駆紋戒斗(くもん・かいと)に従うことを決めた湊耀子(みなと・ようこ)。

駆紋戒斗(くもん・かいと)の暴走を止めるべく立ち向かう凰蓮・ピエール・アルフォンゾと城乃内秀保(じょうのうち・ひでやす)。

突然のことにとまどうザック(仮面ライダーナックル)は困惑してしまう。

一方、龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズの一撃により倒された葛葉紘汰(かずらば・こうた)をチャッキーとペコが見つけ、ガレージへと運ぶ。

深い傷を負った葛葉紘汰(かずらば・こうた)は、意識を失ったまま、不思議な夢を見る。

そこに“始まりの女”になった高司 舞(たかつかさ・まい)が現れる。

葛葉紘汰(かずらば・こうた)と駆紋戒斗(くもん・かいと)。

二人が目指す異なる世界。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[12回]

一つの「黄金の果実」を奪い合う、イス取りゲームも最終盤に入りました。

①呉島光実(くれしま・みつざね)が変身能力を失い、ゲーム参加から退場。
②戦極凌馬(せんごく・りょうま)が駆紋戒斗(くもん・かいと)との一騎打ちで退場

と続き、最終話に向けて、葛葉 紘汰(かずらば・こうた)と駆紋戒斗(くもん・かいと)との一騎打ちとなるようです。

悲しい展開ですねぇ・・ 湊耀子(みなと・ようこ)は最後まで見届けるようです。

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 蒸れないメッシュ靴で足元は軽やかです。

【予告】

第43話 「バロン 究極の変身!」 2014年8月31日放送予定

戦極凌馬(せんごく・りょうま)によると、高司 舞(たかつかさ・まい)は黄金の果実によってオーバーロードとなる可能性が高いという。

舞を化け物にするわけにはいかない。




そんな呉島光実(くれしま・みつざね)に戦極凌馬(せんごく・りょうま)は舞の体から黄金の果実を摘出する、というのだが、紘汰の存在が邪魔になるという。

世界を救うために自らがオーバーロードになっても平気な紘汰は、なんとしても舞から黄金の果実を手に入れようとするはずと言う。

危険な紘汰に舞の治療の邪魔をされたくない。

凌馬の言葉を鵜呑みにした呉島光実(くれしま・みつざね)は、凌馬が差し出したロックシードを手に取る。

そのロックシード、ヨモツヘグリ・ロックシードは装着者の生命力を吸収し強大な力を発揮する。

ということは、装着者の命を奪う危険性をはらんでいる。

自分の命を犠牲にしても舞を救いたい。

呉島光実(くれしま・みつざね)はヨモツヘグリ・ロックシードを力強く握りしめる。

舞を探す紘汰の前に、覚悟を決めた光実が現れた。

戦いはやめよう、という紘汰だが、呉島光実(くれしま・みつざね)はヨモツヘグリ・ロックシードを装着。

龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズへと変身する。

しかし、たちまち生命力を吸収され、苦しみ始める龍玄。

それでも態勢を立て直すと紘汰に向けて攻撃を開始する。

変身もせず必死で逃げる紘汰は、ヨモツヘグリ・ロックシードの危険性を察知する。

早く変身を解け、と叫ぶが、龍玄・黄泉はなおも攻撃を仕掛けてくる。

やむなく紘汰も鎧武(ガイム)カチドキアームズへ変身。

しかし、龍玄・黄泉の圧倒的なパワーに鎧武(ガイム)カチドキアームズといえど為す術もなく圧倒されてしまう。

その一方で力を使うたびに生命力を奪われる龍玄・黄泉は苦しみもだえる。

お前の体が持たない!

必死で説得する鎧武(ガイム)カチドキアームズだが、自らも覚悟を決めて極アームズへとチェンジする。

苦しみを押さえつけ、極アームズに襲いかかる龍玄・黄泉。

迷いを捨てその攻撃を跳ね返そうとする鎧武(ガイム)極アームズ。

両者の壮絶な戦いは、果てるともなく激しさを増していく。

果てしなく続く鎧武(ガイム)極アームズと龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズの戦い。

その頃、戦極凌馬(せんごく・りょうま)は眠り続ける舞から、黄金の果実の摘出手術を試みる。

夢の中をさまよう高司 舞(たかつかさ・まい)は、黄金の果実を手に入れてしまった運命を受け入れる。

黄金の果実のチカラで戦極凌馬(せんごく・りょうま)は弾き飛ばされてしまう。

高司 舞(たかつかさ・まい)は、万能の力を持つ黄金の果実で、みんなの運命を変えられればと覚悟する。

高司 舞(たかつかさ・まい)はわずかな可能性に賭けたのだ。

一方、龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズが渾身の一撃を鎧武(ガイム)極アームズに放った。

鎧武(ガイム)もそれに対抗して…と思われたが、鎧武(ガイム)はヨモツヘグリロックシードをもぎ取り、龍玄の変身を解除させていた。

龍玄の強烈な一撃をまともに浴び、苦しげな葛葉 紘汰(かずらば・こうた)だが、それでも呉島光実(くれしま・みつざね)を許すという。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)の優しさに圧倒される光実。

