忍者ブログ
玉手箱は、ドラマ、アニメ、特撮番組等の解説、予告や補足情報を書いています。「拍手する」をクリック頂けますと、管理人の「励み」になります。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

人間サイドでの悪と正義の戦いは、悪サイドのパワーアップで、8月は、正義サイドが大ピンチになるそうです。

1)追い込まれる葛葉紘汰(かずらば・こうた)
パワーアップした仮面ライダー龍玄/呉島光実(くれしま・みつざね)に圧倒され、極アームズでさえ追い詰められる。しかし、ヨモツヘグリ・ロックシードを使い続けた結果、呉島光実(くれしま・みつざね)のカラダに異変が起きる。

 

2)追い込まれる駆紋戒斗(くもん・かいと)
パワーアップした仮面ライダーデューク/戦極凌馬(せんごく・りょうま)に圧倒され、ゲネシスドライバー、さらに戦極ドライバーも破壊され、仮面ライダーバロンとしての変身までとけてしまう。駆紋戒斗(くもん・かいと)、絶対絶命。戦極凌馬(せんごく・りょうま)はなぜ、そこまでして駆紋戒斗(くもん・かいと)を追い詰めるのか。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[3回]

PR

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】  

第40話 「オーバーロードへの目覚め」 2014年8月10日放送予定 

ユグドラシルへの地下通路を進む葛葉 紘汰(かずらば・こうた)と戦極凌馬(せんごく・りょうま)。

行く手をふさぐ、オーバーロード・シンムグルン。

デュークに変身する戦極凌馬(せんごく・りょうま)。

鎧武(ガイム)はカチドキアームズから極アームズにチェンジ。

すべてを録画するデュークの目の前で、ついに、オーバーロード・シンムグルンにとどめを刺す。

極アームズの恐ろしいまでのパワーを目の当たりにし、研究者としての喜びを抑えきれない戦極凌馬(せんごく・りょうま)。

そんな戦極凌馬(せんごく・りょうま)を横目に変身を解除した紘汰は、いよいよユグドラシルタワーの中枢へと進んでいく。

「みんな…必ず、助ける!」

戦極凌馬(せんごく・りょうま)とともに葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は、ユグドラシルタワーへの潜入に成功する。

地下牢を発見した二人は、そこで、奇妙な装置につながれ、眠っている人々を発見する。

その中には紘汰の姉・葛葉 晶(かずらば・あきら)もいた。

現れたレデュエに怒りを爆発させた紘汰は鎧武(ガイム)に変身する。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)もデュークに変身し、レデュエに襲いかかる。

 

極アームズにチェンジした鎧武(ガイム)に対してレデュエは奇妙なことを口走る。

「お前はもはやこの世界の住人ではない。むしろ我々の仲間(オーバーロード)だよ」

「なぜ、お前はこの世界の人間達のために戦っている? お前はもはや、この世界の人間ではないのだ」

言葉の意味が呑み込めない鎧武(ガイム)は、レデュエの催眠ガスによって眠らされると自らの運命を暗示する夢を見ることになる。
 
そこで明らかになる真実は、オーバーロード化が進んだ葛葉 紘汰(かずらば・こうた)の姿だった。

知恵の実の祝福を受けた者はオーバーロード化する。

その運命を知らされた瞬間だった。

一方、ヘルヘイムの森では、高司 舞(たかつかさ・まい)は王ロシュオに黄金の果実を見せられていた。

知恵の実=黄金の果実のチカラをもってしても王妃を蘇らせることができない。

そこにDJサガラが現れる。

※次週、8月3日(日)は「林修の今でしょ!講座 文学・スポーツ・ラジオ体操 朝から学ぶ!夏休み特別講座 生放送SP」放送のため、「仮面ライダー鎧武/ガイム」はお休みです。第40話の放送は、8月10日(日)になります。ひぇ~ また間のびしますねぇ~

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[10回]

ユグドラシルタワーにつながる地下通路に通り、ついにタワー内に突入した葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちは、姉・葛葉 晶(かずらば・あきら)らが捕らわれている地下牢を発見する。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)によると、人間の生命エネルギーを集めていると言う。

♪ 用途に合ったクレジットカードを得て、カードの利点を使った便利な生活を。

しかし、そこに高司 舞(たかつかさ・まい)はいなかった。

そこに、インベスを引き連れたオーバーロードのシンムグルンが現れる。

葛葉紘汰(かずらば・こうた)はガイムとなり応戦するが圧倒される

♪ 男の白髪染めには、シャンプー式が人気です。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は仮面ライダーデュークとなり、チューニングしたチカラで、オーバーロードと戦う。