しかし、気付くのが遅かった。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)はついに力尽きて倒れてしまう。

そのころ、戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、駆紋戒斗(くもん・かいと)と対峙し、バロン(戒斗)を追い詰めていた。

オーバーロード・レデュエがつけた傷からの、ヘルヘイムの浸食に苦しめられてきた駆紋戒斗(くもん・かいと)。

追い詰められ、駆紋戒斗(くもん・かいと)は決意する。

ヘルヘイムのチカラを飲み込み、自らが進化することを。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[10回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 蒸れないメッシュ靴で足元は軽やかです。

【予告】  

第42話 「光実!最後の変身!」 2014年8月24日放送予定



極アームズとなってロシュオに攻撃を仕掛けるが、最後にはカチドキ・ロックシードにヒビが入り変身を解除してしまう。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)に戻ってしまう。

しかし、ロシュオは紘汰の強い決意に満足する。

「紘汰よ…確かに見届けたぞ。お前の覚悟を」

そのときレデュエの攻撃がロシュオを背後から貫いた。さすがのロシュオもがっくりとヒザをつく。

勝ち誇ったレデュエはロシュオから黄金の果実を奪いとった。

ついに世界の全てをもてあそぶ力が私のものに、と喜ぶレデュエだったが、黄金の果実はニセモノだった。

レデュエの手の中で干からびたリンゴと変化する。

本物の黄金の果実はどこへ!?

怒りを露にしたレデュエはロシュオにとどめを刺してしまう。

そんなレデュエに今度は紘汰の怒りが爆発した。

「お前みたいなヤツは、俺がたたきつぶす!」




葛葉 紘汰(かずらば・こうた)はヒビが入ったカチドキ・ロックシードを自らの手の中で再生してしまう

そして、再び鎧武(ガイム)極アームズへと変身する。

完全に迷いを捨てた鎧武(ガイム)極アームズにとって、レデュエはもはや敵ではなかった。

圧倒的な力でレデュエを追い詰めると、ついには強烈な一撃で粉砕する。

その姿を見た駆紋戒斗(くもん・かいと)は、葛葉 紘汰(かずらば・こうた)がすでにオーバーロードとなったことを知り、怒りにも似た嫉妬を抱く

そして、呉島光実(くれしま・みつざね)は黄金の果実が高司 舞(たかつかさ・まい)に託されたことを悟り、駆け出していく。

そんな呉島光実(くれしま・みつざね)を見ていた戦極凌馬(せんごく・りょうま)デュークも同様に…。

一方、チーム鎧武(ガイム)のガレージへと倒れ込むように戻ってきた高司 舞(たかつかさ・まい)。

心配するチャッキーらに「大丈夫」と答えるが、その目は赤い光りを帯びて…。

誰もいなくなったヘルヘイムの森には王ロシュオの亡骸が。

そこへ現れた王妃がやさしく寄り添った。

人類の未来がフェムシンムとは違うものになることを…。

切ない祈りとともに、王妃は光を放ち消えて行く。

そして、愛するロシュオと永遠に寄り添うことを誓うのだった。

DJサガラは、フェムシンム族の滅亡を見届けて、静かにその場を去る。

そのころ、鎧武(ガイム)のガレージで、高司 舞(たかつかさ・まい)と再会する呉島光実(くれしま・みつざね)。

しかし、高司 舞(たかつかさ・まい)は突然苦しみ始めると、その場に倒れ込んでしまう。

このままでは高司 舞(たかつかさ・まい)が危ない。

駆けつけた戦極凌馬(せんごく・りょうま)の言葉に従い、呉島光実(くれしま・みつざね)は高司 舞(たかつかさ・まい)を病院へと運ぶ。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)と駆紋戒斗(くもん・かいと)は、救出された葛葉 晶(かずらば・あきら)やザックらと合流。

沢芽市に残るインベスを倒し、一息つくが、駆紋戒斗(くもん・かいと)はヘルヘイムをも取り込んで進化すべきだ、という戒斗に愕然とする。

それではオーバーロードと同じじゃないか…。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は戒斗を説得しようとする。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)の診察で、高司 舞(たかつかさ・まい)の身体に黄金の果実が埋め込まれていることが確認された。

なぜロシュオは黄金の果実を高司 舞(たかつかさ・まい)に渡したのか?

首を傾げる2人の前にサガラが現れた。

サガラによって明かされる黄金の果実の真実の秘密。

そして、呉島光実(くれしま・みつざね)が、最後に守りたいもの……、そのために手にする錠前はヨモツヘグリで、龍玄が新アームズへ変身する。

オーバーロードの力を得た紘汰、ヘルヘイムの傷をかかえる戒斗、危険な錠前ヨモツヘグリを手にする光実。

過酷な運命の果てに待ち受けるものは?