♥ 健康を培うアロエベラジュース。注文はネットから。

ガイムは、さらわれた高司 舞(たかつかさ・まい)を探して、ユグドラシルタワー内部を進む。




そのころ、高司 舞(たかつかさ・まい)は、ヘルヘイムの森で、王ロシュオと語り合っていた。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♥ 涼やかなジャスミン茶で快適に

拍手[4回]

太古の時代、高度な文明を誇っていた「フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)」はヘルヘイムの森とのクラックが開き、森に飲み込まれたしまった。

♪ 夏本番、熱中症対策のミネラルウォーターの確保を。

「フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)」の民(たみ)の一部は、知恵の実を得た王ロシュオにより、ヘルヘイムの森の環境下で生存ができる肉体に改造され、知性を維持したまま、怪人(かいじん)・オーバーロードとなった。



それ以外の民(たみ)は、森の実を食べ続け、インベスとなり果て、知性もなく、森の中をさまようだけだった。

「フェムシンム」以前の世界でも、どうような文明の滅亡があった。

♪ 手帳を変えて、毎日に変化と発見を

ラピスもまた、かつてヘルヘイムにいた人間だった。

ヘルヘイムの森という過酷な世界の中で、生き残り、知恵の実のチカラを得た人間の一人であったが、戦いを好まず、平穏な森を望んでいた。

しかし、ヘルヘイムの森の奥には、戦いを煽り、ヘルヘイムの活性化と侵食を進めたい意志をもつ存在がいた。

♥ 耳掃除で、スッキリ、気分のリセット

ラピスは古代人の中でヘルヘイムの森に適合化した人間であったが、インベス化はせず、怪人(かいじん)とはならず、人間体のままオーバーロードとなった存在であった。

恐らく、DJサガラもまた、怪人(かいじん)とはならなかった、人間体のままのオーバーロードであろう。

(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[6回]

 クールビズ本番の季節、蒸れないウィングチップで涼やかに!

戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、オーバーロードの侵略により沢芽市から一人逃亡していたが、突如沢芽市に舞い戻り、紘汰らに接近する。

根っからの研究者だが、権力欲もあり、自らの損得のみで行動する野心家である。

紘汰らとともに、ユグドラシル・コーポレーションに乗り込み、激しい戦いを繰り広げる。

激戦の中、仮面ライダーデュークは、オーバーロードのシンムグルンに圧倒され、撤退してしまう。

 

その激しい戦いの中から、オーバーロードに関するデータを集め、解析し、その分析結果から、ついに戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、自らのゲネシスドライバーのパワーアップ化に成功する。

再度、ユグドラシル・コーポレーションに現れた戦極凌馬(せんごく・りょうま)は、知恵の実に近づくほどのチカラをゲネシスドライバーから解放し、仮面ライダーデュークは、オーバーロードを圧倒する

そのまま、ロシュオのもとをめざす戦極凌馬(せんごく・りょうま)の狙いは、知恵の実の奪取なのか。

科学のチカラで、知恵の実を獲得しようとする戦極凌馬(せんごく・りょうま)に、ロシュオはどう返答するのか?

♥ モダンなシティサイクルで街を滑走しましょう。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♥ 涼やかなジャスミン茶で快適に

拍手[9回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】  

第39話 「決死のタワー突入作戦!」 2014年7月27日放送予定

誰もいなくなった沢芽市の街で食料を集める高司 舞(たかつかさ・まい)とペコの前に、呉島光実(くれしま・みつざね)が現れた。

冷ややかな笑顔で「一緒に来てください」という呉島光実(くれしま・みつざね)に、目を覚ましてと訴える高司 舞(たかつかさ・まい)。

ペコがそんな光実を止めようとすると、亀のオーバーロードのシンムグルンが襲いかかった。

このままではペコが危ない。舞は仕方なく呉島光実(くれしま・みつざね)と一緒に行くと約束する。

傷だらけのペコから連絡を受けた葛葉 紘汰(かずらば・こうた)と戒斗は現場に急行する。

舞が連れ去られたことを知ると、葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は戒斗が止めるのも聞かずに走り出していく。

鎧武(ガイム)極アームズの攻撃も通じず、斬月・真の想像を超えた力に撤退を余儀なくされる鎧武(ガイム)とバロン。

斬月・真の前から逃れ、変身を解除した葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は「なぜ止めた?」と戒斗を非難するが、駆紋戒斗(くもん・かいと)は迷いを捨てた呉島光実(くれしま・みつざね)の強さを自覚しろと言い放つ。

呉島光実(くれしま・みつざね)は、何も恐れていない。

後戻りできない決定的な壁を乗り越えた。

戒斗の言葉に葛葉 紘汰(かずらば・こうた)は言い返すことも出来ず。




光実に舞を連れ去られ、いてもたってもいられない葛葉 紘汰(かずらば・こうた)。

紘汰は、ユグドラシルタワーへ突入し、舞、さらわれた人々の奪還を決意する。

それには戦極凌馬の力を借りなければならない。

ユグドラシルタワーに忍び込むルートを戦極凌馬(せんごく・りょうま)に案内させる、と立ち上がる。

無謀な策だが、高司 舞(たかつかさ・まい)を救うにはそれしか手がない。

葛葉 紘汰(かずらば・こうた)に同調する駆紋戒斗(くもん・かいと)に引きずられるように、ビートライダーズたちは紘汰と行動をともにする。

そのころユグドラシルタワーでは、呉島光実(くれしま・みつざね)が戸惑う舞を前に「ただ僕の隣にいてくれるだけでいい」と言う。

そんな光実を必死で説得する高司 舞(たかつかさ・まい)だが、呉島光実(くれしま・みつざね)は「いずれ分かってもらえる日がくる」と聞く耳を持たない。

が、その光実は相変わらず兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)の幻影と戦っていた。

「お前(光実)は俺の負の影だ」

「いずれ、言うことを聞かないあの女も邪魔になる」

一方、戦極凌馬(せんごく・りょうま)を連れ、行動を開始した紘汰らビートライダーズたち。

ブラーボ、グリドン、マリカ、ナックル、バロン。

そして鎧武にデューク。アーマードライダーが勢揃いする。

車に乗り込み、沢芽市の外にあるという秘密の入り口を目指す彼らだったが、彼らの行く手にインベスの群れが立ちはだかる。

はたして葛葉 紘汰(かずらば・こうた)らは無事ユグドラシルタワーにたどり着けるのか?


(仮面ライダーガイムについての情報です)

♪ はやりの側面刈上げも自宅でできます。

♪ セレクトショップ街

拍手[7回]

フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)の文明は、ヘルヘイムの森の侵食のため、滅んだのではなく、フェムシンムのために咲いた、ただ一つの「知恵の果実」を争奪し合う争奪戦でフェムシンム人口が減少し、文明を維持できなくなった。

フェムシンムの「知恵の果実」を選びとり、それをロシュオに与えたのは王妃であった。

ロシュオは「知恵の果実」を取り込み、ヘルヘイムの森を支配できる能力を得る。

ロシュオは生き残ったフェムシンムを、知性を残したままインベス化したオーバーロードへと改造し、インベスの森で、森の果物を食して生きていけるようにしていく。

オーバーロードした一部のフェムシンムとロシュオによりヘルヘイムの森は平穏で退屈な時間が経過する。

そしてヘルヘイムの森は、人類の世界、沢芽市と接触を始め、森は再び活性化し始める。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

人類社会への侵食を始めたヘルヘイムの森では、人類のための「知恵の果実」が一つだけ結実する。

しかし、その人類のための「知恵の果実」はロシュオによりもぎ取られてしまう。

ロシュオは、人類のための「知恵の果実」を、生命活動を停止している王妃を蘇らせるために使用しようと狙ったのだ。

人類のための「知恵の果実」をつかみ取るための争奪戦が沢芽市で始まる。




正しい心をもった者が人類のための「知恵の果実」を得て、そのチカラを取り込めば、ヘルヘイムの森の脅威は無くなる。

唯一つの、人類のための「知恵の果実」をめぐって、フェムシンムと人類との戦いが続く。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

拍手[5回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】   

第38話 「プロフェッサーの帰還」 2014年7月20日放送予定

「僕は兄さんを乗り越えた!」

兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)を倒し、レデュエの前で強気に出る呉島光実(くれしま・みつざね)だったが、その目の前に貴虎の幻影が現れる。