(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[16回]

始まりの女=オルナタティヴ舞は、外見は高司 舞(たかつかさ・まい)と同じであるが、ヘルヘイムの森の花を髪飾りにしており、ヘルヘイムの森の植物を制御するオーバーロードと同じ能力があるようです。

既に、いろいろな方が指摘されている通り、ガイム第23話で、DJサガラがオルナタティヴ舞に対して、「あんたに選ばれたことが、何を意味するかも・・・な。」という発言をしていますので、始まりの女=オルナタティヴ舞が、DJサガラにある使命を与え、人間界に送ったと解釈できます。

 蒸れないメッシュ靴で足元は軽やかです。

DJサガラが、「始まりの女」と呼んでいるわけですから、ヘルヘイムの森の意志そのものと、ごく近い存在であることが予想されます。

外部世界の侵食しつつ、黄金の果実=知恵の実を結実させ、新たな王を誕生させようとする森の意志。

その森の意志を体現させる存在の一人が「始まりの女=オルナタティヴ舞」であり、初期のオーバーロードというか、プロトタイプのオーバーロードというような存在でないでしょうか。

フェムシンム系オーバーロードたちよりも、はるか以前から、ヘルヘイムの森に存在するオーバーロードであり、相手に擬態できる能力があるため、 高司 舞(たかつかさ・まい)に擬態しているのでしょう。

DJサガラも初期のオーバーロードであり、フェムシンム系オーバーロードとは距離を置く存在でしょう。

そして、フェムシンム系オーバーロードに続く存在として、人間系オーバーロード1号として葛葉紘汰 (かずらばこうた)が誕生しつつあるのでしょう。

(仮面ライダーガイムについての情報です)


拍手[12回]

 究極のチカラである、知恵の実を得たとき、①己が欲望のために使用するのか? ②ヘルヘイムの森の侵略から人類を守るために、そのチカラを使うか? 

 ②のためへの覚悟を固める葛葉紘汰(かずらば・こうた)であるが、同じ次元に、二人の王が並び立つことは許されない。

 王ロッシュと葛葉紘汰(かずらば・こうた)もまた戦う宿命にあるのか?

 最終話まであと約一か月。



以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 蒸れないメッシュ靴で足元は軽やかです。

【予告】  

第41話 「激突!オーバーロードの王」 2014年8月17日放送予定

「お前はもう人間ではないのだ」

黄金の果実の力を手に入れたことでオーバーロードになった葛葉紘汰(かずらば・こうた)は、例えそれが人類を救うためであろうとも、もはや人類にとっては怪物=敵でしかない。

黄金の果実の力を手に入れ、オーバーロードとなる道を選んだ葛葉紘汰(かずらば・こうた)は、自らを犠牲にして人類を救う覚悟を決める。

「俺は俺のために戦う。俺が信じた希望のために」

オーバーロードの力を覚醒させた葛葉紘汰(かずらば・こうた)。

そのころ、戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、一人ユグドラシル・コーポレーションのサーバールームへ潜入していた。

自分が留守にしていた間の呉島光実(くれしま・みつざね)らの行動を記録した映像を再生し、事態を把握するのだった。

自らがオーバーロードになっても人類を、世界を守る決意を固めた葛葉紘汰(かずらば・こうた)。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)の放送で高司 舞(たかつかさ・まい)がロシュオのもとにいることを知ると、駆紋戒斗(くもん・かいと)と合流する。

そして、ともに高司 舞(たかつかさ・まい)の救出ため、ヘルヘイムの森へと向かう。

葛葉紘汰(かずらば・こうた)の姿を見た戒斗は、敏感にその変化を察知する。

「その様子だと、貴様も覚悟を決めたようだな」

駆紋戒斗(くもん・かいと)の言葉に葛葉紘汰(かずらば・こうた)は決然と「俺はもう迷わない」と答える。

そのころ、ロシュオは舞の前でオーバーロード=フェムシンムを滅亡から救うために黄金の果実を手にしたことを悔いていた。

自らの理想のために、愛する王妃をも失ってしまった…と。

しかし、高司 舞(たかつかさ・まい)は王ロシュオに対して「あなたは間違っていない」と涙を流す。

そんな高司 舞(たかつかさ・まい)に驚愕する王ロシュオはある決断をする。

「見分けなければならない」

高司 舞(たかつかさ・まい)を助けにヘルヘイムの森に来た駆紋戒斗(くもん・かいと)と葛葉紘汰(かずらば・こうた)の2人は、王ロシュオと対峙した。

はじめて目の当たりにする王ロシュオの力。

ヘルヘイムの森を意のままに操り、生命をも産み出す力。

そんな神の力を持つオーバーロードの王ロシュオとの戦いが始まる。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

♪ 耳かきでは取れないゴミを、やさしく震動吸引する耳掃除機の便利さ

拍手[10回]

金融情報
お天気
オークション
ニンジャ情報
ブログ内検索
ご注意
無断で、「玉手箱」の記事内容をコピーして、ご自分の記事として使用することは、剽窃(ひょうせつ)・盗用にあたり、著作権を侵害する犯罪です。「玉手箱」の記事を引用される場合は、引用されることと、URL(http://tama.ni-3.net/)を明示ください。玉手箱管理人
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
仮面ライダーガイム
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]データセンター パソコン