「お前はけっして、私からは逃れられない…」

幻影と言い争いを始める呉島光実(くれしま・みつざね)に、レデュエもただ首を傾げるばかりだ。

光実と貴虎の戦いを止めるため、埠頭に駆けつける紘汰だったが、そこには、壊れた戦極ドライバーが残されていた。

兄弟対決を止めることができず、傷心のままガレージに戻り、悲しみに沈む紘汰と高司 舞(たかつかさ・まい)らの前に、沢芽市から逃亡したはずの戦極凌馬(せんごく・りょうま)が現れた。

怒りも露に立ち向かう紘汰らだったが、戦極凌馬(せんごく・りょうま)は彼らにある提案があるという。

凌馬は、ユグドラシルタワーへ向かう隠し通路がある、と突入を持ちかけてきたのだ。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)を信用するべきか。

凌馬の提案に紘汰らは混乱する。

その話に乗るか、反対派と賛成派に分かれる紘汰たちだった。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

 ホーキンスの進化した蒸れないトラッド紳士靴はエアライトスーパーです。

拍手[6回]

以下は、TVガイドブックでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズ本番の季節に、蒸れないウィングチップで涼やかに!

【予告】   2014年7月20日放送予定

オーバーロードにユグドラシル本部を乗っ取られ、一人脱出ロケットで沢芽市から逃亡していた戦極凌馬(せんごく・りょうま)が、葛葉紘汰(かずらば・こうた)の前に現れる。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)はユグドラシルタワーへ侵入できる隠し通路の存在を明かし、ユグドラシルタワーに残した、あるデータを回収したいので協力して欲しいと要請してくる。

ユグドラシルタワーに捕らわれている、姉・葛葉晶(かずらば・あきら)を含む人々を救出したい葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちであったが、信用できない戦極凌馬(せんごく・りょうま)の作戦にのるかどうかで意見が分かれる。

そのころ、兄・呉島貴虎(くれしま・たかとら)を殺害した呉島光実(くれしま・みつざね)は、兄の幻影に苦しんでいた。

オーバーロード・レデュエは高司 舞(たかつかさ・まい)を見て何かに気づき、高司 舞(たかつかさ・まい)を利用しようと考え始めた。

それを察した呉島光実(くれしま・みつざね)は、まいを守るため、まいを誘拐しユグドラシルタワーに匿おうとする。

高司 舞(たかつかさ・まい)を誘拐され、舞の奪還のため、葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちは戦極凌馬(せんごく・りょうま)とともに、ユグドラシルタワーへ突入する。

ユグドラシルタワー内での激しい戦いが始まる。

オーバーロード・レデュエは強力なオーバーロード・グリンシャを放ち、葛葉紘汰(かずらば・こうた)たちは苦戦する。

戦極凌馬(せんごく・りょうま)も仮面ライダーデュークとなりオーバーロードと戦うが、そのチカラに圧倒される。

オーバーロード・グリンシャは、オーバーロードの1人で、ロシュオを守る直属の部下であるが、ロシュオの命令を受けてレデュエと作戦を共にしていた。

オーバーロード・レデュエによりキズ付いた駆紋戒斗(くもん・かいと)は、ある決意を持って、仮面ライダーバロンとなり、壮絶な戦いを始める。

呉島貴虎(くれしま・たかとら)は本当に死んだのか。

何かを隠している湊耀子(みなと・ようこ)は、仮面ライダーマリカとなり、駆紋戒斗(くもん・かいと)の支援に回る。




呉島光実(くれしま・みつざね)は斬月・真となり、再び、鎧武・葛葉紘汰(かずらば・こうた)を亡き者にしようとする。

闇ミッチと紘汰とはどう決着するのか。

そして、戦いは、フェムシンム(彼らの言葉で「人間」の意)と人類との戦いへと拡大する。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

 ホーキンスの進化した蒸れないトラッド紳士靴はエアライトスーパーです。

拍手[6回]

以下は、公式HPでの予告に、補足情報、追加情報を管理人が加筆したものです。

誤報も多くあり得ますので、実際の放送と異なっていても、ご勘弁ください。

 クールビズには完成された蒸れない靴である涼風爽快です♪

【予告】

次回37話は、夏の劇場版「サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯(カップ)!」とのコラボ編ですが、次次回の38話への伏線もあり、密度が濃い展開です。

オーバーロードのレデュエの一撃を腕に受け、傷ついた駆紋戒斗(くもん・かいと)のカラダは、徐々にヘルヘイムの植物化が進んでいく。

「命の終わりが早まったか・・」

斬月・真と斬月の熾烈さ戦いは終わりをつげる。

互いの思いをぶつける兄と弟。

しかし、斬月がついに斬月・真を追い詰めた。

♪ 蒸れないウィングチップ・シューズ

雄叫びとともに最後のとどめを刺そうとする斬月。

が、その時、貴虎に幼いころの光実との思い出が蘇った。

その一瞬の迷いを見逃さなかった斬月・真。

逆に強烈な一撃を斬月に打ち込んでいく。

斬月のアーマーが崩壊。海へと転落し、海中で変身を解除した貴虎はそのまま、海深く深く沈んでいく。

「…兄さん…」

変身を解除した光実は、兄との対決を制したものの、その顔は苦悶に歪み続ける。

貴虎、光実の元に急ぐ葛葉紘汰。

だが、その前にイナゴの怪物が現れる。

オーバーロードではないようだが。

変身して戦っているうち、イナゴの大群となって 姿を消した。

今のは一体何だったのか?

「試してみるか。あいつ(戒斗)の力を」

腕に傷を負った戒斗の元には、サガラが現れる。

「葛葉紘汰は、成長している。それに比べてお前は……」

サガラに挑発された駆紋戒斗(くもん・かいと)は、バロンレモンエナジーアームズに変身しサガラに戦いを挑むが。





サガラの不思議なチカラで出した、幻のように目の前に現れた鎧武(ガイム)極アームズが向かってくる。

その戦いの最中、一人の少年ラピス(演:田中偉登)の姿を目に留めるバロンだった。

「何者だ?」

そのまま鎧武(ガイム)の大技で、別の沢芽市に吹き飛ばされる。

変身を解除した駆紋戒斗(くもん・かいと)が吹き飛ばされた先は、ザックや城乃内秀保(じょうのうち・ひでやす)らビートライダーズがダンスではなく、サッカーで戦う世界だった。

駆紋戒斗(くもん・かいと)はザックらと同じチームバロンの一員として、凰蓮・ピエール・アルフォンゾ率いるチームシャルモンと試合の真っ最中だった。

サッカーチーム・シャルモンのメンバーは、ブラーボ、城乃内、そして初瀬亮二(はせ・りょうじ)がいた。

ヘキジャインベスへとなり撃破されたはずの初瀬が生きている? 

黄金の果実をかけたサッカーの大会、オールライダーカップを前にシャルモンに大敗したチームバロン。

サッカーでも強さを証明するだけ、と駆紋戒斗(くもん・かいと)は特訓を開始する。

そんな駆紋戒斗(くもん・かいと)らの前に、あのJリーガーが中村憲剛選手(川崎フロンターレ)、太田宏介選手(FC東京)現れる。

そして、黄金の果実をかけたビートライダーズたちのもう一つの熱い戦いが始まろうとしていた。

その様子を、遠くから見る存在がいた。

黄金の果実ライダー、仮面ライダーマルス(演:片岡愛之助)だった。

一方、オーバーロードのレデュエは、葛葉紘汰がオーバーロードのチカラを得つつあること察した。

葛葉紘汰が知恵の実を得れば、新たな王となり、ヘルヘイムの森は人類から排除されるであろう。

それでは面白くない。

そのころ、海深く深く沈んでいく呉島貴虎(くれしま・たかとら)の意識は薄れていく。

「これでよかったのか?」

呉島貴虎(くれしま・たかとら)の危機に、現場に急ぐ、湊耀子(みなと・ようこ)は間に合うのか。

「あなたは、まだ死んではいけない」

さらに、ヘルヘイムの森の王である、ロシュオの死んだ王妃を死者再生させるための、命のエネルギーを収集され続け、葛葉紘汰の姉である、葛葉 晶(かずらば・あきら)にも危機が迫っていた。


(仮面ライダーガイムについての情報です)

 ホーキンスの進化した蒸れないトラッド紳士靴はエアライトスーパーです。

拍手[7回]

ガイム・アイテム
お天気
オークション
ニンジャ情報
ブログ内検索
金融情報
ご注意
無断で、「玉手箱」の記事内容をコピーして、ご自分の記事として使用することは、剽窃(ひょうせつ)・盗用にあたり、著作権を侵害する犯罪です。「玉手箱」の記事を引用される場合は、引用されることと、URL(http://tama.ni-3.net/)を明示ください。玉手箱管理人
家庭用品そろうセシール
     セシール
記事目次
アクセス解析
忍者アナライズ
仮面ライダーガイム
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 玉手箱 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]引越し パソコン